その他ライフスタイル ライフスタイル

【新商品】10月9日より世界35か国で使用されている睡眠中の赤ちゃんを見守る体動センサ『ベビーセンスホーム』を販売開始

胎児超音波心音計「エンジェルサウンズ」や、「パルスオキシメータ」等の医療機器製品を扱う株式会社ちゃいなび (本社:神奈川県川崎市、代表取締役:相馬 喜代子)は、睡眠中の赤ちゃんの体動をモニタリングする体動センサ『ベビーセンスホーム』を、2020年10月9日から各オンラインショップにて通常販売開始いたしました。


【ベビーセンスホームとは】

ベビーセンスホームとは、睡眠中の赤ちゃんの動きをセンサーパッドが検知してモニタリングし、体動が検知できないときや体動が少ないときにアラームで周りに知らせる乳児向け体動センサです。睡眠中の赤ちゃんは、嘔吐やうつぶせ寝による窒息、睡眠中に予兆なく突然呼吸が止まる乳幼児突然死症候群(SIDS)など多くの危険と隣り合わせです。厚生労働省が発表した政府統計の資料によると、令和元年の0歳児の死因第4位は乳幼児突然死症候群と、高い割合で睡眠中の死亡事故が発生していることがわかります。しかし、両親や保育者が不安を感じていたとしても、赤ちゃんが眠っている間ずっと見守り続けることはできません。そこで、そうした不安を少しでも和らげるため、睡眠中の赤ちゃんをモニタリングして異変に気付きやすくする、乳児向け体動センサ「ベビーセンスホーム」の取り扱いを開始いたしました。

※「ベビーセンスホーム」は呼吸ではなく体動をモニタリングする商品です。窒息や乳幼児突然死症候群(SIDS)を予防または治療する商品ではありません。

【世界35か国の赤ちゃんを見守る】
1991年に世界で初めての非接触型体動センサとして生まれてから、世界35か国で販売され続け、現在も年間100万人以上の赤ちゃんを見守っています。日本、ヨーロッパ、イスラエル、オーストラリアなどでは医療施設や保育施設でも採用され、その実績を認められています。

【製品の特徴】


1. 赤ちゃんの体動をモニタリング
高感度センサーパッドがマットレスを介して赤ちゃんのごくわずかな体動を検知し、モニタリングします。体動が20秒間検知されない場合、または1分間に10回以下になった場合にアラーム音と光で周りに知らせます。万が一のとき、より早く異変に気付くことができるので安心です。
2. かんたん操作
本体と繋いだセンサーパッドをマットレスの下に敷き、本体のスイッチを入れるだけでモニタリングが開始されます。また、マットレスの下に敷くタイプなので、一度セットしてしまえば毎日セットする手間もかかりません。
3. 成長に合わせて調整可能
新生児期からハイハイが始まるまではセンサーパッド1枚、ハイハイが始まりよく動くようになったら2枚と成長に合わせてセンサーパッドの枚数で調整することができます。

【販売サイト】
下記サイトにて、2020年10月9日より販売開始いたしました。

ちゃいなびOnline Shop            :https://chinavi-shop.jp/shopdetail/000000000172/
ちゃいなびYahoo!店              :https://store.shopping.yahoo.co.jp/chinavi/babysense-home.html
『医療機器と育児グッズのちゃいなび』au PAYマーケット店 :https://wowma.jp/item/470377698

【製品概要】


販売名      :ベビーセンスホーム
医療機器認証番号 :13B3X10222001002
サイズ      :《コントロールユニット》80 x 36 x 135mm
          《センサーパネル》φ216mm
電源       :単三形アルカリ乾電池 4本 (別売)
対象年齢     :0ヶ月~1歳頃
通常販売価格   :税込31,849円
製造販売元    :ベビーセンスジャパン合同会社

【会社概要】
企業名      : 株式会社ちゃいなび
代表者      : 代表取締役 相馬 喜代子
所在地      : 〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町11-27 メットライフ川崎ビル6F
設立       : 2013年11月
事業内容     : ベビー・マタニティ用品の企画・販売、家庭用医療機器の企画・販売
高度管理医療機器等販売業許可番号:第715282号
URL       : https://chinavi.co.jp/