その他ファッション その他ライフスタイル ファッション ライフスタイル

プラスチック製の買い物袋(ポリ袋)を廃止、紙袋へ完全移行

環境配慮への取り組みを推進、買い物袋は7月1日より全店で有料化

【概要】
■ポリ袋の廃止について
現在保有している在庫が無くなり次第終了
■買い物袋の有料化について
開始日:7月1日(水)
価格 :ポリ袋10円、紙袋20円(税別)/1枚あたり
※お買い上げのスーツを包むカバーや、小物を包むための持ち手のない紙袋は無料
対象店舗:洋服の青山 全785店舗
     ザ・スーツカンパニー業態 全70店舗
    ※店舗数は6月末時点
青山商事株式会社(本社:広島県福山市/代表取締役社長:青山理(おさむ))は、環境配慮への取り組みとしてビジネスウェア事業の全店(2020年6月末時点:洋服の青山全785店舗、ザ・スーツカンパニー業態全70店舗)で使用しているプラスチック製の買い物袋(ポリ袋)を順次廃止し、紙袋へ移行していきます。また、現在店舗で無料提供している買い物袋(ポリ袋・紙袋)は、7月1日(水)から全店舗で有料化します。これによりエコバッグの利用を促し、買い物袋の使用量の抑制を目指していきます。

ポリ袋については、現在すでに生産を中止しており、在庫のあるポリ袋が無くなり次第取り扱いを終了します。これまで年間約550万枚のポリ袋を使用していましたが、これを紙袋に完全移行することで年間約89トンのプラスチック使用量の削減を見込んでいます。

買い物袋の有料化については、これまで無料提供していた買い物袋を対象に、大きさを問わずポリ袋は10円、紙袋は20円(税別)に有料化します。当社が取り扱う買い物袋は、政府による“プラスチック製買い物袋の有料化”の対象には含まれておりませんが、海洋ごみ問題、資源保護、地球温暖化などの環境課題が一層深刻さを増しており、企業として環境配慮への取り組みを推進するという観点から今回の有料化に踏み切りました。

また当社では、環境保全に配慮した製品の証である「FSC認証(森林認証)」(※)を受けた紙袋を「ザ・スーツカンパニー」で使用しており、今後は「洋服の青山」などでもこの認証を受けた紙袋へ順次変更していくことで、さらなる環境配慮への取り組みを推進して参ります。

(※)「FSC認証(森林認証)」・・・森林保全のために適切な管理が行われている森林から調達した素材を使用した製品であることを認証する制度で、NPOのFSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)が運営しています。