その他ライフスタイル ライフスタイル

全身性強皮症治療市場は、CAGR 4.5%で成長すると予測される

全身性強皮症治療薬の世界市場は、2020年から2025年の予測期間中に4.5%のCAGRで健全な成長を遂げると推定されています。既存の治療法が追加承認されたことや、現在開発中のファーストインクラスの治療法が登場したことが成長の要因です。この変化は、関節リウマチなどの症状に合わせて承認された適応外薬の使用によってさらに引き起こされます。しかし、適応外薬の普及率の高さと治療法の欠如は、希少疾患消費への関心を促す根本的な要因となっています。これらの要因は、今後数年間で、標的となる生物学的製剤と低分子化合物の併用療法の開発を後押しするでしょう。

サンプルレポートの請求はこちら: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC22

研究者や投資家は、急速に開発が進んでいる新規の潜在的候補に注目しています。これらのパイプライン製品は、そのメカニズムや最終用途のタイプによって異なります。例えば、2020年9月、Kadmon Holdings, Inc.は、全身性硬化症の治療を目的とした新規薬剤候補であるベルモスジル(KD025)について、米国FDAから希少疾病用医薬品の指定を受けました。Belumosudil (KD025)は、Rho関連コイルドコイルキナーゼ2で、免疫成分と線維化成分の両方に作用する二重の作用機序を持ち、現在、第2相臨床試験が行われています。

全身性強皮症の治療が拡大している要因としては、症状に応じた適応外薬、急速に変化する全身性強皮症の科学的文献、第一選択薬の革新などが挙げられます。また、ターゲットを絞った生物学的製剤や併用療法の開発も、全身性強皮症治療の需要を高めています。しかし、ユニークな医薬品開発の課題、効率的な結果が得られないこと、最近の臨床試験の失敗が実世界のエビデンスを証明することが、業界の成長を制限すると予想されます。例えば、2020年9月、Corbus Pharmaceuticals社の製品Lenabasumは、有望な第2相試験にもかかわらず、ポジティブな第3相試験を示すことができませんでした。

2019年には、免疫抑制剤セグメントが全身性強皮症治療薬タイプの消費量を牽引しました。また、この疾患に対する根治療法が不足していることを考慮して、対症療法を行うために広範な薬剤クラスが処方されています。その中でも、免疫抑制剤は、ロシュなどの有名企業の生物製剤が含まれており、重要な役割を果たしています。生物学的製剤や低分子の免疫抑制剤は成長している分野であり、全身性強皮症のパイプラインにはこのクラスの薬剤が多く含まれています。

北米が最も高いシェアを占め、次いで欧州、アジア太平洋地域となっています。2020年には、全身性強皮症の治療を行う地域が全体の約40%を占めています。生物学的製剤の高い普及率、免疫抑制剤をベースにした薬剤パイプラインの最近の革新、有利な償還シナリオが、この製品の成長をもたらします。米国自体では、成人100万人あたり年間約20件の疾患が発生しています。また、これらの症状は悪化し、一人当たり約17,365米ドルから18,396米ドルの直接的な経済的コストがかかります。疾患負担の増加に伴うニーズの高まりにより、全身性強皮症治療薬の消費量の増加が期待されています。

Lineage Logistics社、AmerisourceBergen社、DHL社、DB Schenker社、Cardinal Logistics社、McKesson社、Thermo Fischer Scientific社、PANASONIC HEALTHCARE CO., LTD社、American Biotech Supply社、Arctiko A/S社、NIPRO社などが、世界の全身性強皮症治療薬市場の調査研究に含まれる重要なプレーヤーです。市場のプレーヤーは、作用や分子実体が異なる新規の薬剤候補に迅速に焦点を当てています。このようなイノベーションに基づく開発は、業界の成長をリードし、地域の医療機関や政府からの支援を受けて競争力をさらに高めています。

セグメント別に見ると

薬効別(免疫抑制剤、ホスホジエステラーゼ5阻害剤(PHA)、エンドセリン受容体拮抗剤、プロスタサイクリン類似物質、カルシウム拮抗剤、その他

購入に関するお問い合わせ: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC22