ライフスタイル 医療・福祉・介護

カナダのリスク低減のための大麻使用ガイドラインの和訳を公表

カナダでは、18年10月から成人の嗜好用大麻が合法化しています。カナダ保健省では、リスク低減のための大麻使用ガイドライン(LRCUG)を公表しています。日本臨床カンナビノイド学会(新垣実理事長)は、本ガイドラインの全文の和訳結果を2020年1月10日の本プレスリリースにて発表しました。

本ガイドラインでは、大麻の使用者または大麻の使用を検討している人を対象としており、以下の10の勧告をしています。また、カナダ中毒医学会、カナダ医学会などの各専門学会が承認しているものです。

1. 大麻の使用によるリスクを回避する最も効果的な方法は、使用を控えること。
2. 少なくとも青年期以降まで大麻の使用を遅らせることで、健康への悪影響の可能性や重症度を減らすことができる。
3. THC含有量が少なくCBD:THC比の高い製品を使用すること。
4. K2やスパイスなどの合成大麻製品は避けるべきである。
5.焦げた大麻の喫煙を避け、気化器、電子タバコ、飲食物など、より安全な吸入方法を選択してください。
6.大麻を吸っている場合は、深呼吸や息止めなどの有害な行為を避けてください。
7.頻繁な使用や集中的な使用は避け、1週間に1日だけ、週末に1回、またはそれ以下のような時々の使用に限定すること。
8.大麻の使用後6時間は、他の機械の運転や操作を行わないでください。アルコールと大麻の併用は障害を増加させるため、避けるべきである。
9.精神疾患または物質使用障害の個人歴または家族歴のある人、および妊婦は,大麻を一切使用すべきではない。
10.大麻の使用に関連するリスク要因を組み合わせることは避けてください。複数の高リスク行動は有害な結果の可能性や重症度を増幅させる。

本学会は、大麻草およびカンナビノイドに関する専門学会ですが、国際的な薬物政策の影響が大きいテーマであるため、今後もこのような世界情勢についての有益な資料の和訳および紹介に努めていきます。

図1 依存性薬物の政策的な着地点 カナダの嗜好用大麻は厳格な合法規制であり、アルコールおよびタバコと比べて規制が厳しい。


以下、本ガイドラインの全文となります。

カナダのリスク低減のための大麻使用ガイドライン

組織:カナダ公衆衛生局
発行:2019-05-10

大麻(マリファナ)の使用と健康
大麻の使用は、カナダ人、特に青年および若年成人に比較的多くみられる。15歳以上のカナダ人の約七人に一人(14.8%)が過去一年間に大麻を使用したと報告している。

大麻は、比較的安全な薬物と認識されている場合もあるが、短期的および長期的な健康への複数のリスクが十分に実証されている。主なリスクには、認知障害、精神運動障害、記憶障害などがある。幻覚および知覚障害、死傷者を出す運転障害、精神疾患を含む精神衛生上の問題、大麻使用障害、呼吸器系の問題、生殖に関する問題である。しかしながら、これらの有害な健康上の結果のほとんどは、高リスクの方法で大麻を摂取する人々に集中している。自動車衝突による致死的および非致死的傷害、ならびに大麻使用障害および他の精神衛生問題は、公衆衛生に悪影響を及ぼす最も一般的な大麻関連の害である。

なぜ、リスク低減のための大麻使用ガイドライン(LRCUG)なのか?
カナダにおける大麻の合法化と規制の目的には、公衆衛生と安全性の保護が含まれる。そのために、大麻の使用と健康に関する積極的な教育、予防、指導は、大麻使用に関連する害や問題を減らすための重要な公衆衛生戦略である。大麻使用には上記の健康上のリスクが伴うが、有害な結果の可能性や重篤度は、情報に基づいた選択によって変えることができる。

この関連で、カナダのリスク低減のための大麻使用ガイドライン(LRCUG)の主な目的は、リスクを低減するための飲酒、栄養、または性的行動に関する健康志向のガイドラインの意図と同様に、大麻使用に関連する健康リスクを減らすことができるように、科学に基づいた勧告を提供することである。

リスク低減のための大麻使用ガイドライン(LRCUG)はどのように作成されたのか?
LRCUGは、中毒と健康の専門家からなる国際チームによって行われた科学的研究とデータの包括的レビューに基づいている。リスク低減のための大麻使用ガイドライン(LRCUG)の科学版は、2017年にAmerican Journal of Public Health(「参考資料」参照)で発表されました。LRCUGに情報を提供しているすべてのデータと情報源は、この査読済み論文に掲載されている。

LRCUGは誰のためのものですか?

