その他ライフスタイル ライフスタイル

横浜のモノ・コトを贈るソーシャルギフト「はまポン」サービス開始。CIAL桜木町とのコラボ企画もスタート!


横浜DMC(YDMS株式会社 横浜市中区:代表取締役社長 山村哲郎)は、横浜観光コンベンション・ビューローの助成事業「令和2年度 横浜クリエーションスクラム助成事業」に採択された「横浜ソーシャルギフト はまポン」のサービスを2021年1月15日(金)からスタートいたしました。
「はまポン」とは、スマートフォンの画面に表示された金券に電子スタンプを押して店頭の支払いに使用できるデジタル商品券で、専用のウェブサイト( https://www.yokohamagift.com )からオンラインで購入することができます。
「はまポン」の加盟店は横浜中華街・野毛・吉田町・元町・石川町・伊勢佐木町・馬車道・みなとみらいなど、老舗飲食店から有名物販店、人気観光施設まで幅広く取り揃えております。

2021年2月22日からは商業施設(CIAL桜木町)においてデジタルプレミアムチケット「CIALポン」の発行・販売を行います。(展開WEBサイト https://yokohamagift.com/cial/
コロナ禍で大きな打撃を受けている横浜の観光事業者や飲食店等を活性化させる事を目的としており、地域経済の活性化する新たなシステムとして同サービスの浸透普及を進めています。

福利厚生サービス「横浜市勤労者福祉共済(ハマふれんど)」の50周年企画では会員様向けに割引販売(3,000円→1,500円)をいたしました。900名の応募があり同3月1日より本格的な利用開始を予定しています。
今後は「多彩な交通+ローカルフード」などユニークなパッケージ商品を造成し当面はマイクロツーリズムの活性化に力を入れて参ります。