その他ライフスタイル ライフスタイル

創設130周年を迎えた学校法人郁文館夢学園が創る新しい通信制高校 ”ID学園高等学校”開校

<全日制>×<通信制>の新しいハイブリッド型 通信制高校を創設

学校法人郁文館夢学園(東京都文京区、理事長:渡邉美樹、以下「郁文館」)は、2019年に創設130周年を迎えた全日制高校-郁文館高等学校・郁文館グローバル高等学校-をベースに、新たな広域通信制高校―ID学園高等学校(本校:長野県東御市、校長:古澤勝志)を2020年4月に開校することを発表します。

<設立の背景>

郁文館夢学園は「子どもたちの幸せのためだけに学校はある」という教育理念のもと、「子どもたちに夢を持たせ 夢を追わせ 夢を叶えさせる」ことを教育目的に掲げ、独自の教育プログラムである『夢教育』を実践しています。夢に向かい社会に羽ばたく際、人生の主人公として輝く人材を育てるべく、「子どもたちの幸せ日本一の学校」をめざし、これまでの学校教育の常識にとらわれない様々な取り組みにより、実績をあげてきました。そんな郁文館夢学園だからこそ、全日制の郁文館高等学校、郁文館グローバル高等学校で培ったこうした夢教育の成果を、新たに開設するID学園高等学校に全面的に展開していきます。全日制、定時制、通信制に続く「第四の教育」で、新たな日本の高校教育の実現に挑戦していきます。

<コンセプト>

・IDentity
私たちは、すべての生徒の「個」を大切にし、それが大きく花開くまで伴走します。

・Ikubunkan Dream
全ての生徒が夢を持ち、夢を実現するために。ID学園は全日制の郁文館高等学校、郁文館グローバル高等学校の夢教育における実績を踏まえ、生徒の“多様な夢”の実現に全力を尽くします。

ID学園高等学校はこれからの社会を生きるみなさんに新しい学びを提供します。

<特徴>

―新しい通信制高校×130年の歴史を持つ全日制高校 <通信×全日のハイブリッド型「第4の学校教育(※1)」


郁文館夢学園が提供する第4の学校教育
郁文館夢学園が提供する第4の学校教育
通信制のID学園高校、全日制の郁文館高校・郁文館グローバル高校、すべて同じ学校法人が運営する学校です。通信制の時間的自由度の高さ(※2)、全日制の豊富な学びのプログラム(※3)、どちらも両立することができます。さらに、一定の条件を満たせば通信制と全日制間の転籍も可能です。単体の全日制や定時制、通信制には実現できない、「第4の学校教育」を実現することで生徒の多様な進路・ニーズに対応します。

―高校×社会の連携型の学びを提供

学校の中での学びにとどまらず、企業インターンシップや行政、大学研究室との協働の学び、海外留学など、あらゆる世界や社会の中に身を置き、さまざまな経験を通じた学びを重視しています。このID学園独自の学びは、生徒のみなさんが実社会の中で生き抜いていける力を育みます。

―ITツール&アプリケーションの積極的な活用で、学びの場を限りなく自由に

コミュニケーションツールとして、各種ITツール・アプリケーションを活用します。自宅でも、たとえ世界中のどこにいても、学習課題の提出や、先生とコミュニケーションを取ることができます。

実際に活用するITツールやアプリケーション
実際に活用するITツールやアプリケーション

―全日制教員による「顔の見える通信制」で安心のサポート

全てはあなたらしさを輝かせ、より良い将来を歩んでもらうために、郁文館夢学園全日制高校での経験豊富な教員が徹底的にサポートします。定期的に電話やスカイプを通じた声かけを行い、生徒ひとりひとりに合った進路・進学指導を展開します。このサポートにより、夢の実現を支援し、進路決定率100パーセントを目指します。

ID学園に関わる全日制の教員
ID学園に関わる全日制の教員

―落ち着いて快適に学べる充実の学習環境

●本校
長野県東御市の標高約1,100メートル地点という大自然に位置する郁文館夢学園の研修センターで、これまでは全日制高校の「夢合宿」で使用されてきました。ID学園高等学校では、本施設を年に一度開校されるスクーリングの拠点とし、東御市の自然環境を最大限活用したプログラムを実施します。
●東京本部校

