その他ライフスタイル フード・グルメ ライフスタイル 社会・政治・経済

表参道の隠れ家レストラン「Bistro plein」の姉妹店が麻布十番に2月19日NEW OPEN!

「お客様も働く従業員も幸せになる」飲食店作りを目指し
飲食業界における働き方改革を推進

東京都港区にてレストラン「Bistro plein」を運営する、株式会社PLEIN(本社:東京都港区、代表取締役:中尾 太一、以下 PLEIN)は、麻布十番駅より徒歩約2分の場所に姉妹店 Bistro plein AZABU(所在地:東京都港区六本木5-11-25、アスセス:都営大江戸線 麻布十番駅 徒歩2分)を2月19日にオープン致します。

有機野菜のパフェ(おまかせコースの料理一例)

【Bistro pleinについて】

本店Bistro pleinは表参道にて2017年より運営しております。

代表の中尾が若干25歳の時に起業して以来、「お腹も心もいっぱいに。」をコンセプトに全国の提携農園から直送で届く有機野菜や、狩猟ハンターから直接仕入れる厳選したジビエなどをリーズナブルな価格で提供する隠れ家ビストロとして営業して参りました。

ダイナースクラブが主催するフランスレストランウィーク2019では、参加780店舗の顧客満足度調査で大賞である「デュカスエディケーション」を受賞するなど、各種グルメサイトなどでも高評価を頂いております。

【Bistro plein AZABUの紹介】

(1)乾杯ドリンク付のおまかせコースを5,000円からご用意

「お腹も心もいっぱいに」をコンセプトに本店同様リーズナブルにお食事とワインを楽しんで頂ける様、

乾杯のお飲み物がついた8皿前後のおまかせコースを5,000円からご用意しております。

農園直送の有機野菜から、ジビエまでビストロらしく豪快かつ繊細に調理した料理を、ソムリエセレクトのワインと共にゆっくりと楽しみ下さい。

(2)飲食業界での働き方改革に挑戦

Bistro pleinを運営するPLEINでは、「外食産業を憧れる仕事に」をVisionに「お客様も従業員も幸せになる飲食店運営」を目指してブラック産業と揶揄される外食産業の働き方改革に取り組んでいます。

従業員の健全な労働環境を担保する事を目的に、既存店では2017年の開業以来店舗の定休日を月曜・火曜の2日間設定し、店舗の営業時間を限定する事で労働集約的な飲食店における抜本的な労働時間の削減に取り組んでいます。

(2019年度の社員年間休日取得実績 110日:完全週休二日制+長期休暇の取得の推進)

新店のBistro plein AZABUにおいても同様の手法で月曜・火曜を定休日とし、長時間労働を招きがちな飲食店運営において持続継続性の高い運営に挑戦して参ります。

【代表プロフィール】

中尾 太一/株式会社PLEIN 代表取締役

1992年1月30日生

新卒で株式会社星野リゾートに入社し料理人としてのキャリアをスタート。

現場での技術研鑽後、グループ料飲統括アドバイザリーメンバーとして本社勤務を経て、Soup Stock Tokyoなどを運営する株式会社スマイルズに転職。

新規事業のレストラン事業部にて店舗運営、商品開発、採用人事、人材開発職を兼務。

2017年、若干25歳の時に株式会社PLEINを設立する形で独立起業。

レストランBistro pleinの運営及び、外食産業に特化した人材開発、商品開発事業を展開。

【新店舗概要】

店舗名 : Bistro plein AZABU

所在地 : 東京都港区六本木5-11-25 鳥居坂アネックス 3F

定休日 : 月曜日・火曜日

営業時間: 17:00~24:00 LO.23:00

価格帯 : 7,000円~10,000円

      ※おまかせコースは5,000円と6,500円の2種類 アラカルト有

TEL   : 03-5413-3133

URL   : http://plein-replein.com/index.html

■会社概要

商号  : 株式会社PLEIN

代表者 : 代表取締役 中尾 太一

所在地 : 〒107-0062 東京都港区南青山6-3-13

設立  : 2017年7月

従業員数: 9名(正社員)

事業内容: 飲食店の運営

資本金 : 500万円

URL   : http://replein.com/index.html