アニメ・マンガ エンタメ 本・雑誌

池上彰さんが紹介! ノーベル文学賞作家の名著、衝撃のコミック化『戦争は女の顔をしていない』第1巻 1月27日発売

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、ノーベル文学賞を受賞した史上初のジャーナリスト、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ氏による主著『戦争は女の顔をしていない』のコミカライズ第1巻を1月27日(月)に発売いたします。本日、刊行を記念して、声優・日笠陽子さんらが出演する試し読みPVを公開しました。本書は、ジャーナリストの池上彰さんにご紹介いただくなど各界で注目を浴びております。

 本書は、原作者・アレクシエーヴィチ氏が行った500人超の従軍女性へのインタビューを漫画化したものです。舞台は、第二次世界大戦の中でも、ドイツとソビエト連邦の間で展開された「独ソ戦」。この戦いに、ソ連側の女性たちは狙撃兵、軍医、書記、斥候、飛行士といった様々な立場で関わりました。

 彼女たちが戦後語った証言を収めた原作は、先の大戦の真実を明らかにしたとされ、国際的評価を獲得しました。その名著が今、国境を越えてこの日本で漫画として描かれました。原作内の一人ひとりのエピソードを、本書では「狼と香辛料」シリーズのコミカライズで知られる小梅けいと先生が鮮やかに表現しています。昨年の連載開始以来、WEB上で大きな反響を呼び、この度待望のコミックス第1巻が発売となりました。

 “ノーベル文学賞作家の主著のコミカライズ”という異色の挑戦作、コミック版『戦争は女の顔をしていない』にどうぞご注目ください。

 

▲第三話より 狙撃兵クラヴヂヤ・グリゴリエヴナ・クローヒナ上級軍曹とマリヤ・イワーノヴナ・モローゾワ(イワーヌシュキナ)兵長の話▲第三話より 狙撃兵クラヴヂヤ・グリゴリエヴナ・クローヒナ上級軍曹とマリヤ・イワーノヴナ・モローゾワ(イワーヌシュキナ)兵長の話

 

▲左:第四話より 看護婦アンナ・イワーノヴナ・ベリャイの話   右:第五話より 高射砲兵クララ・セミョーノヴナ・チーホノヴィチ軍曹の話▲左:第四話より 看護婦アンナ・イワーノヴナ・ベリャイの話   右:第五話より 高射砲兵クララ・セミョーノヴナ・チーホノヴィチ軍曹の話

 

  • 富野由悠季さんから帯にコメントをいただきました!

 

▲コミックス第1巻帯▲コミックス第1巻帯

「この原作を漫画化しようと考えた作家がいるとは想像しなかった。瞠目する。原作者の慧眼をもって、酷寒のロシア戦線での女性の洗濯兵と狙撃兵の異形をあぶり出した辣腕には敬意を表したい。それを漫画化した作者の蛮勇にも脱帽する。男性の政治家と経済人たちの必読の書である。女たちは美しくも切なく強靭であったのは事実なのだ。」

 

  • 池上彰さんに朝日新聞のブックサイト「好書好日」でご紹介いただきました!

▼紹介記事はこちらから
https://book.asahi.com/article/13069876

 

  • 声優・日笠陽子さんが熱演! 豪華試し読みPVを公開!

 

▲日笠陽子さん▲日笠陽子さん

 第1巻発売を記念して、試し読みPVを公開しました。第2話に登場する軍医・ブレウス大尉を実力派声優・日笠陽子さんが熱演しています。戦中と戦後、2つの時代の姿が巧みに演じ分けられた映像は必見です

 

  • コミックス『戦争は女の顔をしていない』第1巻 概要

【書名】戦争は女の顔をしていない
【著者】小梅けいと  
    原作/スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ 
    監修/速水螺旋人
【発行】株式会社KADOKAWA
【発売日】2020年1月27日
【定価】本体1,000円+税
【内容紹介】
「一言で言えば、ここに書かれているのはあの戦争ではない」
……500人以上の従軍女性を取材し、その内容から出版を拒否され続けた、ノーベル文学賞受賞作家の主著。『狼と香辛料』小梅けいとによるコミカライズ。

▼作品詳細・購入はこちら
KADOKAWA公式サイト:https://www.kadokawa.co.jp/product/321909000511/ 
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4049129825?tag=kadoofce-22

▼作品Twitter公式アカウント
https://twitter.com/unwomanlyfofw 

▼Comic Walkerにて好評連載中 
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM00000019010000_68/