その他ファッション その他ライフスタイル ビューティ ファッション ライフスタイル 美容・化粧品

南クリニックがコラム記事を公開:妊娠・出産でしぼんだバストを取り戻す方法

南クリニック(https://xn--x30au5u.jp/)では、切らない豊胸術「バストグロウ」を施術しています。自分のバスト自体を大きくする」というコンセプトの豊胸注射です。豊胸情報について皆様にお届けします。
妊娠すると、女性ホルモンの影響でバストが大きくなります。妊娠2ヵ月くらいから徐々に大きくなり始め、妊娠後期にはもとのサイズに比べて1〜3カップくらい大きくなります。

もともと小さなバストだった人にとって、妊娠中にバストが大きくなっていくのはとても嬉しいものです。しかし、喜びもつかの間、赤ちゃんへの授乳をやめると、急激にバストは小さくなっていきます。

単純に小さくなるだけなら「少しの間だけでも、豊満なバストを味わえた」と思えるのですが、一度大きく膨らんだあとにサイズダウンしたバストは、しおれた花のように元気がなくなります。全体的に下垂し、皮膚の張りも失われてしまうのです。

どうして出産後にバストはしぼんでしまうのか。そして、一度しぼんでしまったバストを、以前のような張りのあるバストに復活させる方法はあるのか。出産後のバストのケアについて、詳しく解説します。

バストが垂れる原因とは

妊娠するとホルモンの影響で乳腺葉と乳腺が発達する

妊娠中にバストが大きくなるのには、2つの女性ホルモンが大きく関与しています。1つは「プロゲステロン」というホルモン。このホルモンが乳腺の先にある「乳腺葉」を発達させ、母乳をつくるように指示を出します。もう1つのホルモンは「エストロゲン」で、こちらは乳腺を増殖させる作用を持っています。

この 2つのホルモンの働きによって、バストの内側では乳腺葉と乳腺がぐんぐんと発達していきます。乳腺が発達すると、それに伴って脂肪細胞も増殖し、バストの中身がどんどん増えていくのです。

[関連記事]
・変わりつつある日本の豊胸術……今後の豊胸事情(https://xn--x30au5u.jp/column/worry/bustup-circumstances/
・豊胸すると胸がボコボコになる?(https://xn--x30au5u.jp/column/breast_augmentation_basic/breast-with-a-burble/
・豊胸術の「ダウンタイム」はどのくらい?(https://xn--x30au5u.jp/column/breast_augmentation_basic/%e8%b1%8a%e8%83%b8%e8%a1%93%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%80%8d%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%ae%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%84%ef%bc%9f/
・日本人のバストの美しさは「デコルテとのバランス」で決まる?(https://xn--x30au5u.jp/column/breast_augmentation_basic/decollete/

著者

京都第二赤十字病院形成外科勤務、大手美容外科院長を経て1997年 南クリニック開業。