その他ライフスタイル ビジネス ライフスタイル 住宅・不動産 教育 経営情報

OSAKAリンク大規模マンションプロジェクトマンション共用部内に保育施設を整備~大阪市の制度を利用した第1号物件~

近鉄不動産株式会社( 本社:大阪市天王寺区/取締役社長:倉橋  孝壽 )、株式会社NIPPO( 本社:東京都中央区/代表取締役社長:吉川 芳和 )、オーエス株式会社( 本社:大阪市北区/取締役社長:高橋  秀一郎)、アートプランニング株式会社( 本社:大阪市中央区/代表取締役社長:松藤  雅美 )は、大阪市東淀川区で計画している「OSAKAリンク大規模マンションプロジェクト(以下「本プロジェクト」)」が、大阪市の「大規模マンション建設時における保育施設等の整備に係る事前協議制度(詳細は別紙1 https://www.atpress.ne.jp/releases/216922/att_216922_1.pdf 参照)」を利用した第1号物件となることをお知らせいたします。

 本プロジェクトの共用施設に整備する保育施設は、社会福祉法人和修会 ( 主たる事務所:守口市/理事長:塚本 由美)が 運営します。(同法人は、同制度の認可前審査にて2020年3月27日に承認。)

 近年、大阪市内、特に都心部において大規模マンションの建設が相次ぎ、保育需要が増加傾向にありますが、本プロジェクトでは、マンション内に保育施設を整備することで、出産後も仕事を継続していただきやすい環境を目指します。また、阪急千里線「下新庄」駅徒歩4分、阪急千里線・京都線「淡路」駅徒歩10分、JRおおさか東線「JR淡路」駅徒歩6分という交通利便性の高い立地や、総戸数393戸という大規模物件の特性を活かし、保育施設のほか、多様な共用施設も設置する予定です。

詳細は決定次第、お知らせします。 (物件概要については別紙2 https://www.atpress.ne.jp/releases/216922/att_216922_2.pdf 参照)

 なお、本プロジェクトは10月上旬よりモデルルーム案内を開始する予定です。