その他ライフスタイル ビジネス ライフスタイル 社会・政治・経済 経営情報

就職活動に使った金額、交通費・宿泊費が地域間で最大約10万円の差学生の費用・時間的負担の軽減が望まれる

リクルートキャリア 就職みらい研究所
【2020年卒 TOPIC】

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、大学生・大学院生を対象に調査を実施しております。本リリースでは、「就職プロセス調査(2020年卒)内定状況(2019年7月1日時点)」にて聴取した「就職活動にかかった金額」についてレポートいたします。

▼詳細はこちらからご確認ください

https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2020/200323-01/

●説明会・面接のWebへの切り替えを、学生の費用・時間的負担軽減につなげる機会に

今回は学生が就職活動に使用した金額についてレポートします。2020年卒学生が就職活動に使用した金額は平均して、128,890円でした。これは、2017年卒の170,960円と比べて少なくなっています。就職活動にかかる金銭面での学生の負担は減ってきているといえるでしょう。しかし、地域間での差が大きく、特に交通費・宿泊費の合計金額については最も低い関東と最も高い九州で約10万円の差があります。交通費・宿泊費といった費用だけでなく、移動時間も学生の負担になっています。新型コロナウイルス感染症の影響で、企業が説明会・面接をWebに切り替えるケースが増加。想定がされていなかった形であれ、Web上のコミュニケーションの伸展によって学生の負担がどのように変化し、新たな機会がどう生まれていくのか注視していきたいと考えています。

――――――――――――――――――――

■調査概要

――――――――――――――――――――

調査目的|就職に関する学生の活動実態を把握する

調査方法|インターネット調査

調査対象|2020年卒業予定の大学生および大学院生に対して、『リクナビ2020』(※)にて募集した調査モニターに登録した学生6,395人(内訳:大学生5,267人/大学院生1,128人)

調査期間|2019年7月1日~7月8日

集計対象|大学生 1,584人/大学院生 503人※リクナビ:株式会社リクルートキャリアが運営している、就職活動を支援するサイト https://job.rikunabi.com/2021/

調査目的|就職に関する学生の活動実態を把握する

調査方法|インターネット調査

調査対象|2020年卒業予定の大学生および大学院生に対して、『リクナビ2020』(※)にて募集した調査モニターに登録した学生6,371人(内訳:大学生5,247人/大学院生1,124人)

調査期間|2019年12月1日~12月4日

集計対象|大学生 1,091人/大学院生 375人※リクナビ:株式会社リクルートキャリアが運営している、就職活動を支援するサイト https://job.rikunabi.com/2021/

※大学生について、性別、専攻、所属大学の設置主体をもとに、実際の母集団の構成比に近づけるよう、文部科学省「学校基本調査」の数値を参照し、ウェイトバック集計を行っている

▼詳細はこちらからご確認ください

https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2020/200323-01/

▼就職みらい研究所について

https://data.recruitcareer.co.jp/

▼リクルートキャリアについて

https://www.recruitcareer.co.jp/