その他ライフスタイル ライフスタイル

【4年連続】2021年「HDI格付けベンチマーク」問合せ窓口・Webサポートにおいて SBI損保が最高ランクの三つ星を獲得

SBI損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐正明、以下「SBI損保」)は、シンクサービス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役CEO:山下辰巳)が運営するHDI-Japanが発表した2021年公開格付け調査「HDI格付けベンチマーク」において、「問合せ窓口格付け」、「Webサポート格付け」の2部門で最高ランクの『三つ星』を4年連続で獲得しましたのでお知らせいたします。
SBI損保が「HDI格付けベンチマーク」で三つ星を獲得したのは、問合せ窓口部門で5回目、Webサポート部門では9回目となります。
「HDI格付けベンチマーク」とは、世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体「HDI」の日本拠点であるHDI-Japanが主催する格付けです。HDIの国際標準に基づいて設定された評価基準に沿って、HDI-Japanの公募により登録している一般消費者と専門家がお客さまの立場から評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けが行なわれます。
SBI損保は、コーポレートスローガン「プライスリーダーからゲームチェンジャーへ」のもと、TVCMでも『「やすさ」満足度、いちばんへ。』と宣言し、価格だけでなくさまざまな「やすさ」を追求してまいりました。「Webサイトが見やすい」や「困った時に話しやすい」をお客さまに実感いただくため、コールセンター部門やWeb制作部門においても、担当者の教育、業務フローやUIの改善に努めております。今後もお客さまによりご満足いただけるサービスを創造・提供できるよう、従業員一同、全力を挙げてまいります。
三つ星評価に関するコメント(一部抜粋)
<問合せ窓口部門>
・どのチャネルも素早く前向きにサポートし協力的である。質問には即答し簡潔な説明であった。
・顧客が理解しやすい手順やペースを考慮し臨機応変に対応しており、頼りがいのあるプロらしさが垣間見える。
・電話、チャット双方、人間味溢れる温かさを感じるサポートで、誠実な印象で安心感がある。

<Webサポート部門>
・シンプルで知りたい情報をすぐに見つけることができる。補償内容やプランごとの違いなど簡潔でわかりやすい。
・視覚で判断しながら進められ、詳しく知りたいと思ったすぐそばに詳細があるなど、速やかに理解できる。
・Webとセンターとの連携もチャネルを問わず一貫したサポートを提供できている。

【 HDI格付けベンチマーク調査概要 】
調査期間:2021年7月~8月
調査方法:HDI格付け審査員による評価
調査基準:各評価項目ごとに4~1点評価
◎問合せ窓口評価項目
クオリティ:1.サービス体制、2.コミュニケーション、3.対応スキル、4.プロセス/対応処理手順、5.困難な対応
パフォーマンス:1.平均応答速度、2.放棄率、3.対応時間、4.初回コンタクト解決率、5.顧客満足度
◎Webサポート評価項目
1.見つけやすく使いやすい、2.複数のセルフヘルプ選択肢、3.役立度/解決度、4.センターとの連携度、5.安心して利用できる
◆SBI損保について
SBI損保は総合的な保険事業を展開するSBIインシュアランスグループの一員で、「新しい時代に、新しい保険を」という企業理念のもと、最先端の保険商品と最高水準のお客さまサービスを提供してまいります。テクノロジーの力で新たな価値を創造し、SBIグループ各社のシナジーで更なる飛躍に向けチャレンジし続けます。
【 会社概要 】
商号 :SBI損害保険株式会社
所在地:東京都港区六本木1-6-1
設立:2006年6月1日
資本の額:409億円(うち資本金205億円、資本準備金204億円)
事業内容:損害保険業
URL:https://www.sbisonpo.co.jp/
◆SBIインシュアランスグループについて
SBIインシュアランスグループは、日本のインターネット金融のパイオニアであるSBIグループの保険事業を担う企業グループです。保険持株会社であるSBIインシュアランスグループ株式会社のもと、SBI損保を含む事業会社7社が一体となって総合的な保険事業を展開しています。
「顧客中心主義」の徹底という基本方針のもと、保険分野における様々な付加価値を創造し、さらなる顧客基盤の拡大を続けることで企業価値の向上に努めます。