ビジネス 経営情報

株式会社ダイレクトパワーは 令和2年度 バーチャルパワープラント 構築実証事業費補助金に採択されました

株式会社ダイレクトパワー(本社 東京都新宿区/代表取締役 松井聖吾)は5月29日、経済産業省より『令和2年度 需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金』に採択決定を受けましたことをお知らせいたします。

バーチャルパワープラント構築実証事業について

この実証事業は、大型発電所以外の工場や家庭などが有するエネルギーリソース(蓄電池、太陽光発電設備、電気自動車など)を、高次元エネルギーマネジメント技術により遠隔・統合・制御し、「あたかも一つの発電所のように(*1)」機能させることで、電力の需給調整に活用する実証を行うことが目的です。

この実証が進むことで、日本の電力供給事情の大規模発電所依存から脱却することを可能にし、世界で大きく取り沙汰されている、環境問題へ大きく貢献することが可能になります。

(*1) 仮想発電所やパーチャルパワープラント呼ばれる(以下、VPP)発想のことを指します

ダイレクトパワーの参加実証事業

1. VPPのリソースアグリゲーター実証について

弊社はSBエナジー株式会社様を幹事社(*2) とした実証事業のリソースアグリゲーターとして参加いたします。

弊社が実証事業を行うリソースアグリゲーターとは、分散型エネルギーリソースを保有している工場や各家庭とVPPサービスの契約を直接締結し、契約先各所にある太陽光発電設備や電気自動車、蓄電池などのエネルギーリソース制御を行う者のことを指します。

(*2) ここでいう幹事社とは、リソースアグリゲーターを束ねるアグリゲーションコーディネーターを指します

2. 電気自動車を用いたピークシフト実証事業

日本卸電力取引所(以下、JEPX)価格に連動したダイナミックプライシング(*3) で、電気自動車の充電を用いたピークシフトを行う実証を行ないます。

(*3) ダイナミックプライシングとは「時間帯変動料金」のことを指します。JEPXでは1日30分毎に48コマで分けられ、需給バランスに依存して卸電気価格が変動します。それに呼応して需要家の電気代が変動する仕組みです。

ピークシフト実証事業は、その市場価格が下落した時間(=電気需要が少ない時間)に電気自動車に充電を行ない、市場価格が高騰した時間(=電気の需要が多い時間)に蓄電した電気を家庭で使用し、系統上の電力需要バランスの均衡を促すために行う実証事業です。


昨年に引き続き、これらの実証事業に参加することで、弊社はVPPを基に、スマートグリッド(次世代送電網)など、最先端電力取引構築事業にさらに邁進して参ります。またHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)製造メーカーとしてもZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及に貢献し、サステナブルな地球環境保全に貢献して参ります。

【会社概要】
商 号 : 株式会社ダイレクトパワー
代表者 : 代表取締役 松井 聖吾
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-28-11 小杉ビル8階
事業内容: 電気事業
U R L : https://direct-power.jp

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ダイレクトパワー 担当:堀川
TEL︰03-6684-1500
MAIL:info@direct-power.co.jp