エンタメ テクノロジー ビューティ 健康・ヘルスケア 旅行・レジャー

白馬・岩岳に“北欧の空気”をデザインするホテル「haluta hakuba」12月27日オープン

古くなったスキー客用民宿を再生した、環境に優しいセルフリトリート型宿泊施設

株式会社ハルタ(所在地:長野県上田市、代表:徳武 睦裕)は長野県北安曇郡白馬村にセルフリトリート型宿泊施設「haluta hakuba(ハルタ ハクバ)」を2019年12月27日(予定)に開業することをお知らせいたします。

haluta hakuba 客室

コンセプトは「本来の自分に還る場所」。デンマークに拠点を置き、20年以上北欧ヴィンテージ家具を取り扱うhalutaが手がける「醫食住」すべての事業を体感できる、同社初の宿泊施設となります。

同施設は、昔ながらのスキー客用民宿を改修した2フロア(延床面積648平米)で構成。ミネラルをミストで補給しながら自己免疫力を高められる温浴施設「Toji-ba haluta」、オーガニックの食品やアメニティグッズを取り扱う「ビオキオスク」を併設し、オプションで参加できるヨガなどのプランを提供予定。滞在者が静かに心地よく過ごすための共用スペース「Pacific」をはじめ、館内はhalutaが取り扱う北欧ヴィンテージ家具を設置するほか、デザイン会社SyuRoが生活雑貨をディレクションしています。

haluta hakuba 客室2

館内は、断熱と空調設計を主軸にしたhalutaのサステナブル住宅「haluta house」の仕組みを用いて、予防医療の観点から健康に過ごせる空気環境を設計。白馬の冬でも室内では軽装のまま、エアコンやストーブを使わず快適に過ごすことができます。

館内の会計はすべてキャッシュレス決済。環境に配慮し、歯ブラシなど使い捨てになるアメニティは用意せず、売店にて希望者が購入できる仕組みにしました。ホテル内装および備品には木、金属など、経年変化により味わいが増す素材を使用しています。

古民家や廃業した民宿をリノベーションし街の再生をはかる白馬村は、わずか1年で岩岳エリアの来客数が2.7倍になるなど今最も注目の集まる地域です。環境保全や省エネルギーにも力を入れる白馬で、北欧社会をヒントにhalutaが提案する新しい宿泊施設とサステナブルな醫食住の提案をぜひお楽しみください。

■haluta hakuba 施設概要

所在地  : 長野県北安曇郡白馬村大字北城新田10846

アクセス : JR東日本大糸線「信濃森上」駅より徒歩10分

開業予定日: 2019年12月27日

料金   : 1泊1室2名様利用時 26,000円~(朝食・湯治付き、消費税別)

公式サイト: https://haluta-hotels.com/

Instagram : https://www.instagram.com/haluta_hotels/

※ご宿泊のお問い合わせは公式サイトコンタクトフォームにて受け付けております。

施設構成:

・客室8室

・温浴施設「Toji-ba haluta」

・売店「ビオキオスク」

・ダイニングキッチン付き共用スペース

・ミーティングルーム

・ランドリースペース

決済方法:クレジットカード

(VISA, Mastercard, American Express, JCB, Diners Club, Discover)

■株式会社ハルタについて

長野県上田市、東京、デンマークのコペンハーゲンに拠点を持ち、暮らしの醫食住にまつわる事業を営む会社です。北欧の引き継ぎ型社会にならい、持続可能な未来に向けてヴィンテージ家具や雑貨の輸入販売、デンマークの食文化より着想を得た安心・安全なパンの製造販売、また一級建築士事務所として断熱と空調設計を主軸にした住宅や店舗の設計を行なっています。

名称   : 株式会社ハルタ

設立   : 2000年6月

代表者  : 徳武 睦裕

所在地  : 〒386-1106 長野県上田市小泉821-1

公式サイト: http://www.haluta.jp/