IT・ネットワーク ビューティ モバイル ライフスタイル 健康・ヘルスケア 医療・福祉・介護

東和薬品とバンダイナムコ研究所による服薬支援ツールの実証実験用プロトタイプが完成

 東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:吉田逸郎、以下「東和薬品」)と、株式会社バンダイナムコ研究所(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中谷始、以下「バンダイナムコ研究所」)は、患者さんの服薬アドヒアランス向上および残薬の解消に貢献することを目指し、2020年1月から服薬支援ツールの共同開発をおこなってまいりました。このたび、実証実験用プロトタイプが完成しましたのでお知らせいたします。

 

 実証実験用プロトタイプの開発にあたり、東和薬品は服薬アドヒアランスの低下につながる要因や情報などから服薬支援ツールの立案や制作の推進を、バンダイナムコ研究所はゲームメソッドを考慮した企画やデザイン業務などをおこなってまいりました。

 

 本プロトタイプは、患者さんが服薬に対して意識し、自発的に服薬行動を起こさせる仕組みとしてゲームメソッド機能を実装しています。このゲームメソッド機能により服薬に対するモチベーションが向上し、飲み忘れや自己判断による服薬の中断などを防ぐ効果が期待できます。また、薬剤師による患者さんの服薬期間中のフォローアップに対応するための機能なども実装しています。

 今後、本プロトタイプを用いた実証実験を実施し、2021年度内のリリースに向けてツールの改良・改善をおこないます。

 

 

 

<東和薬品株式会社について>

 東和薬品は、患者さんの経済的負担や国の財政負担の軽減に貢献するジェネリック医薬品の普及に向け、研究開発・製造・販売を行うジェネリック医薬品の総合メーカーです。また、「人々の健康に貢献する」という企業理念のもと、「健康の維持」や「病気になる前の状態(未病、MCIなど)を健康な状態に戻す・または悪化させない」といった健康に関する取り組みをおこなっています。今回の取り組みが患者さんの健康維持に役立てるよう開発を目指してまいります。

 詳細は(https://www.towayakuhin.co.jp/)をご参照ください。

 

<株式会社バンダイナムコ研究所について>

 バンダイナムコ研究所は、バンダイナムコグループの研究開発専門企業として、最先端技術の研究開発を起点に「Creating Entertainment Innovation!~エンターテインメントの新しい価値を創出する~」をミッションに掲げ2019年4月に設立しました。これまでエンターテインメントの研究・開発で培ってきた経験や知見を最大限に活かし、世界中のイノベーターと積極的に共創を行うことで、『今までにない新しいアソビやエンターテインメント』を生み出していきます。

 詳細は(https://www.bandainamco-mirai.com/)をご参照ください。