その他ライフスタイル ライフスタイル

精子バンク市場は2025年までに58億米ドルに達し、年平均成長率は3.5%になる見込み

世界の精子バンク市場は、2020年から2025年までの予測期間中、年率3.5%の健全な成長が見込まれています。凍結保存技術の革新、認知度の向上、不妊治療ツーリズムの出現、不妊治療へのアクセスの増加などが成長の主な要因です。また、流産のリスクが高まっていることも、需要を押し上げる主な要因の一つです。

無料サンプルレポートにアクセスするにはここをクリック @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=mai129252

世界的な肥満の増加も、市場成長の重要な要因の一つです。肥満は、女性の不妊症や男性の精子数低下のリスク要因として知られており、男性の不妊症が深刻化し、女性は人工授精を選択しています。このように、肥満による不妊症リスクの高まりは、体外受精(IVF)などの不妊治療を後押しし、市場の成長を促進すると予想されます。

また、精子量の異常や不足、射精障害などによる男性不妊症の増加は、精子バンクサービスをさらに促進すると予測されます。米国妊娠学会(APA)によると、男性不妊症は不妊症の30%以上を占め、不妊症全体の約5分の1を占めています。男性不妊の原因は、遺伝的な問題のほかに、違法薬物、有害物質への暴露、頻繁な飲酒、喫煙などが挙げられます。このように、世界的に男女不妊が増加していることから、ドナー授精や体外受精などの不妊治療サービスが推進され、市場の成長を後押ししています。

また、各国の政府による資金援助や支援策の増加は、不妊治療の普及を促進し、精子バンクの需要を喚起すると予想されます。シンガポール政府は、体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)、配偶子顕微授精(GIFT)など、さまざまな生殖補助技術(ART)の施術に対して、約75%の共同出資を行っています。2015年12月、オンタリオ州政府は5,000万米ドルの不妊治療プログラムを宣言し、体外受精1サイクルと無制限の人工授精および子宮内人工授精治療に資金を提供しています。また、英国では、国民健康保険サービス(NHS)が不妊治療に資金を提供しています。

さらに、同性同士の社会や一人親家庭の受け入れが進んでいることから、この市場は大きな成長が期待されています。レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)コミュニティの受け入れが拡大していることが、世界的に精子提供を促進する一因となっています。2018年6月、マルタ大統領のマリー・ルイーズ・コレイロ・プレカ氏が「胚保護(修正)」に署名したことで、マルタではレズビアンカップルや独身女性の体外受精治療が受けられるようになりました。

California Cryobank、Cryos International、Fairfax Cryobank、European Sperm Bank、Androcryos、Xytex Sperm Bank、Fairfax Cryobank, Inc.、Xytex Corporation、Andocryos、Cryo-Save AG、Indian Spermtech、New England Cryogenic Center、Seattle Sperm Bank、London Sperm Bankなどが、世界の精子バンク市場の調査研究に含まれる重要なプレーヤーです。

世界の精子バンク市場のセグメント概要

精子バンク市場は、デバイスタイプ、直径サイズ、素材に基づいてセグメント化されています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

ドナータイプ別の展望(既知のドナー、匿名のドナー

サービスタイプ別(精子保存、精液分析、遺伝相談

エンドユース別(ドナー人工授精、体外受精

購入に関するお問い合わせ @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=mai129252