IT・ネットワーク コンピュータ その他ライフスタイル テクノロジー ライフスタイル

施設の混雑・空き情報を配信できるサービス『ネコの目システムMIKE』9月15日に無償提供開始

様々な施設の混雑・空き情報が確認できるポータルサイト「ネコの目.com」を運営するリプライス株式会社(所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜、代表取締役:永井 佑)は、新型コロナウイルスの感染拡大で「新しい生活様式」の実践による「密」の回避が呼び掛けられるなか、利用者が安心して施設を利用できる社会環境を作りを目指すために、あらゆる施設が無料で簡単に混雑状況を配信できるサービス『ネコの目システムMIKE』を2020年9月15日にリリースいたします。

混雑情報配信操作画面

<サービス内容>

新型コロナウイルス感染拡大の予防を目的とし、施設側でインターネットに接続できる端末(PCやスマホ・タブレット等)から各施設ごとの専用URLにログインして、「空いている」「混んでいる」「入場規制中」「準備中」の選択肢から現在の状況に合わせてワンクリックの簡単操作を行うことで、Webサイト上にリアルタイムの混雑状況を配信します。

その他に、利用状況(〇〇人待ち/〇〇分待ち/〇〇番まで)をテンキーで数字を入力することも可能なため、順番整理としての利用にも対応しています。

更新された混雑・空き情報はリプライス株式会社が運営する「混雑・空き」情報ポータルサイト『ネコの目.com』( https://www.neconome.com )に掲載され、いつでもどこでも施設の状況をチェックできるようになります。

また、『ネコの目.com』に掲載された混雑状況ページを施設のホームページにリンクすることで、直接施設ホームページを見に来た利用者への周知も可能となります。

ブラウザを表示できるモニタを施設側でご用意していただくと、施設入口に混雑状況や「入場規制中」「準備中」等を表示することも可能です。

外からでは状況を確認できない施設や広い施設での混雑状況も見える化できるようになり、利便性の向上に繋がります。

利用者は、施設ホームページと『ネコの目.com』( https://www.neconome.com )で混雑状況を確認することで混雑を回避でき、空いているタイミングで快適に施設を利用できるようになります。

施設側は集客支援の一環として、混雑状況がわからず行くことをためらっている利用者に「空いている」情報を提供することで、安心・快適に利用できる施設として呼び込みが可能となります。

本サービスは、2021年3月末まで初期費用・月額費用ともに無料で利用が可能です。

リプライス株式会社のホームページ( https://www.riprice.co.jp/ )よりお申込みいただけます。

<今後の展開について>

リプライス株式会社では、更なる地域活性化への貢献を進める為、官公庁・医療機関・金融機関等公共性の高い施設や、民間サービス業含め幅広く混雑・空き情報を収集し、あらゆる施設の「混雑・空き情報」が分かる社会づくりを行います。

<会社概要>

商号  : リプライス株式会社

代表者 : 代表取締役 永井 佑

所在地 : 神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目22番地9

設立  : 2001年(平成13年)4月2日

事業内容: 「ネコの目.com」の運営

URL   : https://www.riprice.co.jp/