その他ライフスタイル ビジネス フード・グルメ ライフスタイル 経営情報

1日で1,000個も売れた高タンパク質、低カロリーの『ジビエハンバーグ』がECサイトで販売開始!

~オーガニックミートを100%使用した体がキレイになるハンバーグ~

株式会社DFF(ディーエフエフ)(本社:東京都中央区、代表取締役:古谷 英紀)が東京・江東区で運営する、炭火イタリアン『Givino(ジビーノ)門前仲町店』で、コロナ禍の中、自宅でも専門店の味をお楽しみ頂けるように当店一番人気の“馬鹿(ばか)ハンバーグ”を商品化し2020年6月30日にECサイトを正式オープンいたしました。

Givino オンラインショップ: https://givino.shop-pro.jp/

馬鹿(ばか)ハンバーグ

【開発背景】

コロナ禍の影響で、外出自粛の際に常連様からお持ち帰りや配送のご要望がありました。

本当にありがたいことに地方のお客様からも、発送のご要望を頂き一番人気のハンバーグを商品化しお届けできるようにしました。

先日、Facebookで先行販売し、1日で1,000個が完売とありがたい実績とお子様からご高齢の方まで多くの『美味しい』を頂き感謝の日々です。今後は、もっと多くの方にジビエの美味しさと健康・美容に最適なお肉と知って頂けたら幸いです。

【商品概要】

商品名      : 馬鹿(ばか)ハンバーグ

内容量      : 150g×4個入り

価格       : 2,800円(税別)

オンラインショップ: https://givino.shop-pro.jp/

【商品特徴】

1:高タンパク質・低カロリーかつビタミン、DHAなどの高栄養価の鹿肉と馬肉のみを使用しオーガニックミートの高栄養価によって、免疫力UP、美容効果、ダイエット効果に期待

2:牛ハンバーグなどに比べるとカロリーが半分以下。食べても罪悪感のないハンバーグが実現

3:狩猟時から温度管理を徹底し、全く臭みのない肉を使用。ジビエならではの肉々しい味わいと、他に類を見ない弾ける弾力が魅力のハンバーグ

馬鹿バーガー

【鹿肉は高タンパク質・低カロリー・鉄分豊富なダイエット食材】

鹿肉と聞くと「味にクセがありそう」「臭いのではないか」など、あまり良いイメージを持っていない人も多いのではないでしょうか。「鹿の肉は食べられるの!?」「鹿肉を食べたことがない」という人も多いかもしれません。しかし、鹿肉は高タンパク質・低カロリーのダイエッターには嬉しい食材なのです。

<肉栄養素比較>

(100g)    鹿肉   馬肉   牛肉   豚肉   鶏ささみ

タンパク質  22.3g   20.1g   16.5g   19.7g   23.0g

脂質     1.5g   2.5g   26.1g   7.8g   0.8g

炭水化物   0.5g   0.3g   0.2g   0.1g   0g

鉄      3.1g   4.3g   2.4g   1.1g   0.2g

ビタミンB2  0.35g   0.24g   0.21g   0.28g   0.11g

カロリー   110kcal  110kcal  316kcal  157kcal  105kcal

<鹿肉の栄養価>

鹿肉は肉類の中でも特に栄養価が高いと言われ、高タンパク質・低カロリーのダイエットに適した食材と言えます。青魚に多く含まれることで有名で、中性脂肪を減少させる働きがあるDHA(ドコサヘキサエン酸)は肉類にはほとんど含まれていない成分ですが、なんと鹿肉には含まれているんです。

また、貧血予防に役立つ鉄分や、脂質代謝に関与しているビタミンB2や多価不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

【会社概要】

商号   : 株式会社DFF

代表者  : 古谷 英紀(フルタニヒデノリ)

所在地  : 東京都中央区月島3-8-5

設立   : 2016年5月

事業内容 : 飲食業

URL   : https://dff-co.com