その他ライフスタイル ライフスタイル

「THE世界大学ランキング日本版2021」発表

総合ランキング(千葉県私大)2位 国際性ランキング(千葉県)5年連続 1位

麗澤大学(千葉県柏市/学長:徳永澄憲)は、英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」を運営するTES Global社の世界大学ランキング日本版において、総合ランキング(千葉県私大)で2位、国際性ランキング(千葉県)で1位を獲得、全国で18位にランキング入りする高評価をいただきました。

本学は同ランキングが始まった2017年より5年連続で国際性分野において県内1位となりました。
総合ランキングは昨年度の151-200位から大きく順位を上げた111-120位となり、これは千葉県内の私立大学で2位(全国私立大学では33位)の評価です。

今回発表された「日本版」は各大学から提供されたデータやベネッセが実施するテストやアンケートの結果を活用するなどし、「教育力」が測られました。

以下が各分野における本学の順位です。


各分野における本学の順位一覧
各分野における本学の順位一覧
本学が高く評価された国際性の分野は「外国人学生比率」「外国人教育比率」「日本人学生の留学比率」「外国語で行われている講座の比率」などを根拠に算出されており、 ランキング付けされます。

本学は設立以来、心豊かな人間性、国際社会に貢献できる人材育成をめざし、昭和40年代後半より留学生の受け入れを開始しました。
コロナ禍の2020年度においても、留学生と交流しながら日本での生活をサポートする“Conversation Partnership”のオンライン実施や「COIL:オンライン国際協働学習」、海外協定校へのオンライン留学など、社会情勢に合わせ、「小規模」であるという本学の強みを活かした、今だからこそできる新たなオンラインという形で国際交流を実施しました。

【徳永澄憲 (とくなが すみのり)学長コメント】

本学がTHE世界大学ランキング日本版(千葉県私大)で高い評価を受けているのは、多くの皆様のご支援と教職員及び学生・卒業生の成果の賜物であり、皆様に心から御礼申し上げます。新型コロナウイルス感染症の拡大により、依然として海外留学などの国際的な教育・研究活動を行うことが厳しい状況ですが、新たにオンライン留学・国際協働学習などを実施すると共に、ひとりでも多くの学生がまた世界へ飛び出すことができるよう引き続きサポートしていきます。今後も、世界に、海外に、より近い大学であり続け、世界と地域に貢献する「品格あるGlobal Leader」を育成してまいります。

麗澤大学 校舎
麗澤大学 校舎

【麗澤大学について】

麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園を開設しています。また留学生の受け入れも積極的に行っており、キャンパスには世界約30の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。