その他ライフスタイル ライフスタイル

より手軽に、より深く“進化”する鉄道模型シリーズ 1/80スケールプラスティック製ディスプレイモデル『T-Evolution』第2弾『クモル145形+クル144形2輌セット』3製品を10月28日新発売

時計、貴金属、模型の製造・販売をおこなう株式会社天賞堂(本社:東京都中央区、代表:新本桂司)は、1/80スケールのプラスティック製ディスプレイモデル『T-Evolution(ティー・エボリューション)』シリーズより、101系電車を改造し製作された新性能配給電車『クモル145形+クル144形2輌セット』を、2020年10月28日に新発売いたします。


■周年記念で開発された手軽な新しい鉄道模型
『T-Evolution』は、2019年に天賞堂が創業140周年、鉄道模型部門が70周年を迎えることを記念して、「より手軽に、より深く」をコンセプトに進化する鉄道模型として開発した新しい鉄道模型です。
鉄道模型の入門編としても購入しやすい低価格でありながら、分解も容易にできるため、別売りの走行化パーツキットや、『コアレス パワートラック』でカスタマイズすれば、ディスプレイモデルから走行可能な車輛に仕上げられます。1/80スケールは、パーツやアクセサリーが多数あるため、さまざまな楽しみ方が可能となります。昨年、第1弾として発売した車輛基地や工場へ入出場する車輛をけん引する事業用直流電車『クモヤ145形』は、手ごろな価格と手持ちの車輛をけん引させる楽しさなどから、人気の品となっています。

■第2弾は さらに自由自在にカスタマイズを
今回発売する『クモル145形+クル144形2輌セット』は、国鉄時代に誕生した配給電車です。戦前から使用していた老朽化の進んだ配給電車を置き換え、首都圏に配属された車輛は各線区で運用できるように、ATSに加えATCも設置されていました。車体には屋根がない荷台があり、車輛基地と車輛工場の間を車輪やモーターなどの部品を輸送する車輛です。現在もJR西日本に残る1編成と、国鉄タイプ、国鉄タイプ・ユニット窓枠無塗装の3タイプを発売します。荷台の差異や、クモル145形の荷台には主電動機の点検蓋なども再現されています。

さらに、第1弾商品を発売した際に要望の多かった昇降可能な汎用パンタグラフもオプションとして別売りするため、『T-Evolution』の魅力のひとつである自由自在なカスタマイズもより楽しんでいただけます。
トラックのような荷台に、模型用のパーツ類を載せるだけでも雰囲気を醸し出せるかもしれません。サードパーティーから、この配給電車の積荷キットも発売になる予定です。

今後『T-Evolution』シリーズでは、今回の第2弾に続いて2020年末には、『東急電鉄 7200系』を発売予定で、以降、順次人気車輛を製品化する予定です。

【株式会社天賞堂  代表取締役社長  新本桂司 コメント】
『T-Evolution』シリーズは、手軽にリーズナブルに16番ゲージを始めてもらえる新しい可能性を広げた鉄道模型です。手を加えればさまざまな楽しみも広がります。
天賞堂は昨年創業140周年を迎えました。天賞堂の鉄道模型の主軸である16番ゲージは長年、ほぼ職人が作る真鍮製品のみでしたが、現在はプラスティックやダイキャスト製のモデルも加わっています。また、リアルなサウンドが楽しめるカンタム・システムなどもあり、今回第2弾を発売する『T-Evolution』とともに、より多くの方に多様な楽しさを提供していきたいと考えております。
ステイホームが推奨されて新しい生活様式が求められる今、『T-Evolution』でそれぞれの楽しみ方を見つけていただければと思います。
天賞堂はこれからものノウハウを結集してお客様からのご要望をアイデアに、新たなチャレンジを続けてまいります。

【製品概要】
発売日 :2020年10月28日
価格 :各7,800円(税別)
サイズ :1/80スケール 16.5mmゲージ
素材 :プラスティック
販売場所 :天賞堂 銀座本店(鉄道模型)、みなとみらい店、オンラインストア他、全国の天賞堂製品取扱店
製品名・車輛について:
クモル145形+クル144形 国鉄タイプ
クモル145形+クル144形は、1979年から1981年までに16編成32輌が落成しました。国鉄分割民営化後はJR東日本に10編成、JR西日本に6編成が引き継がれましたが、大半の車両は大きな変化はなく、そのままの形態で使用されました。
*車号・配置区・保安装置標記のインレタ付属

クモル145形+クル144形 国鉄タイプ ユニット窓枠無塗装
広島・幡生の両工場で改造された車両は、控えの座席部分にある2段ユニットサッシの枠が未塗装のアルミ地のままで出場しました。
*車号・配置区・保安装置標記のインレタ付属

クモル145形+クル144形 (JR西日本)
JR西日本のクモル145形の一部は、主電動機をMT46A(100kW)からMT52(120kW)に換装し、車号が原番+1000となりました。外観ではHゴムが黒色です。模型は標記類印刷済みで、現在も吹田総合車両所京都支所配置のクモル145-1015・クル144-15です。


【オプションパーツ】
 コアレスパワートラック 26P(Φ10.5プレート車輪)   2,800円(税別)
 T-Evolution用走行化パーツキット(Φ10.5プレート車輪) 1輌分 1,200円(税別)
 PS16形パンタグラフ2個セット(T-Evolution対応) 3,200円(税別)※2020年12月発売予定


【店舗概要】
天賞堂 鉄道模型 銀座本店
 所在地:東京都中央区銀座3-8-12 大広朝日ビル4F TEL.03-3562-0025
 アクセス:東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 A12出口 徒歩1分
      東銀座駅 A7・A8出口 徒歩2~3分
 取扱商品:鉄道模型

天賞堂 銀座本店
 所在地:東京都中央区銀座6-9-3 銀座AKビル7F TEL.03-6264-5156
     ※本社屋建て替え中につき、仮店舗にて営業中です。
 アクセス:東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 A1出口 徒歩2分
 取扱商品:腕時計、ジュエリー、革製品

【天賞堂について】
天賞堂は明治12年(1879年)に銀座尾張町に印房店として開店しました。2019年で140周年を迎え、創業以来、銀座の老舗としての歴史を刻んでいます。2019年3月にビル建て替えのために閉店した銀座本店に代わり、新たに銀座に時計、宝飾の店舗と、鉄道模型の仮店舗をオープンしています。天賞堂のシンボルでもあるエンジェル像は、時計、宝飾の仮店舗に設置しています。

【会社概要】
 会社名 :株式会社 天賞堂
 本社所在地 :東京都中央区銀座8-5-6 中島商事ビル5F
 ホームページ :http://www.tenshodo.co.jp/
 事業内容 :時計、貴金属、模型の製造・販売
 創業 :1879年(明治12年)
 代表 :代表取締役   新本桂司
 資本金 :1,500万円