その他ライフスタイル ビジネス ビューティ ライフスタイル 健康・ヘルスケア 経営情報

日本予防医薬の『マルチビタミン&ミネラル』が21種類の栄養素配合でリニューアル!2021年4月より発売

~コロナ時代のいま脚光を浴びる「ビタミンD」を増量~

総医研ホールディングスの100%出資会社である日本予防医薬株式会社(所在地:大阪府豊中市、代表:石神 賢太郎)は、2021年4月より錠剤タイプの栄養機能食品『マルチビタミン&ミネラル』のビタミンD配合量を大幅に増やしてリニューアルいたします。

詳細URL: https://imida.jp/purchase/multi-vitamin.html

「マルチビタミン&ミネラル」商品画像

■日本人の約8割が「ビタミンD」不足

コロナ禍のいま、免疫維持や骨の形成を助ける働きで「ビタミンD」が脚光を浴びています

厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準(2020年版)」で、18歳以上の男女におけるビタミンDの目標摂取量が5.5μg→8.5μgへと大幅に引き上げられました。※1

ビタミンDは日光に当たることにより皮膚で合成される脂溶性ビタミンの一種で、腸管でのカルシウム吸収を促して骨の形成を助けたり、免疫機能を調整したりする働きがあります。

しかしコロナ禍による外出自粛の影響により高齢者や女性を中心に日光浴の機会が大幅に減り、ビタミンD不足に陥っているケースが増えていると指摘されており、いま再び脚光を浴びています。

※1:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08517.html

■「ビタミンD」を5μg→8.5μgに大幅増量!

人体に必要不可欠な成分をバランスよく配合した日本予防医薬『マルチビタミン&ミネラル』

日本予防医薬では、「日本人の食事摂取基準」が改訂されたのに合わせ、3大栄養素(糖質・タンパク質・脂質)の働きを助ける20種類の栄養素に今回新たに、外敵の侵入を防ぐ粘膜の分泌を助けるビタミンAを追加。さらに、コロナ禍で再び注目を集める「ビタミンD」配合量も5μg→8.5μgまで大幅に増量しました。

複数のビタミンやミネラルを配合した健康補助食品は他社からも多く発売されていますが、日本予防医薬の『マルチビタミン&ミネラル』は、人体にとって必要不可欠な成分を他よりも贅沢な量ずつ、バランスよく配合している点が大きな特長です。

■マルチビタミン&ミネラル 製品概要

人体にとって必要不可欠なビタミン、ミネラル計21種類をバランスよく配合した錠剤タイプの栄養機能食品です。

一般的なビタミン剤より贅沢な配合量でありながら、リーズナブルな価格を実現しており、「毎日たった4粒で栄養バランスが整えられる」とお客様から支持をいただいています。

・商品名       :マルチビタミン&ミネラル

・発売年月      :2021年4月

・価格        :120粒入り880円(税込)

            ※送料は個数にかかわらず全国一律480円(税込)

・1日あたり摂取目安量:4粒

(商品に関するお問い合わせ)

注文専用ダイヤル:0120-189-137

         (9:00~18:00 月~土 ※祝日、年末年始を除く)

注文用FAX番号  :0120-189-565

■<参考>コロナ禍を受けて活況を呈する「ビタミンD」サプリメント市場

昨年対比200%を達成した企業も

ビタミンDをめぐっては、他社でも国内売上がこのところ好調に推移しています。

市場調査会社の富士経済が昨年10月に発表した「体調・免疫サポート市場の最新動向調査2020」によると、消費者の体調管理・免疫対策への意識の高まりを背景に、2020年の体調・免疫サポート食品の市場規模は昨年対比5.2%増の8,823億円が見込まれています。※2

なかでもビタミンD訴求食品は昨年比260%と飛躍的な伸びが予想されており、注目市場のひとつとして挙げられています。新聞報道等によれば、ビタミンDサプリメント売上高が昨年対比200%伸長した企業もあるとのことです。※3

日本でもようやくワクチン接種が始まりましたが、アフターコロナの時代を見据え、これからもビタミンD市場の熱はしばらく続くものと見込まれます。

※2:富士経済「体調・免疫サポート市場の最新動向調査2020」

   https://www.fuji-keizai.co.jp/file.html?dir=press&file=20104.pdf&nocache

※3:出典 健康産業流通新聞2021年1月14日付

   http://www.him-news.com/news/view/5007

■日本予防医薬株式会社について

-大阪大学医学部発バイオベンチャーのグループ会社として1996年創業-

1996年創業。疲労大国である日本を「エビデンス(科学的根拠)を重視した確かな商品」で元気にすることを目指しています。

グループ会社では「疲労の定量化(数値化)」や「トクホ・機能性表示食品の臨床試験」など健康に関わる様々な事業を手掛けており、大学発のバイオベンチャーグループとして技術・研究に裏打ちされた活動をしています。

それら研究の成果を元に確かな配合量にこだわった健康食品、サプリメントの他、疲労に関する様々な製品を企画・販売しているのが当社、日本予防医薬株式会社です。

【日本予防医薬 企業概要】

所在地 : 大阪府豊中市新千里東町1-4-2 千里ライフサイエンスセンター14F

代表者 : 代表取締役社長 石神 賢太郎

資本金 : 155百万円

出資会社: 株式会社総医研ホールディングス(100%)

事業内容: 健康補助食品の販売など

URL   : https://japanpm.com