その他ライフスタイル ライフスタイル

世界の神経痛治療市場はCAGR 6.2%で成長する見込み

糖尿病患者の増加と高い三叉神経痛罹患率が、神経痛治療の需要拡大の主な原動力となっています。しかし、ポスト神経痛治療市場の連結性は、特許切れや治療効果の低さにより、ビジネスの収益性を高めることができません。これらの有望な開発によって、世界の神経痛治療市場は健全な成長を遂げ、2020年から2025年の予測期間中に~6.2%のCAGRで推移すると推定されます。

サンプルページはこちら @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC3

世界的に有利な機会を生み出している北米

北米は、神経痛治療市場の成長を牽引し、予測期間中に最も速い成長が見込まれています。神経痛に悩む人々の増加、神経痛治療に対する人々の意識の高まり、市場参入者の増加などにより、この地域の市場は大きく成長しています。また、アジア太平洋地域では、インドや中国などの中央アジア諸国での高齢化に伴う神経痛や糖尿病の増加により、大きな成長が見込まれています。

セクターの概要

英国のMultiple Sclerosis Trustのレポート2020によると、世界で約250万人が多発性硬化症を患っているとされています。2018年、イングランド公衆衛生局によると、イングランド、ウェールズ、北アイルランド、スコットランドにおける多発性硬化症の有病率は、人口10万人あたり、それぞれほぼ190人、179人、258人、290人でした。診断基準の改善や神経学的サービスへのアクセスの向上により、多発性硬化症の罹患率も今後数年間で増加すると考えられます。このような多発性硬化症の患者数の増加は、神経痛治療の市場を押し上げると予想されます。

また、糖尿病の増加は、神経痛の罹患率を高める大きな要因の一つであり、市場を牽引しています。米国糖尿病協会によると、2018年には3,420万人の米国人が糖尿病に罹患しており、全人口の10.5%を占めています。また、米国では約160万人がI型糖尿病に罹患しており、そのうち18万7,000人が思春期や小児であると報告されています。糖尿病の有病率は、65歳以上の老年層で最も高くなっています。このような要因が、予測期間中の神経痛治療市場の成長を促進すると期待されています。

世界の神経痛治療市場のセグメント概要

神経痛治療薬市場は、治療法、流通チャネル、最終用途に基づいてセグメント化されています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

治療法別の展望
薬剤ベース(抗けいれん薬、三環系抗うつ薬
外科的治療(高周波温熱療法、定位放射線手術、微小血管減圧術、その他

流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、ドラッグストア、オンライン薬局、その他

エンドユーザー別(病院・診療所、外来手術センター、その他

キープレイヤーの紹介

ファイザー・インク、エンド・ファーマシューティカルズ・インク、マイランN.V.、アコルダ・セラピューティクス、第一三共、パデュー・ファーマL.P.、テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ・リミテッド、テイコク・ファーマUSA・インク、ヤンセン・ファーマシューティカルズ・インクなどが、世界の神経痛治療薬市場の調査研究に含まれる重要なプレイヤーです。例えば、2019年2月、Zydus Cadila社は、神経痛の治療に処方されるCarbamazepineを商業化するためのFDA承認を取得しました。さらに、重要な市場の企業は、製造能力や製品ポートフォリオを強化し、競争上の差別化を図ることを目的として、M&Aやパートナーシップに取り組んでいます。

レポート全文を読む @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC3