IT・ネットワーク エンタメ コンピュータ その他ライフスタイル ライフスタイル 趣味・娯楽

新型コロナウイルス感染症対策で西日本鉄道とLINE Fukuokaが連携し、バス・電車の混雑状況をLINE公式アカウントで発信

LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴)は、西日本鉄道株式会社(本社:福岡市博多区、代表取締役社長執行役員:倉富 純男)と連携し、新型コロナウイルス感染症対策として、5月21日から、福岡都心部を運行する一般路線バスと西鉄電車の混雑状況を、西日本鉄道が運営する2つのLINE公式アカウントを活用して発信することをお知らせします。

■最新の混雑状況にLINEからアクセスできる機能を提供

混雑状況の情報は西日本鉄道株式会社のLINE公式アカウント「にしてつバス( https://lin.ee/mWBsJsH )」と「【公式】西鉄電車( https://line.me/R/ti/p/%40379wjtcu )」において発信します。

西日本鉄道のバスおよび電車の利用者は、LINE公式アカウントから混雑状況を確認し、時差出勤時等において混雑回避の参考情報として活用いただけます。

<混雑状況の確認>

・LINE公式アカウントのリッチメニューから1タップで最新の混雑状況一覧にアクセスできます

・路線を選んで、特定の路線の混雑状況を確認することも可能です

混雑状況の確認(「にしてつバス」の場合)

※デモ画面を使用しており、変更の可能性がございます。

■一般路線バス混雑状況の公表をうけ、LINE公式アカウントの活用を提案したことから協業がスタート

西日本鉄道株式会社が5月11日に、バス利用者の時差出勤や混雑回避の参考情報として、福岡都心部を運行する一般路線バス混雑状況の公表を行いました。これをうけて、多くの方にご利用いただいている「LINE」を通じて発信することで新型コロナウイルス感染症対策につなげたいと、LINE Fukuokaが西日本鉄道株式会社に提案し、二社の協業が実現しました。

福岡県においては、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が解除となり、公共交通機関の利用増が見込まれるため、「新しい生活様式」に示される「密の回避」や「時差出勤」といった感染拡大予防策の実践が重要になってまいります。

企業の枠を超えた連携により、公共交通機関利用者が、混雑回避のための参考情報にアクセスしやすい環境を整えます。

西日本鉄道株式会社とLINE Fukuokaが企業の枠を超え連携

■移動手段や観光等の分野において中長期で連携する方針

この協業は、新型コロナウイルス感染症対策をきっかけにスタートしましたが、移動手段や観光等の分野における「まちづくり」を中長期で進めるため、今後も社会の状況に合わせて連携していく方針です。

LINE Fukuokaでは、福岡市と締結した「地域共働事業に関する包括連携協定」に基づく取り組みを通じて、LINEの技術を活用した豊かで便利な未来志向のまちづくり(Smart City)を目指しています。

また、西日本鉄道株式会社をはじめとしたにしてつグループは、「まちに、夢を描こう。」という企業メッセージのもと、安全、安心を最優先に、地域の皆さまの生活を支える事業に取り組んでいます。

両社の技術や知見を合わせ、市民の皆さまの暮らしをより便利で豊かなものにしていけるよう尽力してまいります。

LINE FukuokaはSmart Cityの実現にむけて、他の企業・団体との共創が不可欠と考え、これまでも「他社の技術とLINEの持つ強力なユーザープラットフォームの連携」「福岡における展開支援」など、様々な形でコラボレーションしてきました。今後もより一層、共創の輪を広げてまいります。

<会社概要>

【LINE Fukuoka株式会社】

社名       : LINE Fukuoka株式会社

本社所在地    : 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F

代表者      : 代表取締役社長 落合 紀貴

資本金      : 490百万円(2018年1月時点)

設立日      : 2013年11月18日

主な事業内容   : LINEおよび関連サービスの開発・

           クリエイティブ・運営・事業企画など

コーポレートサイト: https://linefukuoka.co.jp/ja/