IT・ネットワーク ソフトウェア ライフスタイル 医療・福祉・介護

APAC CIO Outlookにて、Healthcare Tech 2020 Company of the yearに選出

kanata株式会社(東京都中央区、代表取締役:滝内冬夫)は、アジア太平洋地域エグゼグティブ向けITビジネス詩APAC CIO Outlook Magazineにて、アジア太平洋地域におけるヘルスケアテクノロジー企業上位10社として『TOP10 Healthcare Technology Solution Providers-2020』に選出され、かつその中でも最も優秀な企業として『Company of the year』に選出されました事をご案内いたします。

【医療秘書機能付き電子カルテ:Voice-Karteは革新的なソフトウェア】
医療秘書とは、「医師の診断に伴うカルテの記載」や「処方箋や診断書等の文書作成」の代行をしてくれる職種です。
限られた時間内に診察、カルテ記載、関連書類の作成等をしなければならない医師の業務は多忙を極めており、医療秘書の存在無くして診察はできないという意見さえあります。
電子カルテが登場してから、医療秘書の重要性は益々高まっています。

『Voice-Karte』には、医療秘書に求められる知識に基づく構文解析が搭載されています。これを音声認識と組み合わせることにより、診察中の会話から診察中の会話をカルテに書き起こすとともに、処方、検査、処置等のオーダーの下書きまでを出来るようになっています。
つまり、医師は自動作成されたカルテやオーダーを確認・修正・承認するだけでよくなるのです。
このような機能を認められたVoice-Karteは、「ドクターの働き方改革」と「医療の質の向上」にも役立つ革新的なソフトウェアとしてご評価を頂きました。

弊社代表滝内のインタビュー記事は以下よりご覧頂けます。
https://healthcare.apacciooutlook.com/vendor/kanata-a-cloudbased-emr-with-speech-recognition-and-parsing-cid-5010-mid-350.html

※『APAC CIOoutlook』について
アジア太平洋地域のCXO向けに、ビッグデータ、クラウド、IoT等様々なIT系分野の情報発信をしているITビジネス誌である。登録されているCXO数は60,000人、Webページへのアクセス数は毎月800,000を超えるグローバルな大型情報発信媒体。

【オンライン医療秘書kanataの開発】
弊社は、より多くの医療従事者の方々に上記機能をご活用頂くために、Voice-Karteから構文解析を切り出したオンライン医療秘書kanataを開発中です。
これを他社様の電子カルテにアドオンすることにより、クリニックや診療科目に限らず幅広い医療機関でご利用頂けるようになります。
さらに、電子カルテに限らない様々な医療・介護ICTツールとの連携を通じて、ドクターのみならず、実務中の記録に悩まれている看護師、介護士、理学療法士等の働き方改革にも貢献できるツールとしての成長も目ざしています。

◆kanata株式会社の概要◆
会社名:kanata株式会社
https://www.kanatato.co.jp
本社所在地:東京都中央区日本橋人形町2-9-7 未来堂ビル3階
代表者:滝内 冬夫
事業内容:構文解析に関する研究開発、医療情報システムの開発・販売
設立日:2018年11月15日
ご提供サービス:医療秘書機能付き電子カルテ『Voice-Karte』
製品サイトhttps://www.voice-karte.com
Demo Movie:https://youtu.be/3mugN1DTfvY