その他ライフスタイル フード・グルメ ライフスタイル 社会・政治・経済

香川県産の最高品質きくらげと讃岐うどんのマリアージュ!「さぬきくらげうどん」を高橋石油株式会社より9月15日に発売

香川県高松市で石油製品・LPGの卸し小売り大手の高橋石油株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役:高橋 勲)は2015年より新事業として栽培事業に進出、国内最高品質かつ香川県の新たな名産品を目指し「さぬきくらげ」を販売しておりましたが、この度新たに「さぬきくらげうどん」を企画し、9月15日に発売することとなりました。

商品パッケージ

商品写真

■商品の特徴

天日で乾燥したきくらげを丸ごと微細な粉末に加工、うどん生地へ練り込み茹で時間わずか5分で出来上がる細めんに仕上げ商品化。近年、栄養素の面からも注目度の高い国内(香川県)産きくらげを使った新しい讃岐うどんです。

1パック(200g)の麺に使用されるきくらげの量は、生きくらげに換算して約75g分と実にたっぷり。きくらげの特性である保水力の高さが活かされた、ぷるんつるんとした口当たり、独特なコシの良い喉ごし食感、蕎麦のような見た目が特徴(そば粉は不使用)です。

■商品誕生の背景

私たちは明治30年の創業以来、エネルギー事業を通じて地域に貢献してまいりましたが、単純に石油やガス、電気などのエネルギーだけではなく「食」そして「健康」もまた人々のエネルギーの源であると考え、食品事業への展開を模索する中、きくらげの栽培に注目。

きくらげは、きのこ類の中でも栄養価が高く食べやすい食品ではありますが、反面とても繊細で人の手による栽培は困難なものでした。いまだ国内消費量における9割以上を海外からの輸入に頼る中、商品の価値はもとより安心・安全な国内産としての将来性を見込み専門部署を設立。

2015年から約2年間、専用ビニールハウス4棟で試行錯誤を繰り返した結果、国内産でも最高レベルの品質と自負できるきくらげの生産に成功。2017年「さぬきくらげ」の名称で商標登録し販売を開始。最近では地元香川のみならず関西圏への流通やネット販売を強化、海外からの食品輸入が制限される今、栄養価の高さと調理法を選ばないきくらげは巣篭もり消費と相まって一層注目されています。

この度、更にきくらげを手軽に味わっていただけるよう当初より企画に挙がっていた讃岐うどんとのマリアージュを、石丸製麺株式会社(〒761-1401 香川県高松市香南町岡701、代表取締役社長:石丸 芳樹)様の協力を得て同社オリジナル商品「包丁切り細うどん」の規格で実現させました。

さぬきくらげの栽培風景

肉厚で水分をたっぷり含んだ断面

■さぬきくらげの特徴と期待される効能

・純国内産(菌床の原材料から国内調達)

・農薬不使用で栽培

・低カロリー(生100gで約17kcal)

・食物繊維 :デトックス効果や整腸作用があり生活習慣病を予防

・カルシウム:高血圧や動脈硬化の予防・骨を丈夫にする

・鉄分   :貧血の予防と代謝の改善

・ビタミンD :カルシウムの吸収を促進・免疫機能を調整

・栄養価が高く「食べる漢方」とも謳われる食品

また、輸入品と大きく違うのはその肉厚さで、キャッチコピーともなっている「キュキュッとぷるるん」とした食感をお楽しみいただけます。

■商品概要

名称  :さぬきくらげうどん

内容量 :2人前(乾麺200g入り)

価格  :650円(税別)

賞味期限:1年

■会社概要

会社名: 高橋石油株式会社

所在地: 香川県高松市三条町50番地の3

設立 : 1951年8月10日

代表 : 代表取締役 高橋 勲(※正しくは「はしごだか」です)

URL  : https://www.takahashi-energie.co.jp/