その他ライフスタイル フード・グルメ ライフスタイル 社会・政治・経済

神戸元町に食パン専門店「食パン工房小麦庵」が7月2日オープン!オープンを記念して新商品「恋するブリオッシュ食パン」を販売~神戸市垂水区で人気のパン屋「パン工房小麦庵」の新店舗~

全国屈指の食パン消費量を誇る神戸、その神戸の中心地でパン屋を展開している株式会社 小麦庵は、食パン12種類に厳選して販売する食パン専門店「食パン工房小麦庵」(神戸元町)を7月2日にオープンします。

新型コロナ感染拡大のため5月1日開業の予定が大幅に遅れましたが、今回のオープンに向け、パン屋激戦区で57歳店主の新たな挑戦が始まります。

小麦庵の食パンたち

■新店舗「食パン工房 小麦庵」(神戸元町)について

今回の新店舗「食パン工房 小麦庵」(神戸元町)では厳選した12種類の食パンを販売します。

更に神戸元町オープンを記念して開発した卵、バターを贅沢に使用し3日間かけて熟成させた全く新しいタイプの食パン「恋するブリオッシュ食パン」を販売します。

■パン工房 小麦庵 開店の背景

パン工房 小麦庵の店主である私(柏木 雅彦)は、25年前まで営業職としてサラリーマンをしていましたが、阪神淡路大震災、長男の誕生を機に自分を見つめ直し「きつくてもいい、もっと人に喜ばれる仕事がしたい」とパン職人に転身。以来25年「パン屋は食パンが命、食パンにはうるさい神戸っ子から評価されてこそ本物」という思いで専門書を読み漁り、遠方まで食パンを買い求め、あらゆる製法で試作を重ねて作った食パンのオリジナルレシピは100以上に登ります。自分のパンが神戸の中心地でどれだけ通用するか試してみたいと激戦区神戸元町への出店を決意、5/1オープンの予定で準備を進めて参りましたが新型コロナ感染拡大のため無念の延期に。その間何かできることはないかと垂水店では自粛で買い物に出られないお客様に向け宅配サービスをスタート。宅配料一律200円は地元の医療機関に寄附させて頂きました。感染拡大がようやく落ち着き2ヶ月遅れとなりましたが7月2日(木)晴れてオープンの運びとなりました。また神戸元町店オープンを記念してフランス伝統の「ブリオッシュ」と日本独自の製法「湯捏ね製法」を掛け合わせ3日間かけて熟成させた全く新しいタイプのハイブリッド食パン「恋するブリオッシュ食パン」を販売します。

■商品概要

「恋するブリオッシュ食パン」 1本580円(+税) 2020年7月2日販売

特長:全く新しいタイプのハイブリッド食パン。

   フランスの伝統のブリオッシュと日本独自の湯種製法の融合。

   ブリオッシュ特有のパサつきがなくモッチリ、しっとり。

■店舗概要

店舗名  :食パン工房 小麦庵(神戸元町)

所在地  :神戸市中央区元町通1丁目7-2 ニューもとビル1F

オープン日:2020年7月2日(木)

営業時間 :10:00-19:00

定休日  :毎週水曜日

URL    :https://peraichi.com/landing_pages/view/komugian01

■会社概要

会社名: 株式会社 小麦庵

所在地: 兵庫県神戸市須磨区多井畑東町11-16

連絡先: (090)5131-497

e-mail: komugian@jcom.zaq.ne.jp