IT・ネットワーク エンタメ コンピュータ その他エンタメ

市川海老蔵 主演・総合演出 没入型ライブエンターテインメント 『EBIZO THEATER NPO法人設立記念公演 「Earth & Human」 by 1→10』が大成功のうちに幕 見逃し配信を2月23日(火)23時59分まで実施

視聴チケットは同日2月23日(火)の22時まで購入可能

XRやAI等の先端技術で社会課題の解決に取り組む“近未来クリエイティブ集団”株式会社ワントゥーテン(本社:京都府京都市、代表:澤邊芳明)は、歌舞伎俳優の市川海老蔵が主演・総合演出し2月20日(土)に盛況を収めた『EBIZO THEATER(エビゾウ シアター)NPO法人設立記念公演「Earth & Human(アース アンド ヒューマン)」 by 1→10(ワントゥーテン)』(以下、本公演)の見逃し配信を2月23日(火)23時59分まで実施、視聴チケットを同日2月23日(火)22時まで購入可能です。なお、本公演は、「文化芸術収益力強化事業」に採択された文化庁委託事業です。

≪最新トレーラームービー≫

≪EBIZO THEATER NPO法人設立記念公演「Earth & Human」by 1→10 公式サイト≫

公演の場面写真

市川海老蔵のリアルなパフォーマンスとデジタル仮想世界が融ける

2018年に東京・銀座の歌舞伎座で上演された『「歌舞伎座百三十年 七月大歌舞伎」夜の部「通し狂言 源氏物語」』で、歌舞伎としては初となる「イマーシブプロジェクション」で伝統芸能の新しい形を作り上げた市川海老蔵とワントゥーテンが、三年後となる今回、新たな演目を披露しました。
本公演は、伝統的な舞踊「三番叟(さんばそう)※1」から着想を得た演目を、最先端の映像撮影技術で圧倒的映像美をともなった没入型ライブエンターテインメントへアップデートしたものです。舞踊を披露する生身の市川海老蔵を取り囲む100台を超える4Kカメラと画像処理技術によって、撮影からほぼ同時に3次元データを生成、高精細CGで立体的に創られた仮想空間の中にデジタル変換された市川海老蔵を再現し合成します。リアルなパフォーマンスとデジタル仮想世界が融合した映像を生配信いたしました。

NPO法人設立記念公演

本公演は、持続可能な地球環境の実現を目指して活動するNPO法人「Earth & Human」の設立を記念したもので、「荒廃した大地が、三番叟の舞によって、樹木や花々の生い茂る自然豊かな大地へと蘇る。」という「Earth & Human」の活動を象徴するストーリーとなっています。
長野県山ノ内町・志賀高原での植樹活動「ABMORI(エビモリ)」など、かねてより美しい自然環境を次世代へ引き継ぐ活動へ取り組んできた市川海老蔵が、NPO法人「Earth & Human」の代表理事を務めます。
NPO法人「Earth & Human」では、皆さまからの寄附を募集しております。
詳しくは、寄付募集サイトでご確認ください。
https://congrant.com/project/earthandhuman/2597

概要

公演名:EBIZO THEATER NPO法人設立記念公演「Earth & Human」 by 1→10
視聴価格: 2,000円(税込)
見逃し配信期間:2021年2月20日(土)リアルタイム配信終了後~2月23日(火)23:59まで
出演:第1部「Earth & Human」by 1→10  主演・総合演出 市川海老蔵
   第2部 アフタートーク  市川海老蔵、インタビュアー澤邊芳明
音楽 :川井憲次
主催・映像演出:株式会社ワントゥーテン
協力:Canon「ボリュメトリックビデオスタジオ‐川崎」 https://global.canon/ja/vvs/
    NPO法人「Earth & Human」
公式サイト:https://earthandhuman.1-10.com
コピーライト:© 1→10, Inc.

文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」
文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」
チケット発売中:各配信サイトにて、ご購入頂けます。
 ◆U-NEXT( https://t.unext.jp/r/ebizo-ichikawa
 ◆LINE LIVE-VIEWING(https://ticket.line.me/sp/ebizo-theater)※投げ銭機能あり
 ◆ぴあ(https://w.pia.jp/t/earthandhuman)※投げ銭機能あり
 ◆GYAO!(https://yahoo.jp/Ob5W2p
 ◆ローチケ(https://l-tike.com/play/mevent/?mid=564854)※投げ銭機能あり
チケット購入時に、販売や決済方法による手数料が別途かかる場合があります。各チケット販売サイトでよくご確認ください。また、視聴チケットの購入方法、視聴方法の詳細については、各チケット販売サイトにてご確認下さい。
※1 三番叟(さんばそう)
「三番叟」は、正月の仕初め式、新築劇場の開場式など、おめでたい節目で上演されることの多い、日本の伝統芸能を象徴する演目のひとつ。地固めをするような力強い足拍子、鈴を振って種を撒く所作などで農事が表現され、五穀豊穣や子孫繁栄、天下泰平の願いを込めて舞われる。

市川海老蔵

十二世市川團十郎の長男として生まれる。1983年歌舞伎座『源氏物語』の“春宮”で初お目見得。1985年歌舞伎座『外郎売』の“貴甘坊”を勤め七代目市川新之助を名乗り初舞台。
2004年歌舞伎座にて市川海老蔵を襲名。
日本の伝統芸能を次世代に伝えるべく、自主公演にも力を入れている。また国外では、パリ国立シャイヨー宮劇場にて十一代目市川海老蔵襲名披露公演を果たし、近年ではシンガポール、アラブ首長国連邦, ニューヨーク・カーネギーホールにて出演する。
2007年にローレンス・オリビエ賞にノミネート、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。
映像の世界では、2014年に映画「利休にたずねよ」で、第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞している。
また2015年より東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会文化・教育委員会委員を務めている。

株式会社ワントゥーテン

最先端テクノロジーを軸に、AI技術を駆使した新サービスの開発や、プロジェクションマッピング・XRなどを活用した商業施設やイベントのデジタル演出などを行っている近未来クリエイティブ集団。羽田イノベーションシティの体験型商業施設「羽田出島|DEJIMA by 1→10」、前橋市にオープンした知育エンターテインメント施設「ENNICHI by 1→10」、夜の旧芝離宮恩賜庭園や名古屋城でのライトアップイベントなど、日本伝統文化をアップデートする「ジャパネスクプロジェクト」や、パラスポーツとテクノロジーを組み合わせた新しいスポーツエンタテインメントの「CYBER SPORTSプロジェクト」などを展開。
また、市川海老蔵氏主演の「歌舞伎座百三十年 七月大歌舞伎 夜の部 『通し狂言 源氏物語』」でのイマーシブ(没入型)プロジェクションや柔道金メダル3連覇の野村忠宏氏と阿部一二三選手、阿部詩選手との柔道イベントでのプロジェクションマッピング演出なども行っている。
https://www.1-10.com/