その他ライフスタイル フード・グルメ ライフスタイル 社会・政治・経済

2020年4月竣工「BRAVE難波」の注目テナントが次々開店! 「くら寿司」なんば日本橋店、24時間フィットネスジム「TORQUE」に続き、WHISKY BAR「N.3」が8月21日グランドオープン!

株式会社BRAVE(所在地:大阪市中央区難波千日前15-15、代表取締役:山部 和孝)が運営する「BRAVE難波」に「くら寿司」なんば日本橋店、24時間フィットネスジム「TORQUE」に続き、WHISKY BAR「N.3」が8月21日(金)にグランドオープンいたします。

BRAVE難波外観

「BRAVE難波」は、地下1階地上8階建の商業ビルとして、1フロアー約360m2で竣工しました。現在、大阪で最も地価の上昇率が高く、商業エリアとしても圧倒的な集客力を誇るなんさん通りに位置します。周辺のテナントビルは、1フロアー100坪を超えるビルは非常に少なく、大型店舗やチェーン店の参入は難しい状況でしたが、「BRAVE難波」は周辺の起爆剤的なポジションとして期待されています。また、外観は全面カーテンウォールのデザインを施し、壁面に15.2m×5.6mの大型デジタルサイネージを設置したことで、モダンで次世代型商業ビルのイメージとして仕上がっています。

【お酒だけじゃないバー】

「BRAVE難波」のエントランスはなんさん通りに、裏口は千日地蔵尊通りに面しています。その千日地蔵尊通り一帯こそが、裏なんばであり、今回、千日地蔵尊通り側の地下1階にWHISKY BAR「N.3」(なんさん)がオープンします。大人から若者まで、渋く飲みたい方には200種類以上のウイスキーやバーボンからマスターが好みに合わせて厳選してくれます。それぞれのお酒にぴったりあった氷が入っていて、味をまろやかにしたり、際立たせたりと脇役の氷がいい仕事をして、今までとは違った味わいを感じることができるかも知れません。

また、仲間とわいわい飲みたい方は、ダーツやゲームを楽しんでいただけます。記念日に彼女に宝石をプレゼントしたい人は、宝石キャッチャーでチャレンジしてみては?ランチには、「極厚!とろける牛タンカレー」をメニューに。ステーキのように分厚いタンをコトコト煮込んで、辛さひかえめのカレーをかけて出来上がり。ただし牛タンを煮込むのは、手間も暇もかかるので、ランチメニューは1点のみの限定食。数に限りがあるので、無くなり次第ランチ終了。でもご安心を。お店のスタッフが慣れてきた頃には、新メニューの登場もあるとのこと。ゲームのキャラクターのようにお店もどんどん進化していきますので、お楽しみください。

200種類のウイスキーが並ぶ

店内全景

【ポップカルチャーの聖地から日本の文化に急成長】

このあたりの裏なんばは、ポップカルチャーの聖地とも言われている日本橋の電気街の入口にあり、フィギュア、おもちゃ、プラモデル好きの人で賑わっています。以前はこのポップカルチャーは通称「オタク」と呼ばれるポップカルチャー好きの人々の専売特許でしたが、今や大人から子供まで楽しめる日本の文化として成長しました。「難波中2交差点」は、北に高島屋、西側には南海電鉄や商業施設、まさに高級ブランドと新しいカルチャーが合流する文化の交差点となっています。ブランドにポップカルチャー、裏なんばの食文化、それらの融合が大阪文化の象徴であり、外国人観光客が日本で一番人気のある地域と答えるのも理解できます。ポップカルチャー好きの子供さんは、来店はまだちょっと無理ですが、大人の方には、お酒を飲みながら、ゲームを楽しみながら、とことん楽しむ「Enjoy裏なんば」をコンセプトに、飲んで、遊んで、食べて、裏なんばの名店になれるように、裏なんばファンに愛されるお店づくりを展開していきます。オープンは8月21日(金)。

扉のN.3が目印

【店舗名】

WHISKY BAR「N.3」(なんさん)

TEL:06-6809-5066

【営業時間】

11:30~5:00

【休日】

不定期

【その他】

40席以上、Wi-Fi完備、ダーツマシン、宝石キャッチャー、TV等、禁煙

【所在地】

大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波B1F

【Instagram】

namba.n.3