エンタメ その他ライフスタイル ライフスタイル 旅行・レジャー

【奥入瀬渓流ホテル】~根びらきをイメージしたオリジナルスイーツが新たに加わります~約1ヵ月しか見られない特別な景色を満喫する「春の根びらきさんぽ」実施|開催期間:2021年5月7日~24日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、2021年5月7日~24日の期間、約1ヵ月しか見られない特別な景色を満喫する「春の根びらきさんぽ」を実施します。幹の周りの雪が丸く溶ける現象「根びらき」と、新緑を同時に見られるブナ林を散策するアクティビティです。根びらきをイメージしたオリジナルスイーツも加わり、この時期にしか体験できない魅力を満喫できます。

青森に春を告げる現象「根びらき」

本州最北端に位置する青森県では、5月頃に木々が芽吹き、春を迎えます。その頃の森で見られるのが、幹の周りの雪が丸く溶ける現象「根びらき」です。これは、太陽の熱で温められた幹が、その周りの雪を溶かすために起こります。北国の人々は、根びらきを農作業を始める目安にし、春の訪れを告げるものとして親しんできました。当ホテルから車で20分ほどの場所に広がるブナ林では、根びらきと新緑が同時に見られます。約1ヵ月間しか見られないこの景色を間近で見ていただきたく、当アクティビティを考案しました。

特徴

1 根びらきの森をネイチャーガイドと共に散策


雪の上に落ちる芽鱗
雪の上に落ちる芽鱗

ブナ林
ブナ林

ブナの産毛
ブナの産毛

日に照らされ輝く芽吹き
日に照らされ輝く芽吹き

ブナの赤ちゃん
ブナの赤ちゃん

木漏れ日で輝くブナ林
木漏れ日で輝くブナ林
当アクティビティにはネイチャーガイドが同行し、根びらきが起こる理由や、春の山の見どころを解説します。この時期のブナ林は、美しい芽吹きの世界が広がり、分厚い雪の絨毯から植物の芽が愛らしく顔を出し始めています。このエリアは、例年12月下旬から4月上旬まで、厳しい積雪の影響で通行止めになるため、森の植物たちは長い間雪に守られています。
車を止めその森へ足を踏み入れてみると、雪が残る春の爽やかな空気、雪解けと新緑が相まって美しく輝く森が広がっています。下を見渡せば、長い冬の間、冬芽(とうが)を守る役割を果たした芽鱗(がりん)(*1)が白い雪の上に儚く落ち、上を向けば、儚くも見えた芽鱗に感謝するかのように、美しく芽吹いたブナの葉が森を優しく包み込んでいます。芽吹いたばかりのブナの葉は、淡く優しい萌黄色(もえぎいろ)(*2)で、よく見るとシルクのように繊細な産毛が生え見事な美しさです。かたい雪と新緑が太陽を浴びた湿潤な空気の中、芽が伸びるように深呼吸をするもよし、背伸びをするもよし。車で流し見していたら気づく事の出来なかった森のストーリーに出会う旅へ、ネイチャーガイドが案内します。
*1 葉または花になる芽を覆って保護するうろこ状の小片。
*2 鮮やかな黄緑色系統の色。春に萌え出る草の芽をあらわす色で、英語色名の春野の緑を意味する。

2 ユニークな見た目の「根びらきスイーツ」

散策後には、根びらきをイメージしたオリジナルスイーツを館内で楽しめます。グラスの底から、レモンと柚子のシャーベット、苺と紅茶のジュレ、生クリームと3層になっている爽やかなスイーツです。仕上げに抹茶パウダーで芽吹きを、メレンゲスティックとパートブリック(*3)で根びらきを表現しました。春らしい爽やかな甘さと合わせ、見た目も楽しめる一品です。
*3 小麦粉、卵、牛乳等で作ったごく薄い生地。

「春の根びらきさんぽ」概要

期間      :2021年5月7日~24日
料金      :1名 5,000 円(税別)
含まれるもの  :ホテルと開催場所間の送迎、ブナ林のガイド付アクティビティ、根びらきスイーツ
予約      :ホームページ([https://www.oirase-keiryuu.jp/]{https://www.oirase-keiryuu.jp/})にて1週間前までに予約
場所      :八甲田山のブナ二次林
時間      :13:00~15:30
定員      :6名
最少催行人数  :1名
対象      :宿泊者(2歳以上)
備考      :荒天時はプログラムが中止になる場合があります。
時期により、開催場所が変更になる場合があります。

奥入瀬渓流ホテルで楽しむ季節の「さんぽ」シリーズ


春のタマゴケさんぽ(4月下旬)
春のタマゴケさんぽ(4月下旬)

気になるきのこさんぽ(9月〜10月上旬)
気になるきのこさんぽ(9月〜10月上旬)
当ホテルでは、奥入瀬渓流周辺の自然を気軽に楽しめるよう、「さんぽ」と題したアクティティを実施しています。春は、緑色の風船のような見た目の苔を見に行く「春のタマゴケさんぽ」、秋はきのこの不思議な世界を観察する「気になるきのこさんぽ」など、季節ごとの自然が楽しめます。

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所、全客室に除菌用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)
【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
関連資料:[【星野リゾート】コロナ対策まとめ]{https://drive.google.com/drive/folders/1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル。渓流が目の前に広がる露天風呂や岡本太郎作の巨大暖炉が印象的なロビーが癒しの空間を醸し出します。「渓流スローライフ」をコンセプトに心から満たされる滞在を演出します。
青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231/客室数187室
[https://www.oirase-keiryuu.jp/]{https://www.oirase-keiryuu.jp/}