エンタメ 旅行・レジャー 社会・政治・経済 趣味・娯楽

~ 大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台 滋賀・びわ湖で感じる戦国ロマン ~『びわ湖光秀号』が登場します

高速船「いんたーらーけん」の装いを“明智光秀”イメージにリニューアル!
滋賀県観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」を盛り上げます

 琵琶湖汽船株式会社(本社:滋賀県大津市浜大津、社長:川戸 良幸)はこの度、滋賀県観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」を盛り上げようと、所有する船舶「いんたーらーけん」を大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公“明智光秀”をイメージした装いにリニューアルしました。

 白黒2色を基調としていたメインカラーを、明智光秀の家紋「水色桔梗」を想起する浅葱(あさぎ)色(いろ)(水色)に変更。また、船体随所に桔梗紋をあしらい、明るく爽やかな印象に仕上げました。

 リニューアルした「いんたーらーけん」は、新たに、愛称を『びわ湖光秀号』と命名し、今津港の当社新社屋竣工日の翌日となる3月23日(月)より竹生島クルーズ今津航路に就航する予定です。

 『びわ湖光秀号』の運航が、多くのお客様に滋賀へお越しいただけるきっかけに繋がればと考えております。

 リニューアル詳細は、以下の通りです。

************************************** 

1. 「いんたーらーけん」船舶概要        

全  長:26.01m

総トン数:56.0トン

主 機 関:YANMAR

幅     :5m

最高速力:21.20ノット

実馬力(ps):575×2

深  さ:1.7m

船  質:軽合金

旅客定員:170名

喫  水:0.6m

進水年月:1981.5.11

2.  デザインコンセプト

外 装

光秀の持つ知的な側面をイメージした明るく爽やかな浅葱色(水色)と、家紋である桔梗紋をモチーフに使いモダンに表現。

内 装

モノトーン基調のインテリアにアクセント的にヘッドカバーを配置することでイベント性を強調。

3.  就航航路

竹生島クルーズ(今津航路)を中心に、貸切船やイベントクルーズ船としても運航します。

竹生島クルーズ ※運航ダイヤ詳細は当社ホームページをご参照ください

今津航路    1日4便運航

長浜航路    1日5~9便運航

びわ湖横断航路 1日5便運航

竹生島

びわ湖の最北端、長浜市に属する周囲約2キロの小島。島内には西国三十三所観音霊場第三十番札所である宝厳寺や都久夫須麻神社があり、古くより信仰の島として崇められており、年間約15万人の観光客が訪れる。浅井長政や豊臣秀吉ゆかりの国宝・重文が数多く残る、戦国武将ゆかりの地でもある。

4. その他

滋賀県観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」

2019年10月22日~2020年12月(予定)

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台・滋賀。滋賀県では100を超えるプログラム・イベントを通して、県全域で県内に多く残されている戦国時代の人物、史跡、逸話・伝承などに焦点を当て、その魅力を体験してもらう観光キャンペーンを実施しています。

滋賀・びわ湖で感じる戦国ロマン!
当社では、滋賀県観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」への
取り組みの一環として、戦国にちなんだ様々な催しをご用意しています。

■ 大津港、今津港、長浜港、竹生島クルーズ
船内にて戦国リーフレットを無償配布
実施期間:12月末日まで

■ 竹生島縦走クルーズにて戦国MAPプレゼント
実施期間:4月下旬~11月下旬(※竹生島縦走クルーズ運航日)

■ 竹生島行き定期船にて観光DVD(戦国バージョン)を放映
実施期間:12月末日まで

■ 長浜港の待合室に「戦国兜&鎧」を展示
実施期間:12月末日まで

■ 明智光秀をテーマにしたカルチャークルーズを運航   
実 施 日:4月29日(水・祝)、6月2日(火)

== 戦国関連の催しは今後さらに拡充する予定です。ご期待ください  ==

※画像は全てイメージです

以 上