IT・ネットワーク コンピュータ テクノロジー ライフスタイル 医療・福祉・介護 社会・政治・経済

介護見守りシステム「ネオスケア(Neos+Care)」に新モデル登場!広角タイプモデルを追加し、2020年11月(予定)から販売開始

ノーリツプレシジョン株式会社(本社:和歌山県和歌山市、代表取締役社長:星野 達也)は、現在販売中のネオスケア(Neos+Care)に、センサー性能を向上(広角、遠距離)した高性能な「広角タイプモデル」を、2020年11月(予定)より販売開始(オープン価格)いたします。

本モデルの販売を通じて、介護業界における見守りシステムの導入を促進し、老人ホームの居室全体の転倒事故の防止や介護業務の負担軽減を通じて、介護の質の向上に貢献してまいります。

本体画像

■ネオスケアについて

ネオスケアは、写真処理機器で長年培ったノーリツプレシジョンの画像処理技術を活用し、極めて精度の高い検出とプライバシーに配慮した上で視認性の高い映像再現を実現した、革新的なロボット介護見守り機器です。

Webサイト: https://www.noritsu-precision.com/neoscare/

■広角タイプモデルについて

従来のネオスケアから距離センサーの性能を、広角、遠距離に変更しました。その結果、従来のベッド周辺での見守り性能や操作性はそのままに、居室内のより広い範囲の見守り(転倒など)が可能となります。

広角タイプモデルのイメージ

■発売日

2020年11月(予定)

■購入方法

ネオスケア販売代理店にお問い合わせください。

■会社概要

社名  : ノーリツプレシジョン株式会社

代表者 : 代表取締役社長 星野 達也

創業  : 1951年2月

設立  : 2011年2月

資本金 : 100,000,000円

事業内容: 写真処理機器・介護機器の開発・製造・販売/医療機器の開発・製造受託

本社  : 〒640-8550 和歌山市梅原579-1

URL   : http://www.noritsu-precision.com