教育 社会 社会・政治・経済

#すべての親子を置き去りにしない !「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」始動

首都圏を中心に、感染者数の急増に反比例するように私たちの日常生活が失われています。

先行して外出禁止下にあるフランスやアメリカなどでは、DVや虐待が急増しており各政府が対策を発表するといった報道もありました。
すべての国民が困難に直面する今、中でも障害児を育てる家庭や頼り先が少ない家庭が孤立することによるリスクが、懸念されます。

環境的、経済的に困難を抱える子育て家庭への、サポートやセーフティネットが必要です。

 

フローレンスおよびフローレンスの運営する外郭団体では、3月に「一斉休校に関する緊急全国アンケート」「医療的ケア児 一斉休校に関する緊急全国アンケート」「こども宅食モデルを運営する全国団体による調査」等により、それぞれ属性の違う子育て家庭に対し緊急ニーズアンケート調査を行い、課題を抽出しました。

緊急時において、特に支援ニーズが高いのは、
 

  • 「医療的ケア児家庭」
  • 「経済困窮家庭」
  • 「ひとり親家庭」

であることがわかりました。

それをもとに、以下の緊急支援プロジェクトを立ち上げ、本活動への支援を全国から募ります。

新型コロナこども緊急支援プロジェクトを支援する:https://florence.or.jp/lp/monthly/index_co.php#tab2

<新型コロナこども緊急支援プロジェクト>
緊急支援対象家庭は「医療的ケア児家庭」「経済困窮家庭」「ひとり親家庭」

<寄付で支援を届ける支援先>

  1. 医療的ケア児と呼ばれる障害児を育てる家庭(首都圏を中心とした医療的ケア児家庭)
  2. 経済的に不安定な家庭(食品宅配やこども食堂などを運営する全国支援団体の利用者)
  3. ひとり親の家庭(フローレンス病児保育ひとり親支援プラン会員200名を中心に)

支援内容
①社会から孤立する医療的ケア児に対する支援を模索・提供
コロナ情勢悪化に伴い、医療的ケア児のほとんどは特別支援学校に通えなくなっています。
障害児の学童保育とされる、放課後等デイサービスも医療的ケア児のお預かりはほとんどありません。基礎疾患を抱え感染すると重度化のリスクが高い彼らは、頼みの綱の訪問看護でさえ断らざるを得ないケースが出てきて、ますます孤立を深めていきます。

これまでの障害児福祉業界にない難題に対し、訪問看護時間の長時間化、オンライン教育、電話相談、保護者へのカウンセリング等ニーズについて早急にヒアリングをし、トライアルを実施します。長期化が予測される新型コロナウイルスの影響下で有効な解を迅速に示します。

②こども宅食モデルなど、食で子育て家庭支援をする全国団体の活動促進
ひとり親世帯・生活保護世帯、就学援助対象世帯、その他介護・病気・失業などで経済的に困窮し支援が必要な世帯や、見守り型支援が必要な家庭(全国)への、宅配型支援活動を強化します。

コロナ関連の緊急支援を行っている団体、および、フードバンクや子ども食堂のうち「こども宅食」モデル(宅配型)で緊急支援を行う団体など、全国10以上の団体に助成を実施します。

 「宅配型」の緊急支援を行うことで、経済的に厳しい子育て家庭に直接つながり、地域で孤立してリスクを高めることを防ぎます。困っている家庭を次の支援につなぐことが可能になります。

※こども宅食とは、就学援助世帯など経済的に厳しい子育て家庭に、定期的に食品をお届けしながら、ご家庭とつながりをもち、地域や社会からの孤立を防いでいく取り組みです。2017年文京区からスタートし、現在全国に活動モデルが広がっています。フローレンスは、こども宅食モデルを全国に拡げる活動を担う「一般社団法人こども宅食応援団」の事務局運営事業者です。

③ひとり親家庭の支援ニーズ調査・支援物資や病児保育の無料提供
勤め先の休業や学校休校措置に伴い、収入減や食費などの支出増の傾向にあります。中でも、ひとり親家庭への経済的、心理的負担は子ども達への影響も甚大です。

フローレンスの訪問型病児保育を利用するひとり親家庭(ひとり親支援プラン利用者)を中心に、困りごとをアンケート調査しニーズを可視化します。

支援内容はニーズ調査にあわせて検討しますが、必要な物品を届けたり、フローレンスの訪問型病児保育を利用するひとり親会員の月会費無償化(4月・5月引き落とし分)などを実施予定です。

使途の詳細

  1. ヒアリング、ニーズ調査費と結果に伴う施策に係る費用(例:訪問看護人件費等)
  2. 食を通じて子どもの貧困課題に取り組む全国各団体への助成費
  3. ひとり親家庭へのニーズアンケート調査実施費用、物品や病児保育の無料費用

その他、郵送費・交通費・印刷費等の実費やスタッフ人件費等

新型コロナウィルス感染症拡大に伴いフローレンスがこれまで実施した施策と成果
私たちは、新型コロナウィルス感染拡大が日本国内で本格化した2月末から「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」というミッションに従い、行動を起こしてきました。

有事の時だからこそ、国内のすべての親子を置き去りにしない。
フローレンスは、子どもと親子領域の総合福祉事業者として、また国内親子領域の課題解決に最前線で取り組む団体として、全国の皆さんと共に「親子の笑顔」を守っていきたいと思います。

ぜひ、本プロジェクトへのたくさんの方のご参加をお待ちしています。
ご支援よろしくおねがいします。

新型コロナこども緊急支援プロジェクトを支援する:https://florence.or.jp/lp/monthly/index_co.php#tab2