その他ライフスタイル ライフスタイル

ソフトテニス 「東京インドア2021ドリームマッチ」第1回を2月14日に実施しました

株式会社ルーセント(本社:千葉県柏市、代表取締役社長:中野吉広)は2021年2月14日(日)、中止となった「ルーセントカップ 第61回東京インドア 全日本ソフトテニス大会」(東京インドア)出場予定選手が対決する「東京インドア2021ドリームマッチ」2試合を開催しました。

第1試合 林田和樹・柴田章平(ヨネックス)3-(5) 安藤優作・松本倫旺(東京ガス)
安藤・松本ペアがファーストゲームを先取すると、林田・柴田ペアが2ゲーム目を取り戻し拮抗した展開に。その後、安藤選手がストロークで崩して松本選手がボレーを決めるというコンビネーションが上手く機能し、安藤・松本がゲームカウント2-4とリードします。林田・柴田は、キレ味鋭い林田選手のシュートボールと柴田選手のスマッシュを中心にしたネットプレーで3-4まで挽回するも、安藤・松本の勢いは止められず、(5)-3で安藤・松本ペアの勝利となりました。
(左写真上:林田・柴田ペア/下:安藤・松本ペア)

第2試合 徳川愛実・黑木瑠璃華(ヨネックス)1-(5) 片野理音・島津佳那(東京女子体育大学)
緩急をつけた片野選手のストローク、深いところまで追う島津選手のネットプレーで、片野・島津が2ゲーム連取。3ゲーム目は徳川選手のフットワークを活かした粘りで徳川・黑木が奪います。その後は再び片野選手のパッシングや島津選手のボレーが決まり、片野・島津が再び2ゲーム連取してゲームカウント1-4とします。追い込まれながらも攻め続けた徳川・黑木でしたが、最後は島津選手のボレーが決まり、(5)-1で片野・島津ペアの勝利となりました。
(右写真上:徳川・黑木ペア/下:片野・島津ペア)

試合は無観客で行い、その模様はルーセントのYouTubeチャンネル「ルーセントTV」において、無料ライブ配信でお届けしました。アーカイブ配信がありますので、見逃した方はぜひご覧いただければと思います。

次回「東京インドア2021ドリームマッチ」第2回の対戦内容、実施時期は2月末または3月頭の土日で調整中です。決定次第、ルーセントの各種SNSでお知らせします。

ルーセントTVはコチラ。https://www.youtube.com/channel/UCWi0A4tSu8T0nrYcFkGqIRg
アーカイブ配信はコチラ。https://youtu.be/7_IfW_Pilic

また、今回安藤・松本ペアと片野・島津ペアが着用していたウェアは、ルーセントとソフトテニス漫画『顧問など!』(作:しのと)とのコラボウェアです。通販サイト「LUCENT WEB STORE」で販売中です。
『顧問など!』コラボ -榊原高校男子ソフトテニス部- Uni ゲームシャツ
https://lucent-goods.shop-pro.jp/?pid=157407035
『顧問など!』コラボ -榊原高校女子ソフトテニス部- Ladies ゲームシャツ
https://lucent-goods.shop-pro.jp/?pid=157407038

<東京インドア2021ドリームマッチとは>
東京インドアが中止になってしまったため、楽しみにしていたファンに向けて、せめて出場予定の選手らによる試合を実施しよう! という想いで始まった企画。試合が決まり次第、ルーセントのSNSでお知らせします!! ルーセントはコロナ禍のなかでも、「スポーツコミュニティの活性化を通して日本中の『元気』を応援します」をスローガンに、スポーツの素晴らしさを伝えていきます。

<ルーセントカップ 第61回東京インドア 全日本ソフトテニス大会とは>
東京インドアは60年の伝統を誇る、国内最大規模のソフトテニスの大会です。例年、その年の主要な大会で優秀な成績を残した選手から選抜していましたが、2020年度は選抜対象大会が開催されておらず、出場選手を史上初のファン投票で決めておりました。出場予定選手は下記を予定していました。主催は東京都ソフトテニス連盟、株式会社ルーセントは特別協賛を予定していました。

■東京インドア2021 男子出場予定選手たち
船水颯人・上松俊貴(ヨネックス・早稲田大学)
林田和樹・柴田章平(ヨネックス)
森田祐哉・工藤浩輔(KEI SPORTS)
船水雄太・九島一馬(AAS Management・ミズノ)
増田健人・品川貴紀(和歌山県庁・福井県庁)
安藤優作・松本倫旺(東京ガス)

■東京インドア2021 女子出場予定選手たち
林田リコ・島津佳那(東京女子体育大学)
伊藤佳奈・渡邉絵美菜(KEI SPORTS・ヨネックス)
志牟田智美・泉谷朋香(東芝姫路)
高橋乃綾・半谷美咲(どんぐり北広島)
徳川愛実・黑木瑠璃華(ヨネックス)
笠井佑樹・芝崎百香(ナガセケンコー)

【会社概要】
会社名:株式会社ルーセント
所在地:〒277-0872 千葉県柏市十余二348番地
代表者:代表取締役社長 中野 吉広

ルーセントが創業期に製造したソフトテニス専用ボール「アカエム」から、日本のソフトテニスの歴史は始まりました。以来、130年以上「アカエム」を作り続けており、まさにソフトテニスに寄り添ってきた企業といえます。「ルーセント」ブランドは1991年に立ち上がり、2021年は設立30周年となります。東京インドアは第1回からスポンサーを務めており、その他にもソフトテニス業界を盛り上げるため、さまざまなイベントを主催・協賛しています。

URL:https://lucent-sports.com/
Twitter:https://twitter.com/LUCENT_JP
Facebook:https://www.facebook.com/lucent.jp
LINE:https://lin.ee/b3GxpkR
事業内容:オリジナルブランド「ルーセント」「アカエム」の製造・販売、スポーツ用品・用具の販売、スポーツ施設工事、テニスクラブの再生運営

本リリースのお問い合わせ先
東京インドア2021ドリームマッチ担当
Mail:info-post@lucent-corp.com