ビューティ ライフスタイル 健康・ヘルスケア 医療・福祉・介護 教育

外出自粛の孤独な妊婦さんが危ない!妊婦とお腹の赤ちゃんを元気にする相談室開始

腰痛やつわりなどの妊婦の身体の不調を1999年から延べ8万人近く解決してきたJCC阿佐ヶ谷整体院(院長: 吉田和広、住所:東京都杉並区阿佐谷北2-2-2 阿佐ヶ谷2丁目ビル3階)のもとへ、新型コロナウイルスの感染拡大で外出が難しい妊婦からの相談や来院が年初に比べ5倍と急増しています。ご相談に応えるため、妊婦さんの腰痛・つわりなど出産や子育てについて、何でも相談できる(病院で解決しなかった)マタニティーお悩み相談室を11月10日から開始しました。

 

【原因は「外出自粛」「人に会えない」ことによる心と身体の運動不足】

JCC阿佐ヶ谷整体院では今年の7月以降、妊婦の方の腰痛やつわりに関するご相談や来院が5倍(年初の2名/月から10名/月)に急増しています。感染拡大で移動を伴う里帰り出産が難しくなり、家族が面会や出産の立ち会いをできなくなった妊婦さんは、外出の機会が少なくなり身体を動かさないため足の筋肉が落ち、出産時の息む力が少なくなります。すると陣痛が長時間に及ぶ傾向になり、出産に耐えられなくなるリスクがあります。また、妊婦さんはお腹が大きくなることで腰の筋肉が緊張して腰痛になりがちです。歩かなくなることで背筋や頸部の筋力が落ち、つわりが起きやすくなります。つわりが強く長期間続くと食事が摂れないばかりか水すら飲めなくなる方もおり、体力が落ちてお腹の子供が育たなくなるとリスクもあるのです。

 

【妊婦さんの悩みをひたすら聞き応える】

コロナ禍の自粛中から多い妊婦さんお問い合わせは、1. 腰痛や手首や背中の痛みがあるのですが見ていただけますか?(レントゲン撮影ができないため整形外科ではほとんどの場合湿布を処方するのみ)、2.小さな子供を連れて行ってもいいですか?(子連れでいける院が少ない)、3.お腹が大きいとどこの施術所に問い合わせても断られるが大丈夫ですか?(妊婦さんを扱う鍼灸・整骨院・マッサージ院・整体院が少ない)、等といった妊婦さん特有の身体の痛みや妊娠や出産に関するお悩みのご相談に応じています。整体院の多くは妊婦さんを触って事故やトラブルが起きるのを嫌がったり、器具やノウハウ・技術がなかったりと受け入れ体制整っていない為、妊婦さんに寄り添った体制の当院への問い合わせが多くなっています。

 

【マタニティお悩み相談室開始】

(病院で解決しなかった)マタニティお悩み相談室:妊婦さんの身体の痛みや、妊娠や出産に関する精神的またお身体のお悩み相談に、電話やオンライン(Zoom)で応じます。

14:00-15:00 月火木金 年末年始祝祭日は除く。

お申し込みはこちらから https://jcc-a.com/contact           

 

妊婦の方専用の整体コースを用意しています。このコースを受ける方も年初から5倍に増えています。

商品名:《マタニティ整体》

60分 4,800円《妊娠中のつわりや腰痛でお困りの方の為のコース》

サービス概要:妊娠中でお困りの様々な症状をヒヤリングし、原因や問題箇所の検査をします。状態に基づいて腰痛の場合は、お腹の部分を凹ませることのできる骨盤矯正専用台にうつ伏せの状態で寝て頂き、骨盤の捻れ・固着・歪みを矯正します。

つわりの方の場合、頸椎・頭蓋骨を中心に調整を行い、頸部から出る自律神経の神経圧迫を解放することで辛いつわりからの解放を目指します。

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000473985/staff/W000466150/

 

【今後の展開:妊婦さんに寄り添い続ける】

コロナ禍で外出自粛が続く中、妊産さんは里帰り出産を控えたり、

出産する医療機関の変更を余儀なくされたりするなど、身体的、精神的に不安定になりがちです。

そうした中、当院への妊婦の方からのご相談は今後も増えると予想されます。

当院ではコロナ禍での妊婦さんの状況や対応などについて、マスコミの方の取材を随時お受けしております。是非一度お問い合わせ下さい。

 

【会社概要】

会社名 :(株)自然医療研究所 JCC阿佐ヶ谷整体院

本社  :東京都杉並区阿佐谷北2-2-2 阿佐ヶ谷2丁目ビル3階

事業内容: 整骨院及び整体

URL   : https://jcc-a.com