IT・ネットワーク コンピュータ その他ライフスタイル ライフスタイル

【勉強・スキルアップ方法】Webデザイン(ウェブデザイン)系のHow-to記事を配信中!おうち時間を有効に使おう

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、外出を控えてご自宅で過ごされている方や、休日を家でどう過ごそうか悩んでいる方が多いのではないでしょうか。こういう時だからこそ、家にいる時間を有効活用し、未来の自分のためになる新しいことへの挑戦や、スキルアップに向けた勉強をスタートしてみませんか?

Webデザイン(ウェブデザイン)の勉強・スキルアップ方法まとめ

Webデザインの勉強やスキルアップ方法に関するさまざまな情報を取り上げています。Webデザイナーを目指している方やWebデザインに興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。

Webデザインを学んで「Webデザイナー」になろう!

Webデザイナーってどんな仕事?

Webデザイナーとは、依頼されたWebサイトのデザインを担当する職業です。クライアントがイメージするWebサイトデザインを具現化することが、Webデザイナーの役割です。
日本においてはWebデザインスキルを持つ人材として定義されることの多い職業ですが、海外ではWebデザインスキルだけでなく、プログラミング、SEO(検索エンジン最適化)やアクセス解析のスキルを持っていることが一般的です。そのため、日本と海外のWebデザイナーは年収に差があります。
Webデザイナーを名乗る上で必須となる資格はありませんが、スキルや知識をアピールできる資格として、「Webクリエイター能力認定試験」「HTML5プロフェッショナル認定資格」「ウェブデザイン技能検定」などがあります。

「Webディレクター」「Webプロデューサー」にキャリアアップも!

WebデザイナーとしてWeb業界でキャリアをスタートさせた方も、スキルを身に付ければWeb制作の全体的なマネジメントを担う「Webディレクター」、Webプロジェクトの責任者である「Webプロデューサー」にステップアップできます。
WebディレクターやWebプロデューサーになるためには特別な資格は不要ですが、「Web検定 Webディレクター試験」「Webアナリスト検定」「Webクリエイター能力認定試験」「ネットマーケティング検定」などの資格を持っていると有利です。 営業力、スケジュール管理能力、チーム全体のマネジメント能力といった現場のスキルを培うとともに、このような資格の取得を検討しておくと良いでしょう。
(続きは以下の記事より閲覧できます)

インターネット・アカデミー公式YouTubeチャンネル

ITスキルを身につけたい、勉強をしてみたい、就職や在宅、副業など希望のキャリアをかなえたい方へ、グラフィックソフトのIllustratorやPhotoshopの操作方法、コーディングやプログラミングについての書き方などを紹介していきます。コロナに負けず、誰よりも「おうち時間」を有効に活用していきましょう!

インターネット・アカデミーについて

インターネット・アカデミーは日本で初めてのWeb専門校として、1995年10月に開校しました。以来、母体がWeb制作会社であるという強みと、トライアングルビジネスモデルに基づいたグループ企業との連携を活かし、即戦力となる人材の育成に取り組んでいます。また、2000年にWeb技術の標準化を行う世界最高位の団体「W3C(World Wide Web Consortium)」のメンバーとして日本の教育機関で初めて認定を受け、世界的な最先端技術の普及活動にも貢献しています。