その他ライフスタイル ビジネス ライフスタイル 経営情報

【ダイキン】 室内で夏を快適に過ごすためにエアコンの試運転を

記録的な暖冬の後には猛暑が来る!?エアコン不具合の72%は冷房の使い始めに起きている

ダイキン工業株式会社は、暑い時期に快適にエアコンを使用してもらうため、夏本番前に試運転をお勧めする「スイッチオン!キャンペーン」を実施しています。このキャンペーンは、本格的にエアコンを使い始める7月に修理のお問い合わせや買い替えのご依頼が集中し、修理対応や設置工事にお待ちいただく場合があることから、5月~6月前半に試運転をしていただくことをご提案するもので、2016年にスタートし今年で5回目となります。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、例年より自宅で過ごす時間が長くなっています。気象庁の『夏の天候の見通し』でも猛暑になる可能性が示唆されているこの夏、お部屋の環境づくりは例年以上に重要です。
今回は、エアコンを所有している400名に対し、エアコンや猛暑予想に関する調査を実施しました(メーカー問わず)。
その結果、過去5年以内にエアコンが故障したと回答した人のうち、72%が夏になって冷房を使い始めてから不具合に気づいたことがわかりました。また、エアコンの故障を経験した人の61%はシーズン前の試運転をしていなかったことが判明。夏にエアコンの買い替えをした人の82%は夏前に工事するべきだったと後悔した実態も浮き彫りになりました。
今年の夏の暑さに対しては、81%が事前に準備や対策をしたいと回答。具体的には「エアコンや扇風機などの冷房器具の点検」をしたいと回答した方が73%に上る結果となりました。

室内にいることが長くなりそうなこの夏を快適に過ごすため、まず大切なのはエアコンの試運転です。これに加えて、当社は夏前のエアコンのお手入れもお勧めしています。フィルターなどにゴミやホコリがたまっていると、冷えにくかったり、電力を多く消費したりすることがあるためです。今夏もより多くの方に快適に過ごしていただけるよう、空調メーカーとして啓蒙に取り組んでいきます。

エアコン・猛暑予想に関する調査トピックス

夏に冷房を使い始めて不具合に気づいた人が72%!さらに61%がシーズン前の試運転を行っていないことが判明。 夏にエアコンの取り付け工事をした人の82%が、夏より前に工事を行えばよかったと後悔。

5年以内にエアコンを買い替えた方に調査を実施。買い替えた理由は「エアコンが古くなったから」が46%、次いで「エアコンが故障したから」が41%という結果に。エアコンが故障したと回答した人に不具合を感じたタイミングを伺ったところ「夏になって冷房を使い始めて」が圧倒的に多かった。さらに、「フィルターの掃除」や「室外機周辺に物を置かない(風通し配慮)」という対策は半数以上の方が行っていたのに対し、「シーズン前の試運転」は39%にとどまる結果に。
エアコンを取り付けた時期は「6~8月」が最も多かったが、次回は夏より前に工事したいと答えた人は82%となった。

2019年度の冬は記録的暖冬!次の夏は猛暑になる!? 73%が夏の暑さの準備や対策として「エアコンや扇風機などの冷房器具の点検」と回答。

気象庁は昨冬を、「東・西日本で記録的な暖冬」と発表した。実際に93%が暖冬だと感じていたようだ。
また2020年の『夏の天候の見通し』についても、猛暑になる可能性が気象庁から示唆されており、81%が夏の暑さに対して準備や対策をしたいと回答した。具体的には「エアコンや扇風機などの冷房器具の点検」をしたいとの回答が73%で最多だった。
※詳細は添付PDFをご覧ください。