全日制の郁文館高校・郁文館グローバル高校の学生も学ぶキャンパス
全日制の郁文館高校・郁文館グローバル高校の学生も学ぶキャンパス

30,000冊以上の蔵書を誇る図書館
30,000冊以上の蔵書を誇る図書館
夏目漱石や森鴎外、樋口一葉、石川啄木など数多くの文人たちが暮らした町であり、都心にありながら、どこか落ち着いた風情の「文教エリア」に位置する郁文館夢学園。夏目漱石の著書「吾輩は猫である」に登場した「落雲館」のモデルにもなっています。
※1 「第4の学校教育」
通信制課程の仕組みをベースに、生徒の自立・自己選択に基づいて行われる学校と社会が一体と捉えた環境整備型の教育です。
第1の学校教育は全日制課程、第2の学校教育は定時制課程、第3の学校教育は通信制課程を指します。全日制と通信制をハイブリッドにすることでそれぞれの制約を取り払い、長所を凝縮することによって行われる教育が「第4の学校教育」です。

第4の学校教育
第4の学校教育
※2 通信制の時間的自由度の高さ
通信制高校の場合は、レポート学習、スクーリング(年間1週間程度)定期試験によって卒業に必要な単位を取得することが可能です。全日制と比べて自分の時間が多く持てるため、好きな時間に自分のペースで学習に取り組むことができ、また、空いた時間を自分の好きなように活用することができます。
※3 全日制の豊富な学びのプログラム
郁文館夢学園が有する2つの全日制高校(郁文館高校と郁文館グローバル高校)でこれまで実績を上げてきたプログラムをID学園高校でも提供し、生徒が将来を切り拓く力を身に着けます。

<ID学園高等学校 概要>

・学校名称 :ID学園高等学校
・校種   :広域通信制課程[単位制] 普通科
・開校時期 :2020年4月
・所 在 地 :長野県東御市に本校、東京都文京区に東京本部校を開校
          長野 長野県東御市新張1931 
          東京 東京都文京区向丘2丁目19番1号
・修業年限 :3ヵ年
・募集コース:全日型・フレックス型
       全日型はグローバルコースとソーシャルコース
【グローバルコース】世界でたたかうグローバル人を育む
【ソーシャルコース】国内で地域の諸問題の解決に向き合う
       フレックス型はフレックスコース
       【フレックスコース】じぶんのペースで好きなことを好きなだけ、ネットを通じた教育を行う
・出願時期 :募集要項の公開、出願開始は2月1日から
・出願資格 :新入学 2020年3月に卒業見込みの者・中学卒業後,高等学校に入学していない者
       転入学 現在,高等学校在学中で本校への転校を希望する者
       編入学 高等学校を中途退学した者で本校への編入を希望する者
※初年度は、関東甲信1都8県(長野県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県)在住の方を対象に募集
・選考方法 :

選考方法
選考方法
・ホームページ:https://id.ikubunkan.ed.jp/

※入学に関するお問い合わせは、学校法人郁文館夢学園 ID学園高等学校アドミッションセンターまでメールにてご連絡ください。
 お問い合わせ:IDinfo@ikubunkan.ed.jp

<開校のコメント>

・渡邉美樹 理事長
夢は奇跡を起こします。
夢とは何か?それは、あなたの夢が叶ったからこそ生まれる素敵な未来を実現することです。夢を追うスタートラインに立つために大人になることを待つ必要はありません。高校生からでも具体的な活動を始めることは十分に可能です。夢へのフライングを切った分、素敵な未来が実現する可能性もぐっと近くなるはずです。
そんな、夢を持つきっかけと叶える環境を日本中の一人ひとりの子ども達の状況に合わせて提供するのがID学園高等学校の『夢教育』です。ID学園高等学校の名前には 「Ikubunkan Dream=あなたの夢を郁文館で叶えませんか」そして「identity=あなたの個性を大切にします」という思いが込められています。
私たちは生徒の夢を後押しします。未来輝く生徒の皆さんの入学を楽しみにしています。

・古澤勝志 校長
全日制の郁文館が創立130年目を迎える年に、夢教育を全国で受講できるよう広域通信制のID学園高等学校を開校します。
本校では通信制過程の仕組みをベースに、みなさんが学びたいスタイルに徹底的に寄り添えることができるように「通学型」と「自宅学習型」の2コースを設けました。
複雑・多様化する社会の中、その変化に対応できるようにと、全日制と通信制それぞれの強みを生かし、全日制・定時制・通信制単体では実現することができない「第四の教育の形」として立ち上げる新しい学校教育です。
「自宅学習型から通学型」へ、「通信制から全日制」へ、または「全日制から通信制へ」と一人ひとりのその時のステージに合わせて、自分らしいロードマップが作れる新しい学校です。
生徒の皆さんが学校に合わせる必要はありません。ここからは学校が生徒の皆さんに合わせる番です。
全日制の学校も運営するID学園高等学校だからできる新たな教育環境で学ぶ生徒の皆さんの入学を心待ちにしています。