LRCUGは、次のことを行うためのツールである。
・使用することを選択した人、または使用を検討している人、および家族、友人、仲間。
・科学的根拠に基づいた情報と教育を通して大麻を使用するカナダ人の健康を改善することを目的とする専門家、組織または政府機関。大麻の使用に関連して問題を抱えている個人は、医療専門家の支援を求めることをお勧めする。

カナダでは、2018年10月17日現在、成人に対する非医療用大麻の使用と流通が合法となっている。2019年には、食用の大麻、大麻抽出物及び大麻原料の合法的な生産及び販売に関連して、いくつかの規制が追加される予定である。

LRCUG勧告

LRCUGの10の勧告は、大麻の使用者または大麻の使用を検討している人を対象としている。この科学的根拠の要約は、これまでの研究の概要を含め、勧告のバックグランドを提供する。これらの勧告は主に医療用でない大麻の使用に関するものであることに注意してください。

・カナダは世界で最も大麻の使用率が高い国の一つである。
・自動車衝突による致死的および非致死的傷害,ならびに大麻使用障害および他の精神衛生問題は、公衆衛生に悪影響を及ぼす最も一般的な大麻関連の害である。
・大麻使用者の10~30%が大麻使用障害(依存を含む)を発症すると推定されている。

禁欲
危険な行動と同様に、これらのリスクを減らす最も安全な方法は、その行動を完全に避けることである。大麻の使用についても同様である。大麻の使用を決定した人々は、急性および/または長期的な有害な健康および社会的結果に関連する様々なリスクを負う。これらのリスクの可能性と重篤度は、個々のユーザーの特性、ユーザーの使用パターン、製品の品質によって異なる。さらに、リスクは、人によって、またはある使用エピソードから別の使用エピソードまで、同じではない場合がある。

1.大麻の使用によるリスクを回避する最も効果的な方法は、使用を控えること。

使用開始年齢
複数の研究によると、若い年齢 (主に16歳以前) での大麻の使用は、さまざまな健康被害のリスクを高めることがわかっている。例えば、若者を使い始めた人は、精神的な健康や教育上の問題を抱えていたり、けがや他の物質使用上の問題を経験する可能性が高い。これらの影響は、集中的/頻繁に使用する大麻使用者において特に顕著である。これは、大麻の頻繁な使用が脳の発達に影響を及ぼし、20代半ばまでに脳の発達が完了しないことが一因となっている可能性がある。大麻の使用を始める年齢が若いほど、より深刻な健康問題が発生する可能性が高くなる。

2.少なくとも青年期以降まで大麻の使用を遅らせることで、健康への悪影響の可能性や重症度を減らすことができる。

大麻製品の選択
大麻の消費者は、使用する大麻製品の性質と組成を知っておく必要がある。これらの製品は大麻の主な精神活性成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)によって大きく異なる。高いTHC濃度は,精神衛生問題,大麻使用障害または傷害のような急性および長期の問題の増加と強く関連している。特に,大麻抽出物又は濃縮物は非常に高いTHCレベルを含む。しかし、カンナビジオール(CBD)を含む他のカンナビノイド成分がTHCの作用の一部を減弱させることを示唆する証拠がある。CBD:THC比が高い大麻製品を使用した場合の健康リスクは通常、それほど高くない。

合成カンナビノイド(例:K2、スパイス)は比較的新しい違法な種類の製品である。合成薬に関する最近のレビューは、それらが一般に、死亡例を含むより重度の精神活動性の影響と健康リスクを有することを示している。

3.THC含有量が少なくCBD:THC比の高い製品を使用すること。
4.K2やスパイスなどの合成大麻製品は避けるべきである。

大麻の使用方法と実践
大麻を消費するための多くの代替方法が現在存在している。大麻を燃やして喫煙すると、特にタバコとの併用で呼吸器系の問題が生じ、肺がんを含む可能性があることを示唆する証拠がある。実際、喫煙は大麻使用の最も危険な方法である可能性が高い。別の吸入方法としては、気化器や電子タバコ器具がある。これらの選択肢は健康に対する主要なリスクを低減するが、完全にリスクフリーではない。しかし,健康になるという厳密な研究は欠如している。摂取された、または「食用」大麻製品は、吸入に関連するリスクを回避するが、精神作用の発現を遅らせ、高用量の使用につながることがある。適切な大麻製品のラベル表示、包装、警告が添付されている場合、食用は大麻使用の最も安全な方法を提供する。大麻を喫煙する場合は、精神作用のある成分の吸収を高めるために、深い吸入、息を止めたり、強い息を吐く(バルサルバ法)などの方法が用いられる。しかし、それらは呼吸器系への毒性物質の取り込みも不釣り合いに増加させる。

