その他ライフスタイル ライフスタイル

次世代シーケンシング(NGS)市場、年率15%で2027年までに87億米ドルに達する見込み

世界の次世代シーケンシング(NGS)市場は、2020年から2027年の予測期間中にCAGR ~15%の健全な成長が見込まれています。次世代シーケンシング(NGS)診断技術は、ウイルスの遺伝子配列を決定し、科学者がウイルスの変異を理解するのに役立つという利点があります。COVID-19のパンデミックを通して、世界中の政府当局は民間企業と継続的に協力し、NGS技術を市場の潜在的な診断ツールとして提供しています。2020年6月、米国食品医薬品局(US FDA)は、次世代配列技術を活用した初のCOVID-19診断検査について、イルミナ社に緊急使用許可(EUA)を発行しました。FDAは、SARS-CoV-2 RNAの定性検出のためにイルミナCOVIDSeqテストを認可しました。

無料サンプルレポートにアクセスするにはここをクリック @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY30178

NGS技術を活用した研究開発活動の増加、臨床診断におけるNGSアプリケーションの増加、NGS技術を必要とする発見アプリケーションなどの主な要因が、市場全体の成長を促進すると予想されています。

2020年1月、米国では、情報機関の先端研究プロジェクト活動が、ブロード研究所とハーバード大学、DNA Scriptに2,300万米ドルを提供しました。これらの組織は、4年以上前から酵素DNA合成技術とNGSを単一の装置に統合する可能性を探るために協力してきました。このような開発は、NGSをイノベーションの基盤として進行している臨床研究や組織にとって、大きな後押しとなります。

NGSの技術的進歩、NGSアプリケーションの急増、企業間のパートナーシップやコラボレーションの増加は、業界の成長をさらに牽引しています。さらに、ゲノムマッピングプログラムの増加も、世界の次世代シーケンシング(NGS)市場の成長を後押ししています。 しかし、NGSを用いた診断法の標準化への懸念、熟練した専門家の不足、倫理的・法的制限が市場の成長を妨げると予測されています。一方で、新興市場での収益機会や、クラウドコンピューティングによるデータ管理サービスは、市場関係者に収益機会を提供するものと思われます。

キープレイヤーの紹介

アジレント・テクノロジー、ユーロフィンス・サイエンティフィック、ゲノム・ライフサイエンス、ジェンスクリプト、イルミナ、サーモフィッシャーサイエンティフィック、キアゲン、パーキンエルマー、エフ・ホフマン・ラ・ロシュ、パシフィック・バイオサイエンシズ・オブ・カリフォルニア、エクセリス・ジェノミクス、マクロジェン、BGI、チャールズ・リバー、オックスフォード・ナノポア・テクノロジーなどが、次世代シーケンシング(NGS)市場の調査に含まれる重要なプレイヤーとして挙げられます。

世界市場は競争が激しいと予想されます。重要な業界参加者は、他社と提携して、研究や診断の用途で自社のプラットフォームの使用を急増させています。例えば、2021年1月、イルミナは、TruSight Oncology pan-cancer assayの利用率と到達率を高めるために、Kura Oncology、Merck、Myriad Genetics、Bristol Myers Squibbと複数のオンコロジーパートナーシップを結んだことを宣言しました。

次世代シーケンサ(NGS)の世界市場のセグメント概要

次世代シーケンシング(NGS)市場は、シーケンシングタイプ、製品タイプ、エンドユーザー、アプリケーションに基づいてセグメント化されています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

シーケンシングタイプ別の展望(全ゲノムシーケンシング、ターゲットリシーケンシング、全エクソームシーケンシング、RNAシーケンシング、CHIPシーケンシング、De Novoシーケンシング、Methylシーケンシング

製品タイプ別の展望(装置、試薬・消耗品、サービス

エンドユーザー別(病院・医療機関、学術機関、製薬・バイオテクノロジー企業

アプリケーション別(創薬・個別化医療、遺伝子スクリーニング、診断、農業・動物研究、その他

購入に関するお問い合わせ @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY30178