エンタメ その他ライフスタイル ビジネス ライフスタイル 旅行・レジャー 経営情報

マリオット・インターナショナルが2019年に7年連続で新規客室契約数を更新 今後開業予定ホテルの総客室数が合計約515,000室に

 マリオット・インターナショナル(本社:米国 メリーランド州、社長兼最高経営責任者:アーニ・ソレンソン)は、2019年の新規ホテル契約において記録的な部屋数を契約し、世界中で今後開業予定のホテル(パイプライン)の総客室数が、当社では過去最高となる約515,000室にまで到達しました。当社は合計136,000室以上となる815軒の契約を締結し、新規契約ホテルの総客室数が7年連続で過去最高を更新したことになります。世界各国における前例のないレベルの客室数契約締結が、こうした成長を牽引しました。当社は2019年の1年間で、60の国と地域に新たに78,000室以上、516軒のホテルを開業しました。これは、平均すると17時間に1軒のホテルが世界のどこかで誕生したことになります。
 「成長とロイヤルティが当社の成功の礎であり、過去最高となる2019年の契約は、主要ブランド、強力なビジネス・プラットフォーム、そして従業員を永続的に大切にするということを組み合わせた、当社が勝ち抜くための戦略を見せつけています。当社は主要なビジネスサポートシステムとロイヤルティプラットフォームを支えとして、コンバージョンならびに新規建設案件の双方において、質の高いブランドの選択肢を提供することでオーナーの皆様のために価値を高め続けて参ります。自らの成長哲学を忠実に守り、旅行者の進化する嗜好やライフスタイルに継続的に応えて行くことで、2020年を、そしてそれ以降も成功に導く覚悟でおります」(マリオット・インターナショナル デザイン&オペレーションサービス グローバル・デベロップメント グループ・プレジデント、トニー・カプアノのコメント)

 2019年末時点で、マリオット・インターナショナルは世界134の国と地域で7,300軒を超えるホテルおよび約138万室を擁しています。また、新規ホテル開発案件の半数以上が、北米以外の地域にあります。

 「1億4100万人のMarriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)会員が、世界中で新たな都市への旅行やユニークな体験を切望しており、記録的な取引成約数の達成は、世界中の旅行者を魅了する新たなホテルの数々が待ち構えていることを意味します。我々が目覚ましい成長を遂げていることは、当社の幅広いブランドポートフォリオとプラットフォームが、オーナーおよびデベロッパーの皆様、そしてお客様の共感を得ているということの証でもあるのです」(マリオット・インターナショナル コンシューマー・オペレーションズ、テクノロジー&エマージングビジネス グループプレジデント、ステファニー・リナーツのコメント)

高価値の国際市場での成長にとって記録的な年
2019年に当社が契約を結んだ客室数のうち53%が北米以外の地域にあり、アジア太平洋(38,000室)、ヨーロッパ(17,000室)、カリブ海・中南米(9,000室以上)、また、中東・アフリカ(8,000室)の各地域において過去最高のボリュームを記録しました。さらに、昨年は、キプロス、モルドバ、キルギスタン、ラトビアの4ヵ国で、マリオット・インターナショナル初進出となる第一号のホテルを開業いたしました。

ラグジュアリー分野をさらに牽引
マリオット・インターナショナルは、グローバルラグジュアリーホテルブランドの記録的な数の契約を結び、価値の高い当セグメントにおけるリードをさらに強化いたしました。また、2019年は、27の国と地域で42軒のラグジュアリーホテルの契約を締結し、「セントレジス・ベニス」、「Wドバイ – ザ・パーム」、「ウエスト・ハリウッド・エディション」、「ザ・リッツ・カールトン プネ」などの34軒のホテルが開業もしくはコンバージョンされました。当社は、ラグジュアリーの拡充に注力しておりますが、その中でもWホテルの活性化に努めています。昨年はWニューヨーク ・ユニオンスクエアを購入し、これからWブランドを代表するホテルに改装する計画です。

オールインクルーシブ・プラットフォーム立ち上げの成功
当社は昨年8月、オールインクルーシブ・プラットフォームを立ち上げ、自らのブランド、規模、信頼されるサービスを、成長中の当グローバル・バケーション・セグメントに投入いたしました。立ち上げから6ヵ月以内に、オールインクルーシブホテル7軒、合計約3,200室の運営受託、もしくはフランチャイズ契約を結ぶことに成功いたしました。また、現在、800室のマリオット・ホテルのリゾートをジャマイカに、メキシコには240室のリッツ・カールトンのリゾートを、オールインクルーシブなサービスを提供するプロパティとして開発中です。さらに、昨年、当社はバルバドスの美しい島で計588室を有する7つのホテルを運営するエレガント・ホテルズ・グループの買収を完了いたしました。

手頃なライフスタイル・ホテル・ブランドが当社成長を促進
当社傘下の3ブランド、「ACホテル・バイ・マリオット」、「アロフト」、「モクシー」は、次世代の旅行者に応えるため、2019年に約10,000室をオープンいたしました。これら3ブランドは、ギリシャ、アイルランド、ジャマイカ、ラトビア、ネパール、スイスで昨年開業した新たなホテルを含め、世界44の国と地域に合計65,000室以上を展開しています。2019年の間、当社はこれら3ブランドで合計約24,000室の契約を締結し、ACホテル・バイ・マリオットとモクシーの両ブランドにとっての客室数契約において新たな記録を打ち立てました。

※将来の見通しに関する注意事項:本ニュースリリースは歴史的事実ではなく、米国連邦証券法における「将来の見通しに関する記述」にあたります。従い、当社が米国証券取引委員会に提出した最新四半期報告書(Form Q-10)に記載したリスク要因をはじめとする様々なリスクや不確実性を伴い、将来の業績を保証するものではありません。いずれかの要因により、上記記述とは実質的に異なる結果となる可能性があります。また、上記の将来見通しに関する記述は本発表の日付当日のものであり、新しい情報や将来的な状況変化により、当社がその更新または改定を行う義務は一切負うものではありません。

マリオット・インターナショナルについて
マリオット・インターナショナル(NASDAQ: MAR、本社: 米国メリーランド州ベセスダ)は、134カ国・地域に30のブランド、 合わせて7,300軒以上の宿泊施設を擁するホスピタリティ企業です。世界中でホテルの運営およびフランチャイズや、リ ゾートのオーナーシップ・プログラムを展開しています。当社は、全世界に1億4100万人の会員を持ち高い評価を誇る旅行プログラム、Marriott Bonvoy™ (マリオット ボンヴォイ)を提供しています。詳しい情報は、www.marriott.com をご覧ください。また最新の企業ニュースは、www.marriottnewscenter.com をご覧ください。Facebookや@MarriottIntlにてTwitterとInstagramでも情報発信しています。