エンタメ その他ライフスタイル ライフスタイル 社会・政治・経済 趣味・娯楽

京阪電車マナーポスター「電車のマナー in Japan」第3弾を12月1日(火)から掲出します

~ホームや車内でのマナーを侍のイラストでご紹介~

 京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:中野道夫)では、電車内でのマナー向上を呼びかけるマナーポスター「電車のマナー in Japan」シリーズを4月から展開しており、12月1日(火)から第3弾を掲出します。

 本シリーズでは、京阪カラーの袴をはいた侍がホームや車内でのマナーを啓発する様子を二言語でユーモラスに表現することで、マナー向上を呼びかけます。

 マナーのテーマは当社で実施した「お客さまアンケート」の結果をもとに選定しており、第3弾は「整列乗車」「荷物の置き方」「車内での会話」におけるワンシーンを描いています。

 また、これまで同様、ポスターと連動した動画を駅構内の旅客案内ディスプレイで配信するほか、当社ホームページにも掲出します。 

 当社では、今後もマナーポスターをはじめ、車内放送など様々な機会を通じて、マナーへのご理解とご協力を呼びかけ、快適な駅や車内環境の実現に努めていきます。

マナーポスターの概要は別紙のとおりです。

12月~3月掲出ポスター

 

(別紙)

 1.シリーズタイトル    電車のマナー in Japan

 

2.掲出場所    

<ポスター>

・車内ドア上横(サイズ:縦150mm×横530mm)

※該当枠のない車両は対象外

<動画>

・各駅の旅客案内ディスプレイ

・京阪電車ホームページ

https://www.keihan.co.jp/traffic/safety/poster/manners/

 

3.掲出枚数    1テーマにつき約1,000枚

 

4.掲出時期・テーマ    

第1弾: 4月~ 7月掲出「駆け込み乗車・座席の座り方・座席の譲り合い」

第2弾: 8月~11月掲出「割り込み乗車・車内での立ち位置・荷物の持ち方」

第3弾:12月~ 3月掲出「整列乗車・荷物の置き方・車内での会話」

 車内掲出イメージ  

旅客案内ディスプレイ掲出イメージ

以上