IT・ネットワーク コンピュータ その他ライフスタイル ビューティ ライフスタイル 健康・ヘルスケア

Garmin 健康づくりに役立つコンテンツを発信 「これならできる!頑張りすぎない健康3か条」を紹介

4月7日は「世界保健デー」 健康を応援するビッグキャンペーンもスタート!

アメリカ発GPS機器のパイオニア、ガーミンジャパン株式会社(以下 Garmin)は、Garmin Healthのプロジェクトの一環として、4月7日「世界保健デー(World Health Day)」に合わせ、健康づくりに役立つコンテンツを公式WEBサイトで展開。京都大学大学院医学研究科の主任教授である近藤 尚己先生にお聞きした、「これならできる!頑張りすぎない健康3か条」を紹介しています。

昨今、コロナ禍に伴う在宅ワークやオンライン飲み会など、新しい生活様式が定着してきた中で、これまで以上に自身の身体や健康に関心の高い方が多くなっています。一方で、何から始めていいのか分からない、継続することが難しい、という声も多く聞かれます。本コンテンツでは、誰でも気軽に始められるポイントを3か条で分かりやすく説明しています。

Garminは、日々の健康管理に役立つサービスや情報を展開することで、人々のウェルネスライフの実現をサポートします。

これならできる!頑張りすぎない健康3か条

無理なくできる、生活習慣改善のための3か条。まずは自分自身を「測ってみる」ことが大切です。

1日の歩数、睡眠、ストレス、自分の体重や体位組成など、測ることで自分の生活を“見える化”し、自分自身を客観的にみることができます。

次に、「褒め合える仲間をつくる」ことです。共有でき、フィードバックをもらえる相手がいること、理解者がいることは、自身にとっても大きな力となるほか、継続するモチベーションに繋がります。

そして最後に、「周囲に目標を宣言する」ことです。他人に宣言するということは、自分のなかで責任感が生まれたり、もしやり遂げられなかったら恥ずかしいといった気持ちが芽生え、目標達成を後押しする効果があります。宣言する目標も、ちょっと頑張れば達成できる小さな目標からでいいのです。

身体の状態や行動を測り理解することで、習慣や行動をコントロールできるようになると、自分に対する自信に繋がります。

新コンテンツ、<頑張りすぎない健康3か条>についての詳細は、以下URLよりご確認ください。

https://www.garmin.co.jp/minisite/health/3keypoints/

最新の研究結果をもとに歩数、ストレス、睡眠などのテーマを分かりやすく説明したガーミン ヘルスガイドは、以下URLよりご確認ください。

https://www.garmin.co.jp/minisite/health/guide/

また、新コンテンツ公開を記念し、『「世界保健デー2021」Garminで健康新習慣キャンペーン』を実施します。アンケートに回答していただいた方全員に、ガーミンジャパン公式WEBサイトでのお買い物に利用できる期間限定クーポンをプレゼントします。

【キャンペーン概要】

・名称

「世界保健デー2021」Garminで健康新習慣キャンペーン

・キャンペーン期間

4月1日(木)~27日(火)

・内容

アンケート回答者全員に、ガーミンジャパン公式WEBサイトで利用できるクーポンをプレゼント

・応募方法

本コンテンツをお読みいただいたのち、キャンペーン公式サイトよりアンケートに回答し、必要事項を記入のうえ応募してください。

※ご回答いただいた内容は、個人が特定できないデータで今後当社のマーケティング等に使用する場合がございます。

・クーポン利用可能期間

4月1日(木)~5月5日(水)

・対象商品

MARQシリーズ、fenixシリーズ、Instinctシリーズ、Descentシリーズ、

quatix 6Xシリーズ、VENU/VENU SQシリーズ、vivoactiveシリーズ、

vivofitシリーズ、vivomoveシリーズ、vivosmart 4, vivosport, Legacyシリーズ、

Lilyシリーズ、Swim 2シリーズ、Approachシリーズ、ForeAthleteシリーズ

※在庫に限りがあるものもございますので、お早めにご利用ください。

※クーポンはガーミンジャパン公式WEBサイト( garmin.co.jp )でのみ利用可能です。

※対象製品によって、クーポンの割引率が異なる場合がございます。

※クーポン利用についての注意事項はキャンペーン公式サイトよりご確認ください。

・キャンペーン公式サイトURL

https://www.garmin.co.jp/minisite/health/3keypoints/

・お問合せ窓口

jp_Present@garmin.com

「世界保健デー2021」Garminで健康新習慣キャンペーン担当

【近藤 尚己(こんどう なおき)先生】について

京都大学 大学院医学研究科 社会疫学分野 主任教授

東京大学 未来ビジョン研究センター 特任教授

医師・博士(医学)

専門分野:社会疫学・公衆衛生学

略歴  :

2000年山梨医科大学卒業。卒後医師臨床研修後、山梨大学助教・ハーバード大学フェロー、東京大学准教授などを経て現職。「誰もが自然と健康になれる社会」づくりを目指し、行動科学を応用した健康格差解消の取り組みなどの研究を進めている。一般社団法人日本老年学的評価研究機構理事・公益財団法人医療科学研究所理事・世界保健機関Clinical Consortium on Healthy Ageing専門家メンバー/Global Network on Long-term care コアメンバー。トレイルランや自転車が趣味で、スマートウォッチは24時間装着する。近著「健康格差対策の進め方」(医学書院)など。ウェブサイト「健康なまちづくり研究室」はこちら( http://plaza.umin.ac.jp/~naoki_kondo/ )。

【Garmin Health(ガーミン ヘルス)】について

ヘルスプロモーション、ソリューション事業、研究などをサポートする、Garminのグローバルプロジェクトです。これからの時代に最も必要で重要な要素として「健康管理」に着目。Garminのデバイスを活用することで普段の健康管理をより楽しく、また変化を「見える化」することで、社会全体の健康意識の向上を図るとともに、疾病予防(未病)と健康寿命の貢献にもつなげていきます。

【Garmin】について

Garmin(ガーミン)はアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。ゲイリー・バレル(Gary Burrell)と高民環(Min H. Kao)によって1989年に設立されました。Garminという社名は創業者2人の名前の一部、GaryとMinに由来します。Garminは創業当時から変わらず、ライフスタイルを豊かにするナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としてきました。無線技術をはじめ、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアなど多岐な分野にわたって革新的な製品を展開しており、これまでに数億台のGPS受信機を製造・販売しています。創業以来一貫して黒字経営を行っており、米国株式インデックスS&P500の銘柄にも採用されています。

http://www.garmin.co.jp/

※本リリースに掲載されているブランド名、会社名などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。

※本リリースに掲載されている価格、発売時期、仕様は予告なく変更となる場合がございます。

<本製品に関する読者からのお問い合わせ先>

ガーミンジャパン株式会社 http://www.garmin.co.jp/

〒354-0036 埼玉県富士見市ふじみ野東1-7-6

TEL  : 0570-049530

FAX  : 049-267-9124

E-mail: jp_Info@garmin.com