ビジネス フード・グルメ ライフスタイル 医療・福祉・介護 社会 社会・政治・経済 経営情報

アメリカン・エキスプレス 人気レストランとの協働により、医療従事者へ15,000食分の食事提供

 世界的に感染が拡大している新型コロナウイルス感染症により、影響を受けられた皆様にお見舞い申し上げますとともに、一日も早い感染の終息を心よりお祈り致します。また、医療関係をはじめとした感染拡大防止に最前線でご尽力されている皆様に、深く感謝申し上げます。

 

 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本・アジア社長:清原正治)は、新型コロナウイルス感染症への対応に尽力している医療機関および医療従事者の方々への支援として、治療の最前線にいる医療従事者への食事提供と、マスクや防護服など医療物資の提供という2つの取り組みを開始いたします。

 

 本取り組みは、アメリカン・エキスプレスがお客様に対する基本的な約束として掲げる「Backing」(支援)を体現するものです。食事提供は、人気レストランとの協働により実現。一流の料理人が手掛けるお弁当15,000食を、コロナウイルスの治療に携わる東京・大阪・京都等の病院に勤務する医療従事者の方々を中心にお届けします。また、医療物資の提供にはアメリカン・エキスプレスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」の仕組みを活用し、カード会員参加型の支援として展開します。ポイントを通じて最前線の医療現場で不足しているといわれているマスクや防護服、フェイスシールドなどを購入し、医療機関へ提供します。

 

 詳細は以下の通りです。

 

【支援内容】

■    医療従事者向け食事提供:15,000食 

・    主な提供地域:       東京・大阪・京都など

・    パートナー: 一般社団法人全日本・食学会 / 「弁当の底力」プロジェクト

・    主な協力レストラン(2020年5月20日時点での情報):

人形町今半、Wakiya 一笑美茶樓(以上、東京都)、柏屋 大阪千里山、ポンテベッキオ(以上、大阪府)、祇園さゝ木、創作中華 一之船入、草喰なかひがし、たん熊北店、ホテルカンラ京都(以上、京都府)、ラ グランターブル ドウ キタムラ(愛知県)、たか田 八祥(岐阜県)など。

 

■    ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」によるカード会員参加型の医療物資の支援

・      パートナー:特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム

・      ポイント数:一口2,000ポイント

・      購入予定物資:N95マスク、サージカルマスク、防護服、フェイスシールドなど

 

※詳細は「メンバーシップ・リワード」のページにてご確認ください。

https://www.americanexpress.com/ja-jp/rewards/membership-rewards/award/BCP_CharityA/B821-4130 

 

またこれら2つの支援に先駆けて、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い様々な支援を行う以下の団体に対して、アメリカン・エキスプレス財団より合計100,000米ドル相当の寄付を行いました。

 

・NICU(新生児向けICU)や小児医療センターを含む医療機関への支援プロジェクト (パートナー:NPO法人ETIC. / NPO法人フローレンス、)

 ・ 中小規模の医療機関や福祉施設への医療品支援プロジェクト(パートナー:NPO法人ETIC.  / NPO法人ピースウィンズ・ジャパン)

 ・ 休校・給食中止が続く子育て世代や職を失った生活困窮世帯などへの「食」の支援(パートナー:セカンドハーベスト・ジャパン)

 

<アメリカン・エキスプレスについて>

1850年(嘉永3年)米国ニューヨーク州にて創立したグローバル・サービス・カンパニーです。多様な商品・サービスを通し個人顧客には「特別な体験」をお届けし、また優れたデータ分析や経費削減ツールを用い、幅広い法人顧客のビジネス成長を支援しています。日本では、1917年(大正6年)に横浜に支店を開設し、世界170以上の国や地域に広がる独自の加盟店ネットワークとトラベル・サービス拠点を通じ、最高品質のサービスを提供し続けています。また、アメリカン・エキスプレスのカードは、JCBとの提携により、従来からのホテル、レストランや小売店などに加え、公共料金からスーパーマーケット、ドラッグストアなど日々の生活で使えるお店が拡大しています。