エンタメ ライフスタイル 生活用品・生活雑貨 社会・政治・経済 趣味・娯楽

Porsche Design、新作スポーツ・クロノ・コレクションを発表 全国の取扱店にて9月より販売開始

~ポルシェ・パナメーラに装備されるPorsche Design社製造のクロックを手首にも~

株式会社ノーブルスタイリング(本社:東京都目黒区、代表取締役:葛西 憲道)は、新しいポルシェ・パナメーラに標準装備されるポルシェ・デザイン製クロックをリストウォッチとして再現した新作、「スポーツ・クロノ・コレクション」を2020年9月より販売開始いたします。

サブセコンド ブラック・ダイアル

ポルシェ・デザインは、新しいポルシェ・パナメーラでさらに活性化します。新しいポルシェ・パナメーラには、これまでオプションで装備していたスポーツ・クロノ・パッケージが標準装備となり、装備内容にポルシェ・デザインのクロックが含まれます。これによりパフォーマンスを重視する方は、毎秒の個人別記録時間を監視できます。このクロックは高品質のメタル製ダイアルで、セラミック製のインデックス、自社製の針が備わっています。特別に開発されたライティング・テクノロジーのおかげで、時間は高品質の高級腕時計のように表示され、光量が乏しい状態や暗闇でも完璧な視認性を保証します。車のインテリア用として設計されたポルシェ・デザイン・クロックに加えて、ポルシェ・デザイン社は腕時計のSport Chrono(スポーツ・クロノ)コレクションを発表します。

クロノグラフとスモールセコンド付きの「3針モデル」を含む新作は、クラシックなデザインが特徴で、マテリアル、スポーツカーの構造における典型的なパフォーマンス特性を兼ね備えています。自動巻きのクロノグラフは、COSC認定済みのポルシェ・デザイン・キャリバー WERK 01.100を搭載しています。一方、3つのバリエーションで構成される、Sport Chrono Subsecond(スポーツ・クロノ・サブセコンド)には、自社開発の新しいポルシェ・デザイン・キャリバー WERK 03.200が搭載されており、正確さの証明であるCOSCも取得済みです。ダッシュボードの機器同様、自動巻きムーブメントは、6時位置のスモールセコンドにスポットライトを当て、ポルシェ・デザインのウォッチメイキングにおける専門知識を再びハイライトし、ポルシェ・ブランドの顧客や友人に、スポーツカーに搭載された機能を手首に纏うという機会を提供します。

■BACK TO THE ROOTS – ルーツに立ち返る

初めにスポーツカーがありました。これは、ポルシェ・デザインのクロノグラフ Iの進化に当てはまります。ポルシェ911のダッシュボードの機器に触発され誕生した象徴的な時計は、1972年のデビュー後、急速に世界的な成功を収めました。必要最小限にまで抑えられたマットブラックのダイアルは伝説的であり、今日に至るまで業界の手本となっています。真っ白なインデックスと針のおかげで、いつでもどの角度からでも簡単に時刻を読み取ることができました。タコメーターを模したセンターの赤いクロノグラフ秒針は、同時にスポーツカーのコックピットからインスピレーションを得たものでした。そぎ落とされたデザインはギミックではなく、“調和の取れたデザインとは、その基礎となる機能に起因する、最上級の設計”という企業理念による論理的な結果とみなされました。これがフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ教授の哲学でした。

