IT・ネットワーク コンピュータ その他ライフスタイル ライフスタイル

【コロナ解雇でテレビ出演!】TBSテレビ「グッドラック」でみんなのユニオン執行委員・岡野と組合員のインタビューが放送されました!

TBSテレビ「グッドラック」でみんなのユニオン執行委員の岡野と組合員のインタビューが放送されました

コロナ解雇・雇い止めをされた方が7万1000人を超え、雇用の面で世間はますます暗い影を落としています。このたび、11月17日(火)に放送されたTBSテレビ「グッドラック」でも、コロナ解雇について取り上げられました。その中で、みんなのユニオンの執行委員である岡野武志と、コロナ解雇をされた組合員のインタビューが放送されました。

コロナ解雇の危惧は来年以降も!収まらないコロナの猛威

厚生労働省は11月17日に、11月13日時点でコロナ解雇・雇い止めが7万1000人を超えたと発表しました。

11月6日時点で7万242人という数字を厚生労働省が発表していたため、わずか1週間で約800人も増加したことになります。

11月18日には、東京都の新規感染者数が493人と過去最多の人数を記録しました。寒くなってきて換気の頻度が減ったり、空気が乾燥したりすることにより、コロナの感染リスクも高まっています。そのような中で、コロナに関連した失業者が増加していくことは、医療・雇用・生活の面で危機を感じることでしょう。

当ユニオンの組合員にも、コロナ解雇に遭い苦しい思いをしている方がいます。

このたび、その組合員と当ユニオンの執行委員である岡野武志が、TBSテレビ「グッドラック」の取材を受け、11月17日にテレビで放送されました。

放送の中で執行委員の岡野が下記のように話しています。

病気のまん延と経済の傾きというのがどうしても時差が生じるので、解雇・雇い止めの相談は来年以降さらにペースが増えるのではないかと考えています(2020年11月17日放送TBSテレビ「グッドラック」内より)

コロナ解雇の中には、不当解雇も多く存在しています。しかし、言い渡された解雇を不当だと気付かず、「コロナだから仕方ない」と泣き寝入りしてしまっている方も多いです。

その方々に、「不当解雇に泣き寝入りしないで済む、頼れる場所がある」ということを知ってもらい、ぜひこのコロナ禍の中を前向きな気持ちで次のステップに進んでいただきたいと思っています。

安心・信頼のみんなのユニオンの活動実績!

みんなのユニオンは2020年2月に発足し、職場環境の悩みを無料&匿名で企業に通知できる通知書送付活動を開始。5月からは、不当な解雇、雇い止め、内定取消に関して無料相談の受け付けも始めました。

現在は上記に加えセクハラに関しても無料相談を受け付けており、11月18日現在、相談件数は800件を超えました。

コロナの影響による経営悪化で整理解雇や雇い止めもあれば、気に入らないからという社長の身勝手な理由で解雇、壮絶なパワハラをされた挙句に解雇、という事案もあります。

【解決事案一例】

判例などの専門知識と、数々の交渉経験を背景に労使双方が納得できる交渉を実現している専門家が在籍しておりますので、組合員には安心してご利用いただいております。

活動実績が多いだけでなく、ユニオンの特徴にも、多くの方から選ばれる理由があります。

【特徴】
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし

組合費が無料であることや、面倒くさい組合活動の参加義務がないことも「だから選んだ」と、組合員に喜ばれる理由です。

全国どこからでも加入できるので、さまざまな会社や雇用形態の社員が組合員になっています。

年末、そして来年になってもまだまだ増えていきそうなコロナ解雇・雇い止め。

それに泣き寝入りする人が1人でもいなくなるように、当ユニオンは日々全力で活動していきます。そのために、より多くの方に「みんなのユニオン」の存在を知っていただきたいと思います。

お問い合わせ

【みんなのユニオン】
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし

ホームページ:https://uaas.jp/
メールアドレス:info@uaas.jp
電話番号:0120-984-406
(24時間365日受付)
担当者:杉山