エンタメ スポーツ その他ライフスタイル ライフスタイル 社会・政治・経済

水上のステージで繰り広げられる「日本文化×アート」の新感覚パフォーマンス キャナルアートモーメント品川2020~Art Empowerment~2020年10月10日(土)・11日(日)開催

品川区は2020年10月10日(土)・11日(日)プレミアムライブイベント『キャナルアートモーメント品川2020~Art Empowerment~』を実施いたします。今回は会場にお越しいただかなくても楽しんでいただけるよう、公式ホームページ内で360°VRを駆使した無料ライブ配信を実施します。区民はもちろん、日本中そして世界中の方が迫力あるステージをご自宅でお楽しみいただけます。

キャナルアートモーメント品川2020 メインビジュアル

★リオパラリンピック閉会式で魅せた日本の芸術 感動をもう一度

今回のイベントに出演する大前光市氏は、4年前のリオデジャネイロパラリンピックの閉会式で世界中を熱狂させたダンサーであり、しながわ2020スポーツ大使として東京2020大会を盛り上げるために区内の様々なイベントにも参加いただいております。

今回、4年前からさらにパワーアップしたダンスを、最新技術による演出で華麗に彩ったここでしか観ることのできないステージで披露します。

また、大前氏の現代的なダンスと共に、「大井権現太鼓保存会」による和太鼓演奏、花柳輔太朗氏演出による「日本舞踊パフォーマンス」など、日本の今昔伝統芸能の融合を演出します。

★品川区オリンピック・パラリンピック準備課長 コメント

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)は2021年に延期となり、日本も全体的に閉塞的な空気が漂っています。

しかし、そんな今だからこそ、品川区オリンピック・パラリンピック準備課は、東京2020大会開会式予定日であった7月23日に「オリンピック・パラリンピック1年前どうしようか会議」をオンラインイベントとして開催し、選手、競技関係者、区民の方々と、“今後に向けてそれぞれ何ができるか”を議論しました。

東京2020大会はスポーツの祭典であると同時に、文化の祭典でもあります。

今回のキャナルアートモーメントでは、東京2020大会会場に近い品川区の運河沿いのアートのまち天王洲から、日本文化の素晴らしさを“世界中に”発信したいと考え、オンラインでの360°VRを駆使した無料ライブ配信など、新たな取り組みにもチャレンジすることにいたしました。

品川区では、こういった活動が一年後だけでなく、先の未来につながっていくものだと考えています。今後も様々な取り組みを通じて、東京2020大会に対する機運を高めるとともに、先の未来を考えるきっかけを作りだしていきます。

品川区オリンピック・パラリンピック準備課 辻課長

★開催概要

日時:2020年10月10日(土)・11日(日)18:00~20:00(10日のみ、開会式17:45より予定)

会場:天王洲キャナルイースト(東京都品川区東品川2丁目/天王洲アイル第三水辺広場周辺)

※詳細は、イベントHPをご覧ください。 https://canal-art-moment.com/

★プログラム概要

10月10日(土)

17:45~18:00 開会式

18:00~18:30 オープニング+大井権現太鼓保存会(和太鼓パフォーマンス)

18:50~19:10 大前光市(コンテンポラリーダンス)

19:20~20:00 日本舞踊水上パフォーマンス(演出:花柳輔太朗 出演:松尾芸能振興財団 他)

10月11日(日)

18:00~18:30 オープニング+大井権現太鼓保存会(和太鼓パフォーマンス)

18:50~19:10 大前光市(コンテンポラリーダンス)

19:20~20:00 日本舞踊水上パフォーマンス(演出:花柳輔太朗 出演:松尾芸能振興財団 他)