IT・ネットワーク サービス フード・グルメ

370年の歴史を絶やさない!糸魚川の大火で全焼した加賀の井酒造、復興3年目の挑戦酒

原商株式会社(新潟県長岡市、代表取締役:原和正 以下当社)は、3年前に糸魚川の大火で全焼した「加賀の井酒造」の新商品の予約を、火災の起こった12月22日からクラウドファンディングで開始いたします。

▼商品名
加賀の井 純米吟醸復刻ラベル

※上記ラベルは現在開発中のもの

■開発の背景
2016年12月22日新潟県糸魚川市の大火により全焼した加賀の井酒造が復興して3年目の酒造りを行います。
当社は加賀の井酒造との長く取引関係があることから、蔵の復興を応援する過程で昔のラベルを復刻した製品を予約販売します。
予約はクラウドファンディングを通じて、継続的な支援を続ける形で行われます。

■製品の特長
1.2016年の糸魚川の大火で全焼した新潟・加賀の井酒造復興3年目の酒。
2.37歳の社長が創業370年を迎えるため昔を想起させる復刻ラベル。
3.硬水仕込みで一度火入れの限定純米吟醸で、飲みやすさと旨味が両立した新たな味。

■予約の概要
名称:加賀の井純米吟醸復刻ラベル
容量:720ml
予約開始日:2019年12月22日
発売予定日:2020年2月

販売料金:5000円(税込)~
発売予定数:1000本

予約サイト:クラウドファンディングサイト「Makuake」

■加賀の井酒蔵
1650年創業の老舗酒蔵。加賀藩主の前田利常が好んでいたことが由来となり、新潟においても「加賀」の井と名付けられた。
2006年に販売力低下により一時事業中止するも、スポンサー企業の下で再建を果たした。
2016年糸井川の大火により全焼。
2018年親会社の支援で新工場を建設し、酒造りを再開。
2019年父と息子の新体制で臨む3回目の酒造り。来年に創業370周年を迎える。なおオリンピックの聖火ランナーが糸魚川の中心街を走る予定。

蔵の跡地に立つ加賀の井酒造の小林大祐代表(2017年)

問い合わせ先
原商株式会社
URL:http://www.sake-harasho.com
担当:原、細山
TEL :0258-27-3377
FAX:025-333-0378

mail:info@sake-harasho.com