その他ライフスタイル ビジネス ライフスタイル 経営情報

【新聞解説】俳優 伊藤健太郎氏のひき逃げ事件についてアトム法律事務所の弁護士が解説

「日刊ゲンダイ 11月5日号」で、俳優 伊藤健太郎氏のひき逃げ事件について弁護士が解説しました。

アトム法律事務所弁護士法人(第二東京弁護士会、代表社員:岡野武志)は、交通事故、刑事事件、借金問題などを専門に扱う弁護士事務所です。ひき逃げ事件についても、多くの実績があります。
今回の「日刊ゲンダイ」では、アトム法律事務所代表の岡野弁護士が、事故を起こしてしまった場合の救護義務・報告義務、取調べのアドバイスなどについて弁護士の立場から解説しました。

事件の概要

伊藤氏は10月28日夕方、都内で乗用車を運転中に2人乗りのバイクに衝突し、そのまま現場から立ち去ったとして29日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕されました。翌30日朝、送致されましたが、同日夜に釈放されました。

刑事弁護士による解説

ひき逃げの罰則は以下のとおりです。

▼救護義務違反(道交法第72条第1項前段)
10年以下の懲役または100万円以下の罰金(同法第117条第2項、死傷事故が運転者の運転に起因する場合)

▼報告義務違反(同法第72条第1項後段)
3月以下の懲役または5万円以下の罰金(同法第119条第10項)

▼過失運転致傷
7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金(自動車運転処罰法第5条)

これらが併合されると(刑法第45条)、重い方の罪の1.5倍が適用され(同法第47条)15年以下の懲役となります。

ひき逃げは、事故現場から何メートル以上離れたから、あるいは何秒間以上戻らなかったらなるというものではありません。
いったん現場を離れても、戻ってくれば情状酌量されるケースもあります。

アトム法律事務所とは

アトム法律事務所は、2008年に東京永田町に設立された、交通事故、刑事事件、借金問題などを取り扱う全国7事務所体制(グループ11事務所)の弁護士法人です。
「予測ができず、突然生じるトラブルである」「皆が大丈夫と思いながら、誰もが巻き込まれる可能性がある」事件に即座に対応し、ご依頼者様の悩みを解決するために年中無休24時間体制で活動を続けています。
名称:アトム法律事務所弁護士法人
所属:第二東京弁護士会
代表:弁護士 岡野武志
設立:2008年9月3日
弁護士数:15名
本社:東京都千代田区永田町1-11-28合人社東京永田町ビル9階
事務所:永田町、新宿、埼玉大宮、横浜、名古屋、大阪、福岡(グループ事務所:市川、千葉、北千住、神戸)

お問い合わせはこちら

アトム法律事務所ホームページ:https://atomfirm.com/
メールアドレス:info@atombengo.com
電話番号:03-5532-1810
担当者:原