■Porsche Sport Chrono Package:Easy to read in every second

 ポルシェ スポーツ・クロノ・パッケージ:いかなる時も読み取りやすく

伝説のポルシェ911が最初に発売されたとき、ダッシュボードの5つの計器の中には電動時計が備えられていました。2000年代初頭、ポルシェはダッシュボード上部中央に目立つように配置された機器を追加しました。最初はラップタイムを表示していましたが、エンジンとシャーシのコンポーネント、および排気システムのためのさらに多くの制御機能が提供できるよう継続的に改良されました。いわゆる「スポーツ・クロノ・パッケージ」の一部として、クロックはクラシックな3針ではなく、デジタル表示とシングルハンドの機器でした。新しいスポーツ・クロノ・パッケージとポルシェ・デザインのサブセコンド・モデルにより、スポーツカーに非常に正確な高級リストウォッチのフォルムをもった完璧な視認性に優れる機器を組み合わせるというビジョンが現実のものとなりました。それが、新しいポルシェ・パナメーラで初めて標準装備された電動クロックです。工房にてアセンブルされた、ラジアルカットされたハイエンドのメタル製ダイアル、スーパールミノーバ・コーティングされたセラミック製インデックス、メタル製の針を特徴とするクロックです。特別に開発された入射光に関するテクノロジーとの組み合わせにより、ポルシェ・デザイン・ウォッチの特性が車の内装に反映されています。つまり、どのタイミング、どの角度からでも時刻を読み取りやすいということです。

■Porsche Design Sport Chrono Subsecond:Big time for small seconds

 ポルシェ・デザイン スポーツ・クロノ・サブセコンド

拡張版スポーツ・クロノ・パッケージの発表に伴い、クロノグラフと6時位置にスモールセコンドを備えた3つの「スリーハンズ・モデル」を含む、新しいスポーツ・クロノ・コレクションのリストウォッチが発表されました。Sport Chrono Subsecond(スポーツ・クロノ・サブセコンド)はCOSC認定済み、新開発の自社製ポルシェ・デザイン・キャリバーWERK 03.200を搭載しています。チタニウム製ケースに、ブラック、ブルーまたはブラウンのダイアルを搭載した3つのバリエーションがあり、コンパクトなデザインだけではなく、チタニウムのケースも魅力的です。ポルシェ・デザインの特徴であるチタニウムは、非常に頑丈、特に軽量であるのでとても快適に着用できます。防水性は100mです。

同じことが、ポルシェ・デザイン・キャリバー WERK 01.100を搭載した自動巻きクロノグラフにも当てはまります。サブセコンドのモデルは、クローズド・ケースバックですが、クロノグラフでは、サファイア・クリスタル製のケースバックが採用されています。高品質のデザインと、ポルシェ・デザイン・アイコンを備えたローターを、ケースバックを通して見ることができます。その他のポルシェ・デザイン・ウォッチと同様、7重のハード・コーティングを施した反射防止サファイア・クリスタル、ポルシェの純正レザーで作られた高品質なレザー・ストラップ、セーフティ・プッシュボタン付きのチタニウム製フォールディング・バックルを備えています。

新しいポルシェ・デザイン スポーツ・クロノ・コレクションの各モデルは、3ハンズのスポーツ・クロノ・サブセコンドが、¥650,000.-(税別)、クロノグラフが¥850,000.-(税別)で、9月より全国のPorsche Design取扱店にて入手することができます。

■Porsche Design(ポルシェ・デザイン)について

1963年、Ferdinand Alexandre Porsche(フェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ)教授は、現代史上最も象徴的なデザイン・オブジェクトのひとつであるポルシェ911を創りだしました。ポルシェの原則と神話を自動車の世界を越えるというビジョンの元、1972年、高級ライフスタイル・ブランド ポルシェ・デザインを設立しました。彼の哲学とデザイン言語は、今日でもすべてのポルシェ・デザイン プロダクトに見ることができます。あらゆるポルシェ・デザイン製品は、高度な技術革新による非常に優れた精度と完璧性を誇り、インテリジェントな機能とピュアなデザインをシームレスに融合させています。

オーストリアのStudio F.A. Porsche(スタジオ F.A.ポルシェ)で創作されたプロダクトは、130以上のポルシェ・デザイン・ストア、ハイエンドの百貨店、時計専門店、公式オンラインストアにより、世界中で販売されています。

■テクニカル・インフォメーション

https://www.atpress.ne.jp/releases/225688/att_225688_2.pdf

■会社概要

名称   : 株式会社ノーブルスタイリング

本社所在地: 東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京 1F

設立   : 2004年7月1日

資本金  : 2,600万円

代表者  : 代表取締役 葛西 憲道

URL    : http://www.noblestyling.com