ビジネス ライフスタイル 医療・福祉・介護 経営情報

【新型コロナウイルス対策ロボット】 紫外線照射⾃律⾛⾏型ロボット「UVDoctor Robo」販売に尽力

ロボットテクノロジーやIoT技術を駆使し、新たな技術分野の創出を目指す、Roundyedge株式会社(本社:東京都千代⽥区、代表取締役: ⽵内隆喜、以下当社)は、Lobotics Ltd.(本社:上海、以下Lobotics社)と連携し、紫外線照射⾃律⾛⾏型ロボット「UVDoctor Robo」の国内販売を開始しております!

 

専⽤のソフトウェアを使⽤し、紫外線照射したい区域をマッピングすることで効果的かつ安全に運⽤可能となるのが特徴です。

新型コロナウイルスへの対策の⼀環とし て、海外、特に中国などで実運⽤されている製品に関し、国内市場においても当サービスと共にローンチし、様々な業界への販売を⾏っております。

 

 

UVDoctor Roboは、UVDoctor Roboは、Lobotics社が開発する紫外線照射自律走行型ロボットの日本ブランド名です。

 

 

病院や介護施設等では、既に紫外線照射によるウイルスへの対応が行われています。ヒトの代わりにロボットが施設内空間の除菌の役割を担うことにより、今まで以上に広範囲、かつ、多くの環境での使⽤を期待できます。

 

使⽤するUVC灯の光源は、253.7nmの紫外線(UVC)を発⽣させます。この波⻑の紫外線による照射は、今回の新型コロナウイルスにも効果があるとされており、⼀定の距離で光に当たっている場所の除菌力は99%以上になります(Lobotics社調べ*1)。

 

 

 

 

また、UVDoctor Roboは、専⽤のソフトウェアを使⽤し、紫外線照射したい区域をマッピングすることで、任意のエリアや場所を効果的かつ安全に運⽤できます。

 

⼀度マッピングすれば、⾃律⾛⾏によりウイルスや細菌を効果的に除菌させることが可能です。ルート上に障害物があった場合も⾃動でルート変更を⾏い、回避します。

 


 

設定したマップは、⾛⾏ルートや停⽌場所、充電ポイント等⾃由に設定・編集することも可能です。

 

これらの運⽤設定は、Wi-Fiで接続できる端末であれば、PC・タブレットを問わずブラウザ経由にてアプリケーションを実⾏できます。

 

 

新型コロナウイルスにおける第2波の感染拡⼤を⾒越し、UVDoctor Robotが室内除菌の際に必要な⼈員、コストの削減における中⻑期的な⽀援にも繋がると考えています。

 

今後、空港や駅等の公共施設、病院やホテル等のロビー、⼤型商業施設、介護施設、レストラン、カフェ、教育機関、図書館、企業の受付といった、利⽤者への業務の合理化・効率化および感染症対策等に求められる多様な場所への更なる普及を⽬指します。

 

 

*1

Lobotics社に関する資料データにおきましては、お問い合わせ時にご対応させていただきます。

 

【UVDoctor Robo Webサイト】

https://roundyedge.co.jp/uno_robot/uvc.html

 

【代表メッセージ】

新型コロナウイルスの感染拡⼤に伴い、⼈々の考え⽅・働き⽅にも⼤きな変化がでてきています。

 

このような時代だからこそ、感染拡⼤を少しでも抑えるための⼀助として、当社が提供するロボットにより、安全・快適な環境を提供していきたいと思っております。

 

最先端のテクノロジーやロボット技術を活かし、様々な企業と協力することで、人を笑顔に、社会をより明るくしていきたいと考えています。

 

 

【Roundyedge株式会社 概要】

代表者: 代表取締役 ⽵内隆喜

事業内容: ロボットの設計・製作・販売・修理および海外ロボット製品の販売代理店事業(レンタル及び保守サポートを含む)

本社所在地: 東京都千代⽥区⼤⼿町2丁⽬6-2

開発センター: 東京都豊島区南⼤塚2丁⽬38-1 リードシー⼤塚ビル5F

設⽴: 2019年11⽉

URL: roundyedge.co.jp

 

 

■ 本件についての問い合わせ先

<ご購入/レンタルに関するご相談><製品関係>

<資料問い合わせ>

<報道関係>

Roundyedge株式会社

広報・PR ⾓⽥

E-mail: info@roundyedge.co.jp