社会 社会・政治・経済

福井県敦賀YEGと意見交換 ~創立40周年の今、観光などの課題解決を敦賀市へ政策提言~

日本商工会議所青年部(以下日本YEG/田中暢之会長・各務原商工会議所青年部所属)は、各地の商工会議所青年部(以下YEG)が抱える悩みや、各地のさまざまな取組や事例等に関する意見交換会として、全国各地のYEGを訪問しています。
2019年8月21日(水)、敦賀商工会議所青年部(以下敦賀YEG/大島昇治会長)を訪問しました。

敦賀YEG木内会長は、「。敦賀の地域経済の発展は、シベリア鉄道への航路開通から始まり、原子力発電所の開設、そして北陸新幹線延伸という、3度目の産業構造転換期を迎える。敦賀YEGは、今年度創立40周年を迎えることから、観光に関する提言を中心に40周年記念式典で敦賀市長と手交したいと考えている。また、敦賀YEGは女性会員が多く、茂原YEGの女性会員拡大の成功事例を参考に、今後さらに女性会員を増やしていきたい。」と話してくれました。

日本YEG田中会長は、「令和2度全国大会は、福井県で開催する予定です。その時に敦賀市への提言活動がどれくらい実を結んだか教えていただくことを楽しみにしている。」と話しました。

【商工会議所青年部(YEGとは)】
商工会議所青年部は、次代の地域経済を担う青年経済人の相互研鑽の場として、また、資質の向上と会員相互の交流を通じて、自企業の発展と豊かな地域経済社会を築くことを目的としています。
「YEG」とは、商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group=若き企業家集団)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,Generalistを表しています。
2019年5月現在、日本YEGに加入の青年部は418カ所を数え、その会員数は34,000名を超えます。YEGでは、地域の経済的発展の支えとなるべく、全国各地でのコンベンションの開催、地域からの要望や意見を集約し提言を行う活動、経営課題を解決するための事業、講演会・セミナーなどの研修事業、国際的な交流活動などを行っています。