5.焦げた大麻の喫煙を避け、気化器、電子タバコ、飲食物など、より安全な吸入方法を選択してください。
6.大麻を吸っている場合は、深呼吸や息止めなどの有害な行為を避けてください。

使用頻度と強度
日常的またはほぼ毎日の大麻の使用と定義される頻繁または集中的な大麻の使用は、科学的根拠に基づいた、重度および/または長期の大麻に関連する健康問題の最も強力かつ一貫した予測因子となる。このような使用パターンは、脳の発達または機能の変化(特に若い年齢で)、精神衛生上の問題、大麻使用障害、運転障害、自殺傾向および教育的な成績低下を含む,複数の健康上の問題を発症する可能性を高める。

7.頻繁な使用や集中的な使用は避け、1週間に1日だけ、週末に1回、またはそれ以下のような時々の使用に限定すること。

大麻の使用と運転
大麻は認知、注意、反応、精神運動のコントロールを損なうが、これらはすべて運転や機械操作に不可欠な技能である。多くの研究が、衝突に巻き込まれ、非致命的および致命的な運転関連傷害を経験するリスクは、非損傷運転者と比較して、大麻損傷運転者で2~3倍高いことを示している。運転中に大麻を安全に使用したという証拠はない。大麻を摂取した人は、急性の精神作用がある期間は運転すべきではない。これらの急性障害は使用直後に発症し、少なくとも6時間持続するが、使用される大麻の力価や種類だけでなく、個々の特性や体質によっても変化する。大麻とアルコールを併用すると障害の影響が大きくなるため、衝突のリスクはさらに高くなる。

8.大麻の使用後6時間は、他の機械の運転や操作を行わないでください。アルコールと大麻の併用は障害を増加させるため、避けるべきである。

特定のリスク集団
一部の集団では、大麻に関連した健康問題に対して、高いまたは明確なリスクを持っている。大麻に関連した精神疾患のかなりの部分、およびおそらく他の精神衛生上の問題(特に大麻使用障害)は、精神疾患または物質使用障害の個人歴または家族歴のある人に発生する。さらに、妊娠中の大麻の使用は,低出生体重および成長低下を含む新生児の健康上の有害なリスクを増加させる。この勧告は部分的に予防原則に基づいている。

9.精神疾患または物質使用障害の個人歴または家族歴のある人、および妊婦は,大麻を一切使用すべきではない。

リスクやリスク行動の組み合わせ
データは限られているが、勧告に記載されたリスク行動のいくつかの組み合わせは、大麻使用による有害な結果のリスクを増大させる可能性がある。例えば、大麻の早期使用と高力価の大麻の頻繁な使用は、急性および慢性の問題を経験するリスクを不釣り合いに増加させる可能性がある。

10.大麻の使用に関連するリスク要因を組み合わせることは避けてください。複数の高リスク行動は有害な結果の可能性や重症度を増幅させる。

参考文献
Fischer, B., Russell, C., Sabioni, P., van den Brink, W., Le Foll, B., Hall, W., Rehm, J. & Room, R. (2017). Lower-Risk Cannabis Use Guidelines (LRCUG): A Comprehensive Update of Evidence and Recommendations. American Journal of Public Health, 107(8). DOI: 10.2105/AJPH.2017.303818.

署名
LRCUGは以下の組織によって承認されている。

カナダ中毒医学会
カナダ医学会
カナダ公衆衛生協会
カナダ薬剤師会
カナダ精神衛生協会
カナダ看護婦協会
カナダ薬物使用中毒センター
カナダ精神衛生委員会
中毒・精神保健センター
衛生管理者会議(CCMOH)

謝辞
リスク低減のための大麻使用ガイドライン(LRCUG)は、Canadian Institutes of Health Research(CIHR)が資金提供するCanadian Research Initiative in Substance Misuse(CRISM)が支援する、科学的根拠に基づく介入イニシアチブである。LRCUGの他のバージョン、例えば主に大麻使用者向けのパンフレットは、camh.comで入手できます。

——————————————–
日本臨床カンナビノイド学会
2015年9月に設立し、学会編著「カンナビノドの科学」(築地書館)を同時に刊行した。同年12月末には、一般社団法人化し、それ以降、毎年、春の学術セミナーと秋の学術集会の年2回の学会を開催している。2016年からは、国際カンナビノイド医療学会; International Association for Cannabinoid Medicines (IACM)の正式な日本支部となっている。2019年7月段階で、正会員(医療従事者、研究者)67名、賛助法人会員12名、 賛助個人会員23名、合計102名を有する。http://cannabis.kenkyuukai.jp/