テクノロジー 住宅・不動産 社会・政治・経済

報告を怠ると法律違反!管理組合・オーナーが把握すべき建築基準法セミナー【動画】

建築基準法で「点検・報告が義務付けられたマンションの見分け方」、
誤解されやすい「外壁全面打診調査」について解説した無料動画セミナーを配信

マンション等の大規模修繕工事を手がける株式会社ヨコソーは、マンションをはじめとした建物の適正管理と資産価値維持に繋がる、建築基準法で義務付けられた“定期報告制度”対象マンションの見分け方と、対象マンションが実施しなければならない調査について解説した動画セミナーの配信を開始します。

実施しないと法律違反!マンションは「特定建築物」に含まれる?知らないではすまされない建築基準法の定期報告制度

セミナータイトル:

実施しないと法律違反!マンションは「特定建築物」に含まれる?知らないではすまされない建築基準法の定期報告制度

>>視聴・お申込みはこちらから<<

https://fzgb.f.msgs.jp/webapp/form/22287_fzgb_93/index.do

■『定期報告制度』は法律で定められた制度であり、報告をしないと法律違反になる

『定期報告制度』とは、建築物を安全に保つために建築基準法で定められている制度です。建築物を適正に管理、点検調査および報告がされていないと、思わぬ事故や災害が発生する恐れがあるのみならず、法律違反で罰則処分となる可能性もあるため、必ず実施する必要があります。

株式会社ヨコソーでは、『定期報告制度』についてマンション管理組合様や管理会社様からお問合せをいただき、建物の点検や外壁打診調査も実施しております。その中でお客様が疑問になられていたポイントや、勘違いされている部分が多かった内容について今回の動画セミナーで解説をしています。

【動画セミナー概要】

定期報告制度について

外壁全面打診の例

■内容

・特定建築物とは?マンションも該当するのか?

・定期報告制度とは?マンションはどの部分が調査対象となるのか?

・定期報告制度の内容と管理組合様に必ず確認いただきたいポイントについて

・間違いやすい外壁全面打診調査の内容と調査方法について

・全面打診調査をしなければいけない場合としなくても良い場合の例

■このような方におすすめ

・マンションが「定期報告制度」の対象となる場合があることをご存じではなかった方

・対象となる「特定建築物」や「定期報告制度」の内容について知りたい方

・マンション管理組合として取り組む際のポイントを確認したい方

・お住まいのマンションの適正管理、資産価値維持に関心がある理事や修繕委員会の方

※同業企業様等からのお申込みはお断りさせていただいておりますことをご了承ください

■講師

当社に所属している一級建築士および長期修繕計画の作成業務に従事する“修繕のスペシャリスト”が解説します。

小野寺 健

価値ある修繕のスペシャリスト

小野寺 健/Takeshi ONODERA

株式会社ヨコソー 技術支援責任者(技術品質・積算部門執行役員)

一級建築士・1級建築施工管理技士・1級土木施工管理技士・監理技術者

現場代理人として数多くのマンション管理組合様の大規模修繕工事を担当。現在はその知識・経験・ノウハウをヨコソー全体に浸透させ、お客様への品質提供のより一層の向上を担うため、技術支援責任者の立場で全工事に携わる。一級建築士事務所の建築士として長期修繕計画の作成業務にも従事する。

■視聴方法

実施しないと法律違反!マンションは「特定建築物」に含まれる?知らないではすまされない建築基準法の定期報告制度

>>視聴・お申込みはこちらから<<

https://fzgb.f.msgs.jp/webapp/form/22287_fzgb_93/index.do

【過去配信セミナーもご覧いただけます】

第1回『資産価値に差がつく!大規模修繕工事の事前準備セミナー』はこちらから

https://fzgb.f.msgs.jp/webapp/form/22287_fzgb_54/index.do

第2回『早めの見直しで資産価値を守る!事例で分かる長期修繕計画』はこちらから

https://fzgb.f.msgs.jp/webapp/form/22287_fzgb_53/index.do

●株式会社ヨコソーについて

株式会社ヨコソー

1908年創業。110年以上の歴史と、マンション大規模修繕工事では17万戸以上の修繕実績・ノウハウを保有。外壁や屋上、エントランスといったマンション共用部の大規模修繕工事をおこなっている有力企業への調査をした「マンション大規模修繕売上ランキング(リフォーム産業新聞_20210125発行1442号1面)」では全体の9番目にランクイン。

ヨコソーの商品である「現場での工事」を最重視し、自分たちの五感で確かめながら真心のこもった安心安全な工事のご提供をもとに事業展開し、当たり前のことを“しっかり・真面目に・誠実に”やり続ける姿勢をヨコソーイズムとし、これらを脈々と受け継いで成長を持続的なものとしている。現在は1都3県に6拠点を構え、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に事業を展開中。