IT・ネットワーク コンピュータ その他ライフスタイル ライフスタイル

【メディア向け】コロナ禍の労働問題を世の中に広めるため、コロナ解雇の被害に遭った組合員をマスコミ関係者に紹介しています!

コロナ失業に遭った方のリアルな声、労働問題について社会に広めていただけませんか?

みんなのユニオンは、スマホ1つで入脱退ができる無料オンライン労働組合です。コロナ禍で解雇や雇い止めをされる方が6.3万人を超えたいま、日本が抱える労働問題を社会に広めていただけませんか?当ユニオンに相談をお寄せいただいた、コロナによる解雇、雇い止め、内定取り消しをされた方をそのためにご紹介しています。

コロナ解雇で製造業・飲食業が1万人超失業!

厚労省は10月6日に、コロナ解雇が6.3万人を超えたことを発表しました。

業種別に見ると、すでにコロナ失業者1万人を超えていた製造業に続き、飲食業も1万人を超えました。

Go Toトラベルキャンペーンに東京都も参加となり、観光地に人の姿が戻ってきていますが、労働問題に目を向けてみると失業者のあまりの多さに恐怖を覚えます。

「明日は我が身……」

言い過ぎだと思われるかもしれませんが、

「突如として解雇を言い渡された」

「コロナによる経営悪化を理由に雇い止めを通告された」

これらの声は、実際に当ユニオンに寄せられているのです。また、多くの方が「まさか解雇と言われるなんて!」と驚きやショックを受けていました。

いまや、正規雇用の方でも簡単に「解雇」を通告されています。しかし、実際に解雇をするには要件を満たす必要があり、それが満たされていない解雇は違法で、いわゆる「不当解雇」です。

当ユニオンに寄せられる「解雇」のほとんどが「不当解雇」であり、これは日本が抱える「労働問題」でもあります。

解雇は安易にできない?労働問題の悪循環

なぜ不当解雇が多く起こっているのかというと、それは会社側の解雇に関する知識、ひいては、労働に関する知識が乏しいからです。

コロナ解雇は、いわゆる整理解雇(会社の経営の悪化により、従業員を解雇すること)が行なわれます。

「コロナのせいで売り上げ下がったから解雇しよ~」

と軽い気持ちで解雇をしている会社が多いですが、整理解雇をするには4つの要件を満たす必要があります。
それは、
①人員削減の必要性がある
②解雇を回避する努力が尽くされている
③人選が適切である
④事前に協議・説明が尽くされている
の4つです。

これを満たしていない整理解雇は違法となり、無効です。

①に関しては、解雇をしているのに求人を出している、新たな人を雇っているなどをしていれば、満たされているとはいえません。

また、②に関しては、政府が会社の救済措置で行なった雇用調整助成金の利用をしていない、役員報酬を減額していない、などがあれば、要件を満たしていないことになります。

これらのことを知らない会社が多いため、不当解雇が横行し、路頭に迷う失業者が増加しているのです。

しかも、会社だけでなく働く方々も解雇の要件について知っている方は少ないです。そのため、解雇を通告されたとき「コロナだから仕方がない」と受け入れ、不当な解雇にも関わらず明日からの生活の不安を自分一人で抱え込まなくてはなりません。

不当な解雇は、労働組合など然るべきところに相談できます。相談後、事案によっては解決金や復職の請求をすることができるかもしれないのです。

不当解雇が存在すること。

相談をすれば解決金や復職請求をできるかもしれないこと。

それはすなわち、不当解雇に泣き寝入りせず、明日からの生活を確保することに繋がります。

この事実を、まだまだ知らない方が大勢いらっしゃいます。このことを周知しなければ、会社は不当解雇を繰り返し、働く方は不当解雇に泣き寝入りするだけの悪循環が生まれるでしょう。

そうならないために、当ユニオンは実際にコロナ解雇や雇い止めにあった方を取材したい方にご紹介し、この大きな労働問題を日本全体に広めていただきたいと思っています。

コロナ解雇、雇い止めを受けた組合員のリアルな声

下記は、当ユニオンに寄せられたコロナ関連のご相談内容の一例です。

【ご相談内容の一例】
・経営悪化によるコロナ解雇
・経営悪化で退職勧奨をされ、それを拒否したところ解雇
・コロナの影響で休業中に解雇
・体調不良で解雇

しかも、コロナで存分に働けなかった方の勤務態度に難癖をつけ解雇するなどの、「コロナ便乗解雇」の相談も寄せられています。

詳細は下記の記事をご覧ください。

このような「コロナ解雇、雇い止めを受けたリアルな働く方の声」を日本中にお届けすることにより、コロナ解雇の実情、日本の労働問題を広く認知させることができると考えています。

そのため、コロナ禍の労働問題について取材をしている方、コロナ失業者をお探しの方は、ぜひ当ユニオンまでご連絡ください。

コロナ禍で浮き彫りになった労働問題について世間に広めていただければ幸いです!

みんなのユニオンの活動とは?

みんなのユニオンでは、主に2つの活動を行なっています。
①職場環境にお悩みの働く方から依頼を受け、ユニオン名義で会社に調査と是正を要求する通知書を無料送付する活動
②不当な解雇、雇い止め、内定取り消し、セクハラに関する無料相談を受け付けする活動

②では、事案にもよりますが、ご依頼をいただき団体交渉に進みます。そこで、会社に対し解決金や復職を請求していくことになります。

フローは下記の画像をご覧ください。

当ユニオンはスマホ1つで加入ができるため、全国各地、さまざまな業種の方が組合員になっています。
当ユニオンは2月に発足し、通知書の送付総件数は138件、うちコロナ関連は29件。
また、5月から始めた無料相談の総相談件数は606件、うちコロナ関連は236件となっています。
(※いずれも9月末時点での件数)

組合員数もユニオン発足から約7か月で1000人を突破し、10/9時点では1087人!

多くの方にご利用いただいている「みんなのユニオン」について、ぜひもっと詳しく知っていただきたいと思います!

無料オンライン労働組合のみんなのユニオンを、引き続きよろしくお願いします!

お問い合わせ

【みんなのユニオン】
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし

ホームページ:https://uaas.jp/
メールアドレス:info@uaas.jp
電話番号:0120-984-406
(24時間365日受付:※休日夜間は受付専用となります)
担当者:杉山